« もうさ、アプリやってる時間をサイトパワー分析に混ぜるのやめようぜ | Main | ヲチ界のニュースター・上田修子女史が周囲を巻き込んで勢力を拡大しながら北上中 »

2011.12.25

副島隆彦が「おそらく野村證券すぐにもつぶれる」と断言して訴えられそうになるの巻(訂正あり)

 何をしているんだかという話でありますが、もちろん野村證券が明日にもどうのこうのという状態ではありませんので、とっても風流なところではあります。しかも、マズいと思ったのか、副島隆彦が問題の発言を削除、遁走するという騒ぎになっております。削除すらしていませんでした。

 しかし、激しく引用され保存されていたという始末。如何したものか、これは。アウトじゃないですか。

http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/641.html
[引用]投稿者:副島隆彦 投稿日:2011-12-23 10:21:30
副島隆彦です。数日前から、日本最大の証券会社である野村証券が、破綻しそうだ、という噂(うわさ)が
金融業界で飛び回って~おそらく野村証券は、すぐにも つぶれるでしょう。

 元ネタはこの辺ではありますが。

野村救済に「資本注入」計画
http://facta.co.jp/article/201201020.html
野村、野村不動産や野村総合研究所の売却を検討=FT紙| Reuters
http://sp.reuters.co.jp/article/topNews/idJPJAPAN-24306720111123

 個人的には、G―SIFIs"Global Systemically Important Financial Institutions"に認定されていない野村證券に対して、そもそも何で金融庁がRRPsの提出を求めたのか、というところが謎なんですが。そんな報道をされたら、もし私がコンプラ担当や調達担当なら激しく金融庁に抗議すると思いますけどね。

金融庁が事前の再建・処理計画を求める方向
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/enterprises/manda/20111222-OYT8T00449.htm

 しかし、野村のツイッターアカウントでは、明後日の方向へ砲撃が。

https://twitter.com/#!/nomura_jp/status/150757911012966400
[引用]グループ広報部長の池田です。評論家と名乗る人物が、ネット上にて断定的に当社の破綻について語っているようですが、根拠のない憶測であり、現在、法的な対応を検討しております。お騒がせいたしました。

 まあ、こんなデリケートなネタを断定しちゃいかんってこったな。おまわりさん、あの人です状態であります。

(訂正 15:11)

 ご指摘がありまして、どうも大元の掲示板のほうはコメントは削除されず残っているようです。訂正いたします。消してないということは、訴訟上等という意味でもあるのかと思いますが、氏の健闘を祈念するところであります。

http://www.snsi.jp/bbs/page/1/

 有料媒体であるFACTAの記事が丸ごと引用されているあたりが好感持てますね。
 タイトルを「副島隆彦が「おそらく野村證券すぐにもつぶれる」と断言して、慌てて削除するも訴えられそうになるの巻(訂正あり)」から変更しました。


« もうさ、アプリやってる時間をサイトパワー分析に混ぜるのやめようぜ | Main | ヲチ界のニュースター・上田修子女史が周囲を巻き込んで勢力を拡大しながら北上中 »

Comments

削除・・・・されてないですね
http://www.snsi.jp/bbs/page/1/

削除されてないのか。副島にとってはそっちの方がよっぽど問題だと思うがw

デマ以外の何者でもないだろ。

日本の誇る陰謀論メーカーの一人ですからね。

まあ、野村がやばい雰囲気出してるのは周知の事実

でしょうが、いますぐにどうこうという話では

ないでしょうね。

経営陣に若いのを入れた方がいいと思うけどなぁ。どこの企業も、真剣に、実力のある女と、頭が非常にいい若い男を経営にいれていかないと、どこもダメでしょ。とくに、電力会社は、さっさとそうしてほしい。人材はいるはずなのに、活用してくれよ。

ま、それより、子供たちの主食、脂質不足なんじゃねーかな。ちゃんと脂質をとっていたら、お菓子とかいらねーし。いちろうも、脂質を計算した方がいいぞ。一応、全部のカロリーの25~20%なんだよ。脂質不足が原因で、中性脂肪を溜め込んでいるんだと思うな。なぜ、減るかというと、かぁーちゃんの料理がうまいと減るんだよ。女は、意識無意識で間違ったダイエット恐怖症というのかな、脂質を減らすんだよ。だから、子供は、もろに影響を受けてしまってると思う。子供は、30~25%となんだな。で、あと、子供が脂質不足になるとどうなるかというと、考えなくなる。考えるには脂質が必要なんだよ。欧米のエリートの頭の良さがストレートで早いのは、脂質が多いんだよ。アインシュタインは、解剖所見では、相当を脂質をとっていたんじゃないかというのがあってさ。とにかく、いちろうは、結婚前は、なんか偏食していたわりには、スマートだったしな。インテルの健康研究分野の人にも教えてあげたいくらいだ。

副島さんってなんか神経梅毒の患者さんみたいな文章を書くんですね。

自分はソース元も確認せずに、よく他人を非難できますね。「削除すら」ってあなたが勝手に勘違いしたんでしょ。恥ずかしいね。

削除すらwwww
恥ずかしいのぅ
恥ずかしいのぅ

副島というのは、
福島第一の玄関まで行って、一切何も装備せずにガイガーカウンター振り切れさせて、
放射能全然何ともないからみんな戻ってこいとか言ってた
へんなおっさんです。

yamada乙

引用も著作権AND風説の流布でアウトだということも知らない人がいるんだな。

野村證券、ネットの「危機説」に反論 「根拠のない憶測、法的対応を検討」J-CASTニュース 12月25日(日)16時52分配信
> 経済評論家の池田信夫氏は副島氏のものと見られる書き込みについてツイッターで「真に受ける人がいると困るが、これはデマですよ」とコメントしている。

さすが我らが池田信夫先生、しっかり火事場に現われ薪を放り込んでおられますね。

2012年を迎え、野村、副島両者土俵中央でにらみ合って動きません。満員の国技館、かたずをのんで見守る中、場外では社長以下、上は億から下は数百万まで自己資金を用意して,事の成り行きを見守っています。負ければあの世まで借金を背負って行く覚悟らしい。
そして、顧客にも、国にも迷惑がかかることの無い様頑張ってくれるらしい。そこまで観念観念できるのなら日頃から適合性の原則やらというザル法を守って顧客の資産にも、配慮した商いが出来なかったのかと思ってしまうが如何でしょう大澤義博課長様。

ご両者、その後お静かなことで。もうお屠蘇気分も抜けて、いざここ一番と思いきや振り上げた拳のやり場にお困りですか。
互いに脛に瑕持つご両者、あまり大きな口も叩けないでしょう。もう一度、自己反省から始めたらどうでしょう。会社を代表して法的手段の広報部長さん、津支店でお世話になった天下のペテン師大澤義博課長様、なんだか怪しい副島様。

野村なんかに、人を法的に処理する資格があるのか。客を騙して国債から危険な投資信託に適合性原則も無視して乗り変えさせて大損させ、訴訟されるとカタログ、目論見書を3日前に担当者に送らせたと法廷で嘘をつき、自分一人で、利点だけ読み上げ「一言一句読み合わせ」目論見書を対抗要件だと認めたと嘘をつき、ぼんやり裁判官を丸めこみ、却下に持ち込んだ大嘘つきの大沢義博のペテン野郎、三重県内で数十人に大損させ、大阪支店課長に栄転、金融の知識もないのに弁護費を取りやがった浅井岩根、聞けば交通事故がご専門だそうで麻雀賭け事大好き弁護士さん。世の中不信だらけ。何時から日本はこんなだらしない国家に成り下がったのか。情けないやら悲しいやら。世も末か。

復興国債は野村で買うのは止めましょう。
理由は、満期前に他の自社が儲かる商品との買い替えを勧めお客に大損させて、自社は手数料稼ぎの阿漕な手を打つからです。野村は皆さんが考えているような立派な会社でなく、悪知恵のグループです。復興ではありませんが長期国債でひどい目にあった体験者の告白ですから間違いありません。

野村で復興国債を買うのは止めましょう。
暫くすると、手数料稼ぎに、他の商品に乗り換えを勧められ、結果は、大損です。儲かるのは株屋だけ、いつも泣くのはお客様。国民の善意を踏みにじる悪徳業者です。ご注意を。

まだまだ野村の悪行は続くでしょうが、最近金融大臣の「大臣目安箱」を見つけました、予約時間に携帯に電話をしてくれて
野村のペテン野郎、昭和51年卒の大沢義博のインチキ行為を充分説明し聞いてくれました。検討後民意を野村にも伝えてくれそうです。納得のいかない方は是非「目安箱」を検索して野村を叩こうではありませんか。一人でも多くの方の参加が行政を動かすかもしれません。

またまた野村のインサイダー発生。「懲りない面々」とお仲間「監視委員会」のお遊びが始まりました。なぜ、多発するのか。罰則が緩いからに決まっている。子供の小遣い程度の懲戒金と野村へは、担当社員の業務の一環としか見ずに、勧告のみ、馬鹿にするのもいい加減にして、法改正で国民を守れ。党利党略に明け暮れる政治屋野棒読み質問、棒読み答弁には飽き飽きした。たまには、国民のための議論でもしてみなさい。

副島さんと野村広報さんは、手打ち式でもしましたか。成り行きに期待したネット愛読者には一寸失礼じゃないですか。今のところ、勝負は、7対3くらいで副島さんの勝利の様な気がするが、相撲に勝って勝負に負ける、いや野村相手には正しいものが、勝利を掴めない事が多いですね、谷口豊様。いづれにしても、金融庁様が証券等監視委員会という長い名前の委員会の処分勧告をどこまで本腰入れるかですよ。期待していますよ、長い名前の委員会様。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« もうさ、アプリやってる時間をサイトパワー分析に混ぜるのやめようぜ | Main | ヲチ界のニュースター・上田修子女史が周囲を巻き込んで勢力を拡大しながら北上中 »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ