« AKBの刃傷騒ぎが拡大したのでさすがに書いてみる | Main | ジョージア野球がスワローズを完全無視&週刊プレイボーイに寄稿 »

2014.05.28

旧インデックスの落合正美会長、小川善美社長が逮捕

 循環取引を主導したかどで、身柄を持っていかれてしまいました。

インデックス会長らを逮捕 有価証券報告書の虚偽記載容疑
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG28016_Y4A520C1CC0000/

 一種のもののあはれという気もしますが、メルマガでもブログでも指摘してきました内容も一応踏襲してみたいと思っております。

インデックスに強制捜査
http://kirik.tea-nifty.com/diary/2013/06/post-63e2.html
例のGloops梶原吉広さんが山本梓さんとご結婚されていたそうで
http://kirik.tea-nifty.com/diary/2014/02/gloops-efab.html

 一時期は、個人資産4,000億円近い状態からの墜落で、最終的には… と思うとこの界隈の侘び寂びを感じずにはいられないところです。

 個人的には、我らが木村剛せんせの日本振興銀行グループ入りした前後から加速度的に訳の分からない取引が急拡大し、企画部門が数値目標を立ててせっせと架空取引で売り上げを水増しし実質債務超過のインデックスの上場維持を目的とした作戦を敢行していたわけですから、落合会長がどこまで実態をご存知であったかはともかく、何らかの形で責任を取らなければならないのは仕方がないことだろうと思います。

 問題は、かねてから指摘しているとおりそういう訳の分からない取引の成れの果てに少なくない金額が闇に流れたことであって、今後は落合家の資産管理会社であった落合アソシエイツや、そこでの金銭貸借関係にあった複数の金融事業者についても事情が明らかになっていくものと思われます。落合夫妻の脇が甘かったとはいえ、そこで甘い汁を吸っていたのは別の面々であったことは指摘されて然るべきですしね。

 また、教訓としてはやはり「うまいことやって利益を出していた会社が、利益が出ているうちに無謀な投資を続け、本業が傾き始めたときにブレーキをかけられなかったらどうなるか」という話であって、それはもう粉飾一直線に陥ることもあるだろうという話で。経営者としての性というか、焦りのようなものが不正な取引の誘惑に負けて… という以前に、好調なときからいろいろと話が聞こえてきていたというのは業界に携わるものとして良く知っておくべき事例だと言えましょう。

 さて、一連のインデックスでは日本振興銀行のぐるぐるに巻き込まれた部分はあるわけですが、同じような構造を持っている会社はソーシャルゲーム業界にも幾つか見られます。これを機に、いろいろ暴露される前に襟を正しておくというのが良いのではないかと思います。


« AKBの刃傷騒ぎが拡大したのでさすがに書いてみる | Main | ジョージア野球がスワローズを完全無視&週刊プレイボーイに寄稿 »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ