« ネットレイティングス「やっぱりmixiの訪問者数、ゲタ履かせてたわ。下駄脱がせたからよろしくな」 | Main | はちま寄稿がアニメ事業の売上で誤報を拡散 »

2011.11.29

倍プッシュの博打打ちは、いつか破綻する

 義理で某コンテンツのお通夜に参席し、単に葬送を見送るだけかと思いきや、まったく関係のない方面から「クソ野郎」呼ばわりされたようなので、分かる人だけ分かってね的な一般論を書きます。事情を知らない人にはちんぷんかんぷんかもしれませんが、戦訓として成り立つように極力一般化して書きますのでご容赦を。

■発注側の問題

 究極には、自分の権限や立場を守るために、さまざまな正当化を図って「社運を賭ける」動きを取るわけです。

 「失敗したら、責任を取る」とは言うんですけど、前の失敗のときも別に責任取らずにリストラだけ進めて部下切って黒字化したわけで、その経緯を考えれば関が原前夜の空手形書簡のようなものだと思うんですよね。

 それを聴いて、真に受ける社内も問題ですが、前々回も前回も同じような失敗をして、責任を取らずにポジションに居続ける大御所を斬らない他の経営陣が罪深いと思ってます。せめて株主のためにも解任動議ぐらいは出すべきじゃないでしょうか。

 一億歩譲って、彼の後に、襲うべき人間がいない、余人をもって代え難いという判断があったのだとしても、単に指示を受けて実直に制作しただけの人々に失敗の責任をおっ被せて追い込むのはよろしくないと思います。もう、この時点で日経ビジネスかFACTA送りになるべき問題じゃないかと思うんですね。

■受注側の問題

 いくらにんじんをぶら下げられて「失敗したら、責任を取る」と言われたからって、まったく素人で、できもしない案件を受注して、もうどうしようもなくなって、なお自分ひとりで抱えるのはやめてください。無理だと分かっていたなら、先にどうにかできるような筋道を作っておくのがプロだと思いますが、どうも本気で無理だと思っていなかった、自分ひとりで全部できると思っていたようで、それはそれでマズいんじゃないでしょうか。

 で、もう収拾がつかない、ダメだ、と分かったことはお通夜の席で明確になったのであれば、いまからでも自分から降りると言わなければ、その場にいた各社各員全員が等しく損害を蒙る結果になります。っていうか、そう言ったんだけど、まだ降りる気配がないのが驚きです。

■倍プッシュの問題

 確かに今までの実績を考えたら銀行からの借り入れはできるでしょうし、そのあたりの心配は外部の人たちからはされないでしょう。でも、もう火の車なんですよね。理由は単純、成功を重ねても、次の事業機会に前回の成功の儲けを全部注ぎ込んじゃう経営をやっているから、一回外れると連鎖してキャッシュが出て逝ってしまう事業構造になっるからなんですよね。

 小学生のお年玉じゃないんだから、そろそろそういう甘えた事業構造は考え直すべきポジションに来ていると思います。制作側だから、クリエイターだから、と言って許されるのは大手にかわいがられて下請けできている状態までだと考えたほうがいいんじゃないかと。

 もし、それでもなお理解できていないのだとすると、社内や側近が本当の意味で茶坊主の巣窟になって、太鼓持ちに担がれていい気分になっている証左だろうと思います。「諫言耳に痛し」とか洒落たことを言いたいんじゃなくて、本当に潰れますよ。

 指示待ちの茶坊主や、知った顔のパトロンはさっさと切って、自分の足で立てるところまで事業を立て直したほうがいいと思うんですけど、まあもう無理かな。

 以上、12年生き残ってる博打打ちである私からの妄想発言でございました。


« ネットレイティングス「やっぱりmixiの訪問者数、ゲタ履かせてたわ。下駄脱がせたからよろしくな」 | Main | はちま寄稿がアニメ事業の売上で誤報を拡散 »

Comments

赤字を出すか自らの首を捧げるかというと、良き社会の模範としては黒字を出してから首を捧げるという選択もあり、反対論が多いならば社員に直接意見を聞いて判断するという余裕も必要で、これは企業の再生問題だと会社を団結させれば生き残れる
株主では関与できないから社長職があるわけで、社長とは何かといえばまとめ役なので、社員に再生方法を考えてみてもらうのもありかと
そして社員も社長職を狙って滋養強壮効果、ユンケル一番かと
もしやオリンパスでしょうか
日本で一番深刻な企業でありますが…

クソじゃないでしょ、ハ○の間違いでは?

別に借金だけじゃないけど、借りをつくっておいて、そのことを忘れてしまう人の未来はないでしょ。アメリカの金融もそうだけど、命救ってもらったのに、利子つけて借金かえせば、帳消しになってると思うのは、日本にもごろごろいるけど、どうなのかね。結局、生き残れないと思うけど。

>失敗したら、責任を取る
 
コレ言う上司って、言いたいだけなんだよな
自分が引張ってます感?
勘違い?
 
俺の解釈は、商業的に失敗してもお前たちの責任は問わない、だから
それ以前の苦労は結局ボクラ兵隊に回ってくるだけという
 
もうわけがわからないよ・・・。

大変ですなぁ

しかしゲーム造りってあんなに大がかりになったのに
まだ博打なんですかね

今の「失敗したら、責任を取る」は
失敗したら責任を取って
三途の川を渡って貰う人身御供を用意するとか
そういう意味にしか取れないからなぁ。
正しい意味で「失敗したら、責任を取る」なんて言う人なんているのかなぁ。

にしても、そういう人こそが
「こんな所に居られるか!俺は降りる!」ってのを
正しく死亡フラグとして回収させられる程度の
要らん政治力を持ってたりするから
誰も逃げられないんじゃないかとか思ったりもします。

だからと言って、残った所で泥船なのは明らかだし逃げたほうが…
ってのは明らかなんですがねぇ。

失敗したら責任取るっていうから
やったら失敗。
確かに責任とって部長は別部署へ。
でも、部員も全員責任とらされたようなもんで
大変なことになった。
で、部長の部署みてみると、確かに
落ちたのかもしれないけどラクな仕事で
給与もそんなに落ちてなくて笑ってる。
俺らは大変だぞ。
って現場がいつもこうなのが日本なのかね。
陸軍も東電も。終わるな。

最近ぽしゃったコンテンツって何だろう。事情に詳しくないからよくわかりませんね。

話はまるで関係ありませんが、なんかオリンパスが特別おかしな会社だと思われてる風潮があるのが気になりますね。日本の会社をいくつか経験してきましたが、どこも同じ体質で全く変わらないと思います。損失隠しも役員の責任逃れという面はあるのですが、取締役会の場の空気に抗せなかったという面が大きいのではないでしょうか。日本は企業に限らず人が少しでも集まると場の空気を重視して、法律や正論が通用しなくなることが多々あります。空気の読めないやつは確かに問題があることは確かですが、空気を呼んでばかりで何もしない連中が日本の問題を極大化しているような気がします。

役職が付いているのに責任を取らないのが日本だけかと思われがちですが、海外でも負けず劣らずだと思います。アメリカ系の外資にいた時もなんだかんだ理由をひねり出して逃げ切りを図る役付きとか取締役はそれなりにいましたから、世界的な問題でもあるのでしょう。何でいい給料がもらえているのか理由を忘れてるか考えないで誤魔化すのは古今東西ありがちなことですね。

イナフネの件ですかね?

受注側の話は、インデックスかソニーのスリンガーのことを言っているみたいに思えたわ。
責任を取るのはいいけど、失敗したツケを取り戻せるのかは、結局組織の能力次第で人が変っても組織そのものが変化したわけではないでしょ。方針は変るだろうけど組織の持っている癖というか成功してきた味をいつまでも縋る様では変えても意味は無いよね。
組織内部にいる人が今の方針を変える力が無いと何をやっても無駄になるだけ。
いつまでもやめない上司も問題だけど、形を変えていけない部下にも問題があることを私は問いたい。
変化に耐えうる人材を作ることの難しさは組織の大きさや若さに比例する。上司は給料分のリーダーシップを発揮しろ。ちゃんと部下を引っ張っていくだけの信頼を作れよ。失敗から逃げるな認めてくれ。失敗から逃げっぱなしだと部下もその方法論でしか考えなくなる可能性が大いにある。それで下っ端にツケを回して行けば組織はますます腐るよ。誰かに責任を押し付けている限り、組織も個人も成長はしないし問題は解決しない。

個人的意見として、日本は失敗したら次は無い状態を脱却していかないと、いつまでも経験地不足な人達を作って行くばかりだと思う。一歩踏み出せる精神状態にするには首になっても再チャレンジできる機会を増やせないとますます尻すぼみになって行くだけだ。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« ネットレイティングス「やっぱりmixiの訪問者数、ゲタ履かせてたわ。下駄脱がせたからよろしくな」 | Main | はちま寄稿がアニメ事業の売上で誤報を拡散 »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ