« 家入一真さんの例の件で願うことなど | Main | しばらくぶりに東京に帰ってきてみたら、補佐が着任していた »

2012.05.22

あまりにも私のメルマガの女性読者が少なすぎて悲惨なので

 もうね、凄い勢いで男まみれなのでありますよ…。男、男、男。女性比率、5%。何というか95%が男です。男祭りのようなメルマガ。これは夜間飛行のデータなのでありますが、BLOGOSも500名ちょいの有料読者の方がいらっしゃいますので、都合千四百人以上の男が読んでいる、男のための有料メルマガになっております。

Merumaga_hisan_120521

 いま、第七号の原稿を発射して、配信される時をいまかいまかと待っているところでありますが、恐らく今週も一個号外を出すことになるでしょう。思った以上にネタが尽きない、というかメルマガを出すたびに語るべきことが増えていくのが不思議な状態であります。

 今回のメルマガでは、太陽光バブルといいますか、買い取り価格がおかしい件と、児童養護施設周りのお話を語っておりますけれども、本来は別のことを語ろうと思ってたんですよね。あれやこれや。ブログとの住み分けとかまったくと言っていいほど考えていません。当初は、無料のブログと有料のメルマガのネタが被ったらどうするんや、と悩んだものですが、もう全然関係なく書き綴っております、はい。

 まあ、あんまり有料購読者が何人かとか気にせず書き散らかしていたこともあり、いまさっきあまりの女砂漠といいますか女日照りといいますか女性人気のさっぱりした無さに驚愕いたしましたのでご報告も兼ねまして挨拶とさせていただきます。

 引き続きよろしくお願い申し上げます。


« 家入一真さんの例の件で願うことなど | Main | しばらくぶりに東京に帰ってきてみたら、補佐が着任していた »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ