« 【書評】『ウェブニュース一億総バカ時代』(三田ゾーマ・著) | Main | ユニバーサル(アルゼ)で不思議人事 »

2015.06.05

cadot炎上というか、エクスバンスの齋藤耕平さんがhagexさんへ突撃の件

 この手の味わい深い物件は最近枯渇しており、資源を大切にするべき日本のウェブ界隈としては乱獲は厳に慎むべき状態になっているんですけど、hagexさんのところには「網を構えているところへ魚群が来た」類の話になっていて好感が持てます。

「Cadot」運営を自称するエクスバンスの弁護士から「名誉毀損&信用毀損だ」という連絡がきた
http://hagex.hatenadiary.jp/entry/2015/06/04/111442
株式会社エクスバンスのメディア事業部を名乗る怪しいメールが来た
http://hagex.hatenadiary.jp/entry/2015/06/05/102848

 もちろん、これ全体が齋藤耕平さんを陥れる悪質な成り済ましである可能性も否定できませんし、本人なのか、代理人なのかも実は判然としていないのも事実なんですよね。そのあたりは割り引いて考えなければなりません。

 元記事はこちらで、確かに読んでいると一緒に名誉毀損したくなる感じのナイスサイトがcadotだということが良く分かります。そんなブラザーが1,360回ほどFACEBOOK上でシェアしており、馬鹿にされた齋藤耕平さんや会社の人が「Cadotの感動エピソードを読んでると馬鹿になるなんて名誉毀損だし、2ちゃんねるのパクリなんて事実無根だ」と激おこぷんぷん丸(死語)になるのも分からないでもありません。酷いこと書いてますねー、hagexさんは。

Cadotの感動エピソードを読んでいるとバカになりますよ
http://hagex.hatenadiary.jp/entry/2015/02/03/111743

 このような事実も踏まえてcadotの感動エピソードを読んで充分馬鹿になったところで、さっそく運営元のエクスバンスに「すいません、貴社の記事を読んで馬鹿になったんですけど」という連絡を代表電話に入れてみたところ、なぜかファックスが出るんです。代表電話なのにファックスしかできないというのは、ファックス通信の話し手しかエクスバンスには連絡を取ることが許されないということなのでしょうか。

 で、なんか不思議な住所だったり契約ライターが実在するかどうかイマイチ不明だったり、立派なサイトの割にやってることが雑で気になってしょうがないんですが、アメーバブログで齋藤耕平さんがご建立遊ばされた公式ブログを拝見するに、とっても素敵な読者の方が鈴なりになっておいでです。

 そっち方面なのかなあという感じもしないでもありません。どういうことなのでしょう。興味津々です。cadotを見ても大して儲かっているように見えず、hagexにいじられたぐらいで弁護士担ぎ出して騒ぐほどのビジネスでもなさそうなんですが、何か齋藤耕平さんの気に障ったんでしょうか。

 いずれにせよ、匿名弁護士とかgmailからのクレームメールといった新たな境地を開いているようにも見えますので、続報は注視して待ちたいと思います。頑張れ、齋藤耕平さん。





【好評配信中!】ご購読はこちら→やまもといちろうメールマガジン『人間迷路』
【月1で豪華ゲストが登場!】山本一郎主宰の経営情報グループ「漆黒と灯火」詳細はこちら!

« 【書評】『ウェブニュース一億総バカ時代』(三田ゾーマ・著) | Main | ユニバーサル(アルゼ)で不思議人事 »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ