« 【告白】本を書かなければならない | Main | マジ☆ギレの平岡法相がいま最高に面白い! »

2011.09.27

コンシューマーゲーム開発してた部隊がスマホアプリやソーシャルに何故適応できないか(メモ)(追記あり)

 なんとなく分かってきまして。

■ そもそもケータイでゲームする習慣がない

 彼ら、全然ケータイやスマホでゲームしないんです。興味ないんでしょうね。電車の中や、寝る前のちょっとした時間に遊ぶんです、といくら使用シーンを説明しても、ワンマッチ20分ぐらいを最小単位にしたゲームを企画してきます。つき返してもつき返しても駄目。しまいには、やり込み要素とか言い始める始末。

 そういうことをすると、DeNAとかGREEとかのコンサルタントから「難しすぎます」っていうコメントを返されるわけですね。

■ 素材に懲りすぎる

 ぶっちゃけ絵素材とかに懲りすぎです。割に合わないとかじゃ

(追記 13:01)

 すみません、途中でログが切れちゃいました。全文結構な長さで書いたはずなんですが、消えたものを書き直す気力が湧かないので、社内でまとめたメモをもう一度洗い直して4Gamerかどこかで再アップしたいと思います。


« 【告白】本を書かなければならない | Main | マジ☆ギレの平岡法相がいま最高に面白い! »

Comments

せっかくのエントリーが尻切れトンボに。
ぜひ完全版を。

あのぅ。老婆心ながら。。。
エントリーのブッチ切れは神の啓示だと思うんです。
「はよ本の原稿書かんかいっ!」という戒めのメッセージではないでしょか。。。

でも個人的には、イヤイヤ病発症時のエントリーがすごく面白くて好きです。
実は私も今、A4たった3枚の資料作りから逃げ続けて1カ月。

いちろう様は無駄に現実逃避しないところが、お見事!

わっふるわっふる

いつも面白く読ませてもらってます。
やまもとさんがおっしゃりたいことはgigazineに載っていた「オンラインゲームを「オカンでも説明無しで楽しめる」ように作るためにすべきこと」を裏面からみて言ってるのかな?と想像しています。

いい悪いでもなく、どちらが100%ということもないでしょうが、「お金儲けが好き」な人と「仕事が好き」なにわけるとすれば職人さんの多くは「仕事が好き」側ですよね。今の30代ですと過去の感動で俺もこういう仕事がやりたいと思って入ってくる方が多いであろうことは想像に難くないです。

その上で前出の記事に出てくる講演者は「大概は解説した上であえて職人さん募集」をやってるところをみると、もう「お金儲けが好き」な人たちだけではやってけなくなるぐらい行き詰まったと、そういう見方もできるなぁ、なんて思ってます。
欲望や欲求じゃなくて感動がほしいユーザーが刹那ゲーにどれくらい出てくるのかは、わかりませんが。

またログが消えたとか言って
さりげなく宣伝するし

リンクで辿り着いたので・・・
何か表面的にしか見ていないのに結論出しちゃうんですね。
ゲームって業界はもっと深いです。はい。

↓やまもとさんが何者かすら知らない通りすがりがバカコメ置いていくあたりが面白い

>リンクで辿り着いたので・・・
>何か表面的にしか見ていないのに結論出しちゃうんですね。
>ゲームって業界はもっと深いです。はい。

読者に合わせたのかもしれませんが、「課金する」は「お金を払わせる」であって、お金を払うの意味で使うのは誤用です。

>そこで「もっと続けて遊びたかったら課金してね」とやるのがいいわけで。

>そこから6%なり9%なり課金してくれるユーザーに払ってもらうための仕組みがおざなりだと,

The comments to this entry are closed.

« 【告白】本を書かなければならない | Main | マジ☆ギレの平岡法相がいま最高に面白い! »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ