« Studygiftの件はいったん終わり | Main | 片山さつき女史は如何したものか »

2012.06.07

SCEの技術がサムソンに流出の可能性

 裏づけ資料つきでメルマガネタか、と思ったんですが、ちょっとE3対策と通風でへろへろになっていますので、ヘッドライン的なところだけブログに書いてしまいます。

Samsung enters gaming space backed by Gaikai
http://www.gamesindustry.biz/articles/2012-06-05-samsung-enters-gaming-space-backed-by-gaikai

 記事の裏も取れまして、まあやるのは事実なんでしょうが、

・ やればできた。一年前倒しにする。
・ クラウドゲーミングの技術はGaikaiが提供。

とかあるわけで、現存する技術でGaikaiのアレをクラウドゲーミングのサービスレベルにまでマッシュアップできる技術はSCEしか持っておらず、さらに2月の時点でサムソンはクラウドゲーミングの投入時期については技術的な観点でハードルが高いため2014年年末商戦に投入できるかどうかで鬩ぎ合いをしていたことを考えると、比較的近い時期にSCEの人員が移籍して関連モジュールやソフトウェアを持ち込んだか、あるいは別の手段でサムソン側に技術が流出した可能性が高いと言えます。開発ペース的にちょっと考えられないんですよね。

 SCEはどこまでそれを把握しているの、ということで、某ジャーナリストの方にお話を聞いてもらっている最中なんですが、まあ一大イベントの最中ですし、あまりきちんとしたお話は聞けていないようです。

 技術的に先行していたはずのOnliveがLGと結んで、いまなおサービスインの予定が立たないことを考えると、従前の投資金額や開発内容も含めてサムソンは相当技術獲得に動いた(独自開発も頑張ってはいるだろうけど)んでしょうね。

 そうなると、周回遅れ気味のハードウェア戦略を発表した某社などは一気に苦しくなるなあとぼんやり思ったりもしましたが、これは国の知財戦略として相応の対策を立ててエンバーゴーでも何でもしないと敵塩どころの騒ぎじゃないと思いますよ。クールジャパンとか言ってる場合じゃ本当にないんですよね、これ。


« Studygiftの件はいったん終わり | Main | 片山さつき女史は如何したものか »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ