« 「FC2」が無料の公衆無線LAN参入とか、「ヤマダ電機」がソーシャルゲーム参入とか | Main | 丹羽宇一郎在中国日本大使を鈴木馨祐氏が尖閣の件で「中国のスパイ」と中傷した件で »

2012.06.08

【告知】月刊『VOICE』7月号にソーシャルゲーム業界の話を寄稿しました

 執筆依頼を一番早く頂戴した月刊誌に… と思ったら、VOICEさんでした。
 どうせ書くことは一緒ですし、複数寄せてもしょうがないということで、それ以降の寄稿依頼はもう少し事案が動いたり、どこぞ摘発でもされたタイミングで発表できればなあと思うところであります。

VOICE 2012年7月号

 執筆から掲載までが比較的早かったということと、5月は様子見という期間がうまくマッチしたこともあり、消費者庁のコンプガチャ違法発表前後のお話がメインとなっております。また、ウェブにもどこぞ掲載されるそうなので、良く分かりませんが見かけたら「いいね!」でも何でもしていただければと存じます。

 なお、この数週間はソーシャルゲームに加えて、俄然通話アプリの面白話が注目され始めておりまして、リングサイドの最前列に陣取って観戦するべく席の確保に余念のないところではありますが、また今度海外出張なんですよね…。

 また、最近ではようやく問題に気づき始めたり、お金の匂いを嗅ぎ取ったりした議員さんがそぞろ動き始めておられるようで、法務省などに法解釈の確認を行う連絡がぱらぱらあるという状況でありまして、いろんな勢力の出方が気になるところでございます。

 よろしくお願い申し上げます。


« 「FC2」が無料の公衆無線LAN参入とか、「ヤマダ電機」がソーシャルゲーム参入とか | Main | 丹羽宇一郎在中国日本大使を鈴木馨祐氏が尖閣の件で「中国のスパイ」と中傷した件で »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ