« 片山さつき女史は如何したものか | Main | 「FC2」が無料の公衆無線LAN参入とか、「ヤマダ電機」がソーシャルゲーム参入とか »

2012.06.07

可視化されたユーザーデータの集積の分析を「ビッグデータ」と安易に言う風潮

 これは単なるマーケットリサーチではないかと思うのです。

ビッグデータ予測が16人中15人的中――AKB48選抜総選挙
http://business.nikkeibp.co.jp/article/nmgp/20120607/233038/?P=1

 もちろん、的中率が高いのは素晴らしいことですね。

 誤解があるとあれなんですが、youtube再生回数など目に見える数字をベースに解析をかけて結果を予測するのは選挙の出口調査に近いリサーチに過ぎないのであって、ビッグデータとは言わないと思います。ユーザーの行動分析の元となるデータを中途のマイルストーンで集積できる仕組みがあって初めてビッグデータであり、レコメンド・エンジンのような嗜好予測の胃袋に投げ込む餌にするわけですから。

 兵站ヲタである私どもからしますと、需要予測におけるビッグデータは進歩し続けており、現在ではデータセットさえきちんと揃えられればちょっとしたデータからでもそこそこの情報を引き出せるアプローチが出てきて、物凄く日々が楽しいわけでありますが… ただ覆面されたデータから読み取れる事象は数多くあり、むしろそこから創意工夫の余地が大量に生まれ、ひょっとするとビッグデータマイスターとかビッグデータクリエイターみたいな肩書きの人が出てくることすら期待されてしまいます。

 今回のようにイベントドリブンのものを精度高く予測するにあたり、むしろ外部から観測できる閲覧数や応援コメント数などといったデータと、それを含むメタデータだけで仕上げたという点をピックアップしないといけないんじゃないの? と思うわけであります。

 なので、「デジタルマーケティングコンサルティング会社のルグラン」以外がどこか予測をかけたのかどうかが分からないですし、私もAKBには小指の先ほどの興味もないのでどのくらいの難易度のものなのか理解できないわけですけれども、少なくとも絶対評価としては「凄いな。良くそこまでパラメータがセットできたな」という感じです。

 その技術を使って、miiixiiiのXデーとか予測して欲しいですね。


« 片山さつき女史は如何したものか | Main | 「FC2」が無料の公衆無線LAN参入とか、「ヤマダ電機」がソーシャルゲーム参入とか »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ