« 【急報】魔将ガイエルさん引退? | Main | ノマド的なワークスタイルが持て囃されているけど »

2011.09.22

最近のゲーム関係、諸事解題(雑談)

 日本中がガイエル引退の報道に涙し、その勢いが台風となり街路樹を押し倒しタクシーに制裁を加えたりしているようでありますが、最近のゲーム関連はCEDECから任天堂ショー、SCEショーを経てTGSと一通り出揃った感じなんですかね。

[TGS 2011]モバイルでもっともっと面白い作品作りを目指そう。パネルディスカッション「ゲームユーザーはどこに向かうのか」レポート
http://www.4gamer.net/games/114/G011492/20110918030/
オンラインゲームを「オカンでも説明無しで楽しめる」ように作るためにすべきこと
http://gigazine.net/news/20110920_dropwave_game_planner_cedec2011/
日本のゲーム業界が改善すべき10のポイントとは? 気鋭のクリエイターが語る、KONAMIと米マイクロソフトの日々でわかったこと【CEDEC 2011】
http://www.famitsu.com/news/201109/07049739.html

 一口に言うならば、もうこういう記事になっているということは、そこで語られることは最先端どころか有益な情報ですらない、ということなのでしょうが。でも雰囲気は見事に言い表していると思うんですよね。

 どっちかというと、オンラインゲームは業界自体がRMTに寛容だったり、儲かる仕掛けの作り方は試行錯誤を繰り返してこんにちまでやってきたんですが、途中からいい意味で儲けの仕組みを携帯サービスに乗せ換えて一気に成長したのがプラットフォーマーなので、とても親和性があるというか土地勘が近いというか。不思議な確率のガチャとか、エンジン共有化して滞留率をまず上げるサポート優先の考え方とか、IP系の取り扱い方とか、そういうのはとても近い。ただ、段違いなのはコンテンツ一個あたりの制作費の安さと、そこから来る利益率の高さだったわけで。

 いまになって思うと、ゴールドマンサックスに言われずとも「そんな仕組みでぼろ儲かりするのは、いまの日本だけ」で、その成長曲線をさらに伸ばしていこうとすると海外進出しかないということで、またピンクレディのアメリカ進出ばりに頑張ってしまうのはイット業界の見慣れた光景であり、そんなものはどうでもいいのです。

 これらの収益ってのは、いろいろと計算してみると、パチンコやパチスロに嵌っていた層が、しっかり儲けたい射幸心をくすぐられる連中はFXに流れ、カジュアルに時間を手軽に潰したい連中はケータイゲームに流れて逝っていて、流行り廃りで言うとカラオケなんかとたいへん酷似しています。カラオケでは自分が歌えないような難解な歌手の曲は敬遠され、親しみやすく歌いやすい大衆的で手軽でトレンドにマッチした歌が流行るという点でソーシャルゲー的といえるでしょう。これは別に悪いわけではなく、上記記事にありましたように、手軽な時間つぶしをしたい層が一定以上確実に存在する限りにおいては、収益性は確保され間違いなく王道なんだろうという。

 目の前の5分を遊ばせる仕掛けは、ビジネスそのもので言うと結構出尽くしの感がありまして、流行を作って乗せようと思ってもなかなか大物コンテンツ以外は当たらなくなってきているという実情は感じます。一年ほど前は、2,000万もあればそれ相応の回収が見込めた世界だったのが、いまではトータルの広告宣伝費込みで7,000万から8,000万がプロジェクトの平均値になってます。

 で、特筆すべき点でいうと、ソーシャル開発に特化している会社って本当に組織的にも技術的にもそっちに最適化されすぎていて、うっかり提携しようとDDかけてみると結構とんでもないところがそこここに見当たります。一芸上場を強行しないとこりゃ買い手もつかないぞ的な。まだスマホ開発に特化している会社のほうがいいんじゃないかと思うぐらい。しかも、うっかり儲かってしまったので経営者が「俺は凄い」と本気で思ってる。地道に技術を積み上げてきた連中を軽視するような感じで。

 ソーシャルゲーム界隈というのは、儲かればなんでもいいICT業界と、いいものを作りたいゲーム業界の交錯点のようなもので、日本海流と千島海流がぶつかったらプランクトンがたくさん生まれていい漁場になりました感のある世界なので、いい意味で緊張感を持つのは大事なんですけれども、プライドばかり高いくせにソーシャルゲーム一個満足にリリースできないゲーム業界人や、儲かったからといって未来永劫成長し続けて大気圏を突破しようとするイット業界人の珍獣図鑑のような世界がいつまで続くのでありましょうか。

 とりあえず、現地の人間関係も満足に築けていないのにサンノゼやハリウッドやシリコンバレーの中小開発会社詣でをしていい話があればいつでもカネを出すよってオーラを出してわざわざ嫌われにいくような真似は本当にやめてください。お前ははてなの近藤社長かよ。


« 【急報】魔将ガイエルさん引退? | Main | ノマド的なワークスタイルが持て囃されているけど »

Comments

まさかのはてなオチ。。
だが、近藤さんは意図不明すぎてかなり本気で現地人に引かれていたからな。

泥臭さがないねー、ゲーム業界。FC2あたりが、ミニゲームを作るツールでもつくって無料で配って、利用者にマーケットの提供すればいいんじゃね?

泥臭いゲーム雑誌も創刊されていないし、ネットの中で泥臭い連中があつまるコミュニティーもないし。なんか、政治経済や英語の話するより、ゲームで遊んだ方がいいんじゃね?

とある、放送主が利用無料の有料放送が、女一人で、一日で20万ポイントとか稼ぐんだぜ。あれにゲーム性をもたせれば、うはうはなような気ガス。

ようするに、泥臭く、人間の欲望をかぎとらないと。ゲームにならんでしょ。基本的に、人間は金を使うと生き生きしちゃうんだし、なんだろね、金使うなみたいな、増税とか。会社だって、儲けたかったら、社員に給料払えばいいのに。役員の金をさげてだな、まず社員に配分しないと。大金持ちには、増税しつつ、必要経費の範囲を拡大してだな。増税分、遊べば帳消しになればいいんだよ。カジノなんか開いても、遊んだ分収入から免税されなければ、日本の金持ちも遊ばないだろうし、そのうえ、めちゃくちゃな高配当にできないわけで、そうなると、外国人も遊ばないだろ。

大きなゲーム会社は、まずは、社員を遊ばせることだな。遊びに投資しない限り無理だ。若い新入社員を、社長が銀座に連れていくとかさ、体験できないようなことを体験させないで、でっかく売れるゲームなんか作れないでしょ。それに、安い給料のままで、忠誠心なんてうまれないし。

日本全体でも、遊ばないとダメだ。オリンピック誘致なんて、絶対に不可能なんだから、そんなに投資するより、まず、身近で遊べることがした方がいい。オリンピック境界なんて無視して、アフリカと日本対抗の国際体育大会とか開いちゃったりさ。毎日、花火を時報がわりに一個ずつ、夜8時にあげるとかさ。未来に金を使うんじゃなくて、今に使うんだよ。明るい未来なんてないんだしwww

今日も元隊長はムーンにフィット。

通りすがりの者ですが、文中の
『日本中がガイエル引退の報道に涙し、その勢いが台風となり街路樹を押し倒しタクシーに制裁を加えたりしているようでありますが』のくだりですが、
タクシー会社及び運転手の方は何か悪さをしたのですか?事故に対して「制裁」とは失礼にも程があるでしょう。
訂正とタクシー及び運転手の方へ謝罪をして下さい。
livedoor「BLOGOS」にアップされるくらい有名なブログですから、罪の無い第三者を貶める事は止めましょうよ。

> プライドばかり高いくせにソーシャルゲーム一個満足にリリースできないゲーム業界人

シップさん?それとも太陽の人?

↓こういうバカが一番タチが悪い。
 

>通りすがりの者ですが、文中の
『日本中がガイエル引退の報道に涙し、その勢いが台風となり街路樹を押し倒しタクシーに制裁を加えたりしているようでありますが』のくだりですが、
タクシー会社及び運転手の方は何か悪さをしたのですか?事故に対して「制裁」とは失礼にも程があるでしょう。
訂正とタクシー及び運転手の方へ謝罪をして下さい。

↑ユーモアって知ってる?

ゲーム技術は通信テロからパソコンを救いますよ

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 【急報】魔将ガイエルさん引退? | Main | ノマド的なワークスタイルが持て囃されているけど »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ