« GREEが何か言っています | Main | 菅直人前首相、福島第一原発事故介入で駄目宰相として世界史に名が残る可能性 »

2012.03.20

孫正義さんが再生エネルギー買取で年間4兆円欲しいと言ってます

 画餅で風呂敷を広げるのは構わないんですが、途中まで勝手に進めた太陽光発電のプロジェクトを人質に予算を取ろうと頑張っておられます。まあ、脱原発を志向すること自体は問題ないのですが、20年間コストダウンさせるつもりのない計画というのはソビエト時代の貿易大綱みたいで面白いですね。

1キロワット時40円、期間20年間 太陽光買い取りで事業者要望
http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/120319/cpd1203192049005-n1.htm

 総電力の15%を賄うと5兆円強、別に自治体が要望した先すべてで対応して国が助成を出す必要は毛頭ないので、このあたりの取り組みをやるにあたって幾ら政治主導でも返り血は浴びる前提での「吹っかけ」なのでありましょう。

 とはいえ、自然エネルギー普及のための突破口はどうしても必要であり、原子力発電への依存を減らすという意味でも何らか手を打たないといけないわけですが、一方で太陽光発電の大規模プランテーションの技術は多国籍のため次々と新しいアプローチが出てきてキャッチアップがそれなりに大変のようで。

 それもあって、経産省が幾ら頑張って旗を振っても、業者の間の見解などまとまるわけがないのだから、基本方針の策定から合理的な政策への落とし込みができれば良しとする格好まで戻らざるをえないのかなあとも思います。

 で、孫正義さんの言う「40円を下回った場合、自治体が要望した二百数十カ所のほとんどで事業を断念せざるをえない」というのは、現段階で誰も裏を取っていないので、その発言が真正なものであるのかどうか、きちんと調査する必要がありましょう。ものの一週間で確認とれるかとは思いますけれども。

 現実的には3年ごとの金額見直しを前提として初年度キロワットあたり37円とかの水準で産業育成も兼ねて様子を見るという結論に落ち着きそう。シンクタンクによっては、量産効果および技術革新で25円レベルまで落とせるのではないかという見通しも出しておられるようですしね。


« GREEが何か言っています | Main | 菅直人前首相、福島第一原発事故介入で駄目宰相として世界史に名が残る可能性 »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ