« イケダハヤト的なるもの | Main | 杏野はるなが「CEROは天下り団体」などとガセネタ掲載で関係者含み笑い »

2012.05.15

mixiの身売り騒動で面白おかしいやらかしが発覚

 いやー、馬鹿って本当に素晴らしいものですね。

Mixi_aho_120515_2

 FACEBOOK某所で、mixi身売り報道を流した側と否定した側がキャッキャウフフしている現場が押さえられ、いち株主としましては「真面目にやれ」としか感じないわけですけれども、どうしてこうイット業界界隈というのは緊張感のない雰囲気が充満しているのでありましょう。お互い裁判で刺しあってるのに規制が目前に迫ると見事な呉越同舟を見せるdeNAとGREEを見習っていただきたいと思います。

 で、前回のエントリーの続きですけれども、話ではほうぼうmixiの引き取り先の相談をしていたそうでありまして、DMM.com以外ならどこでも、みたいな話だったんじゃないかという憶測まで飛び出し、DMM可哀想やろと思いました。ただ、私がいま東京にいないので詳しい話が聴けなくてアレなんですよねえ。

 細やかな話はメルマガにでも、と思いますが、求愛先であったDeNAに蹴られた後は、やはり在野の勇士との合流を図って再浮上を狙っていくのがいいと考えるんです。なんか枢軸の影響力に抗い切れず戦争することなく合邦に応じざるを得なくなったオーストリア的な展開というか、そういう感じですね。

 どうせなら、ブシロードとかDMM.comとかプラットフォーム事業に打って出たい先や、テレビ地上波が埋没して将来収益の見込みを引きなおさなければならないテレビ局とか、その辺と一緒にやれば良かったのに、なぜライバルのPF事業者に打診したり、ブランドがすべて楽天シリーズになって社内公用語が英語になってしまう楽天方面に足が向いたのか、正直理解しかねるところであります。

 まあ、なんつーか、いいからはてなと一緒になっとけと思う気持ちでいっぱいですね。ついでにドリコムやインデックスあたりも合流して、凄い勢いでスマホシフトでも頑張っていけばいいと思います。さらにはサイバードやIMJやザッパラスやガイアックスあたりも巻き込んで、最強に強まったところに勝間和代女史がやってきてウィンウィンとか言い出して笠原さんが「だめだこりゃ」といってみんなずっこける的な展開を希望してやみません。

 どっか変なファンドが買うとかではなければいいなと思っておりますので、よろしくお願い申し上げます。


« イケダハヤト的なるもの | Main | 杏野はるなが「CEROは天下り団体」などとガセネタ掲載で関係者含み笑い »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ