« 昔から、音楽はコミュニケーションで消費されるサービスだったような | Main | 【告知】また電子書籍が出たんだが »

2013.03.27

IIJ、日刊ゲンダイの天下り報道にマジ切れ

 たぶん、日刊ゲンダイはIIJがどういう会社なのか分からずにコタツ記事でも書いたんじゃないかと思うわけですが、案の定IIJがキレて大変なことになりそうです。

これは形を変えた贈収賄との声
http://news.livedoor.com/article/detail/7486320/
株式会社日刊現代への警告書発送について
http://www.iij.ad.jp/news/pressrelease/2013/pdf/gendai.pdf

 もちろん、IIJの株価が上昇したのはそもそもの地合いの良化と赤字だった事業の黒字化にネット選挙解禁などの銘柄が軒並み上がっている状態だったからなんですけれども、日刊ゲンダイの記事ではどういう理由か前財務次官勝栄二郎氏がIIJの社長に就任するからだという風になっております。

 しかも、勝予算ってなんですかね… たぶん、どういう経緯で情通機構に予算が積み増されたのかの取材さえしていないんじゃないかと思うのです。まあ、そう疑いたくなる気持ちは分かりますが、かの予算が成立したのは民主党政権時代の話ですよ?

 IIJも冗談が通じない系の上場企業なので、最後まで戦い抜いて欲しいと思うところです。


« 昔から、音楽はコミュニケーションで消費されるサービスだったような | Main | 【告知】また電子書籍が出たんだが »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ