« 安倍さん「ガースー留任」 | Main | 田舎から若い人がいなくなるのは「経済問題」だけでなく「人間関係の閉塞感」だそうで »

2014.08.11

孫正義さんが喰らう三段論法

 ソフトバンクが米Tモバイル買収断念のニュースが伝わってきておりましたが、競争状態を維持するためには四社体制が維持されているべきであるという当局の考え方も同時に伝わってきて、むべなるかなの印象です。

T-Mobile US買収を中断したソフトバンク、Sprint売却もあるか?
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/278383/080700004/

 そんな逆風で頭髪が乱れまくっている孫正義さんですが、次のような与太記事も誘爆しており興味津々です。

「まがいもの」は「龍馬率」で見分けろ〜政界編
http://blogos.com/article/92134/

 執筆者は民主党から出てた前衆議院議員の井戸まさえ女史で、まがいもの以前にお前が落選してんじゃねーか感でいっぱいなのですが、それでも実例多数の緻密な論述に感動を禁じ得ません。日本のためにも落選して本当によかったなと思う次第です。

 しかし、これは孫正義さんの坂本龍馬好きを暗に揶揄しているのではないかとも思うわけです。

孫正義社長ツイッターでブチギレ 龍馬解釈巡って「爆発するぞ!!」
http://www.j-cast.com/2010/11/22081518.html?p=all
龍馬に学ぶ「大勝負人生」の流儀 -孫 正義
http://president.jp/articles/-/7785

 いうまでもなく、坂本龍馬のこんにちの「革命家」としての名声は後から築かれたものであり、もっぱら司馬遼太郎の小説に拠る「司馬史観」に影響されたところが大なのであって、普通の歴史家で真正面から坂本龍馬の功績を云々というのはあまり耳にしません。ある意味で、戦後日本が閉塞していく中で、大衆娯楽としての歴史小説で架空の坂本龍馬を司馬遼太郎が作り出し、それが日本人の心情にとてもヒットして凄く流行したのは間違いないんでしょうけれども、ある意味で三国志で武将だった関羽がなぜか商売人に信仰されてたりというのと似た状態ではないかと。

 それを井戸まさえ女史が馬鹿にしたということは、孫正義さんも同時に馬鹿にされていることになるわけで、ここは正面対決を期待したいところであります。いつまでも殴り合っていて戴きたい。そのように思う次第です。

 井戸まさえ女史の健筆を祈念いたします。


« 安倍さん「ガースー留任」 | Main | 田舎から若い人がいなくなるのは「経済問題」だけでなく「人間関係の閉塞感」だそうで »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ