« 【告知】イケダハヤト師と納得いくまで話し合うイベントが実現 | Main | 一部ブロガー、広告記述内容に対する説明を代理人に対して求めるメールを送達 »

2013.03.02

【号外】「一票の格差」司法クーデターで高裁選挙無効判決→強制衆院選か(追記あり)

(追記 22:30)
 現状では、違憲かどうかは問題ではなく、違憲は前提で、衆院選の選挙結果が無効となるかどうかが問題になっています。その前提で、本文をお読みください。

(以下本文)

 現在議員会館の一角で盛大に盛り上がっております一票の格差問題ですが、来月次々と判決が出る高裁判決にて違憲判断&選挙無効という踏み込んだ判決が出る可能性が指摘され、文字通り官邸筋からは「打つ手なし」の白旗が揚がりかねない情勢となっております。14箇所で出る高裁のうち1箇所でも違憲判決が出ると最高裁へ上告となりますし、結構ソソる展開になっているんですけれども、肝心のバッジがついている皆さんが涼しい顔をしているのがびっくりです。

 細やかなところはメルマガで号外を出しておきました。

やまもといちろう 人間迷路
http://yakan-hiko.com/kirik.html
やまもといちろうメルマガ「人間迷路」
http://magazine.livedoor.com/magazine/50

 巷では司法クーデターだの司法テロだの言われておりますが、いままで司法が比較的このあたりに消極姿勢を取り続け、違憲状態と言いながらも事情判決つきで現実的な対応をし続けてきたことに甘えてきたのは立法府であり、国会議員の怠慢は度し難いと元最高裁判事を含めた司法関係者が口を揃える現状があります。

1票の格差:衆院選訴訟 全国16件、厳しい判断も 高裁判決6日皮切り
http://senkyo.mainichi.jp/news/20130226ddp041010025000c.html
首相官邸「聞いてなかったことにしよう」ホラー
http://facta.co.jp/blog/archives/20130302001177.html

 もちろん、江川紹子女史が100日ルールを知らないまま不思議な記事を書いていたり、某大物代議士が「違憲判決が出て選挙取り消しになっても最高裁判事を裁判官弾劾すればよい」とか言い放ったり、もう少し調べてから言えよと言いたくなる事例も多々あるわけであります。ただ、洒落にならないのは2009年の衆院選に対して2011年3月23日の判決で「違憲状態」ながら事情判決がついていた区割りであったにもかかわらず、前回2012年12月の衆院選はこの定数を是正することのないまま野田前首相が解散総選挙を打ってしまったという、ごっつい置き土産というか、超巨大ブービートラップを仕掛けていきやがったんですよね。

 場合によっては、5月に全国一区で全衆院議員を選出する超巨大比例選挙を時限立法で立ち上げる話になります。まさかの司法の逆襲ってことですかね。


« 【告知】イケダハヤト師と納得いくまで話し合うイベントが実現 | Main | 一部ブロガー、広告記述内容に対する説明を代理人に対して求めるメールを送達 »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ