« 【告知】8月4日、『パソコン通信ナイト!』に登壇するみたいです | Main | 大沼 »

2011.08.03

フジテレビ不買運動が導く新たなるウェブの古戦場巡り

 最新式人海戦術(形容矛盾)が起きている今回のフジテレビ韓流問題。正直言うと、この流れって毎日新聞が変態新聞とウェブで罵られ続けて相応の迷惑を蒙った物件と相似形であります。まっとうなメディア批判であれば関係者は意見の同異は別として正座して拝聴すべきとは思いますが、もちろん騒動に飢えたネット住民が久しぶりに得た大型案件という意味では現在進行形であるpixiv問題と双璧なのであります。

 今回は、騒動そのものよりも問題を問題たらしめる舞台装置について雑記調に論じてみたいと思います。

● Togetterの場合

花王 不買に関するツイート まとめ(韓国・フジテレビ関連)
http://togetter.com/li/169351

 もはや、togetterというサービス自体が炎上ソナーやキチガイ探知機としての機能を果たして、登山家が難攻不落の山々の頂に旗を立てるが如くヲチャーがヲチャーに対してガイドラインを示す行動様式が定着しつつあるのだなあと思われる部分であります。

 ある意味で、常に流れ続けるフローの総体であるtwitterを母体としつつも、それを記録し編纂するという本来のテーマに真っ向から勝負を挑んで存在感を示したという点で、togetterはもう一定の評価を得たんだろうと思います。一方で、案の定というか当然の流れとしてtogetterに対するヘイト値を高めているウェブ住民もいるので、これらのサービスがpixiv同様対応を間違うと業火の中に叩き込まれかねないという点で、金のかかってないグルーポン的な油のしみた枯れ草のような存在なのかなあと。UEIに間借りしているというのもまた。

● サーチナの場合

高岡蒼甫氏騒動でクライアントが慌て出す?スポンサー離れか
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0801&f=entertainment_0801_009.shtml

 最近元気のないJ-castやGIGAZINEの後釜として赤丸急上昇であったサーチナが、今回も大規模炎上に寄与し続ける絶妙なアシストを連発しており独特の存在感を示しているのが興味深いところです。ソースとしての価値でいえば真の意味で東スポ未満なところがあるんですが、サーチチャイナという本来のサイト名称やメディアテーマが絶妙な煙幕となり、ウェブ民の中国嫌いともうまくシンクロニシティを発揮してソースロンダリングや風評のメッカとなって前世代のウェブメディアを質量ともに凌駕している点におおいに好感が持てます。

 取り上げた記事でも、見事なまでに一次ソースがゼロ、当事者に電話取材ひとつすることなく、最後の最後まで執筆者の憶測と論理展開のみで押し続けて執筆者本人の名前まで書き上げるという見上げた根性に感服せざるを得ません。「メディアとしてそれっぽければ、記事の質はともあれ読まれてしまう」という現代ウェブ社会の特徴が織り成す盲点ど真ん中に投げ込む剛速球が、いまのサーチナ記事の真骨頂なのであります。

● 2ちゃんねる系まとめサイトの場合

高岡騒動で鬼女がフジテレビスポンサーへ抗議、花王を筆頭に不買運動へと発展
http://hamusoku.com/archives/5454164.html

 サンプルとして、ハムスター速報を選んでみました。それ以外の2ちゃんねる系のまとめサイトでも当然のように本件ネタはこぞって取り上げております。これだけのネタなのですからまあ時事社会一般を扱うまとめサイトなら取り上げざるを得ないですよねということで、まとめサイトを執筆する人々の編集スキルの優劣が試されるという格好の試験紙になっています。

 今回の件では、高岡某が過去の交友関係に蓋をしたままで、さも自分は問題なかった的なブログを書いたところで同情が惹かれて退社に追い込んだスターダストよりもフジテレビに鉾先が逝ってしまうというネットならではの展開をしたのが今回の特徴でありました。より大きいもの、より構造が分かりにくいもの、よりポジションが羨ましいものを叩くというのは自然な行為でありますが、そんなスレが500以上立ってたとかいちいち追いきれませんって。

 そういう点で、やはり編集能力のあるまとめサイトというのは貴重であって、アクセスが増えるのも当然ではないかと思うわけですけれども記事広告など金を貰ってエントリーを書く場合はちゃんと【広告】って打ちましょう、皆さん。

● ニセモノの良心の場合

CXは別に売国奴じゃない。みんながユニクロに行くようなもの
http://soulwarden.exblog.jp/14236392/

 騒動がここまで大きくなると、どうしても声としてはかき消され気味になってしまう「業界人の解説」でありますが、真実かそれに近い事実関係の説明はやはり所々でしっかり行われておりまして、今回はサンプルとしてニセモノの良心を選んでみました。まあ、放送業界の現場で見聞きしている人からすれば、騒動そのものが馬鹿らしくてしょうがないという側面もあるのでしょうが、韓国というネットでは嫌いな人が多いトピックスにフジテレビのようなルサンチマン魂を掻き立てる素材が組み合わさって火が放り込まれたらそりゃあ土石流のようなウェブの大洪水になるのも仕方がないと思うんですよね。

 業界人が見失いがちなのは、やはり視聴者も一人の人格であって、ウェブで今回気づかされたものでいうと、やはり結構な割合の日本人が韓流ブームに嫌悪感か不自然なごり押し感を抱いていて、誤解とはいえフジテレビが韓流をカネ貰って押してるという話になると不快な気持ちになってしまうわけですね。それを押し留めるのは通常の大規模クレーム対応同様、誠実に一人ひとりの話を聴く姿勢を見せるということなのでしょう。

 もっと突き詰めるのならば、もはやすべての国民が等しく満足してくれるような、古き良きゴールデン番組という存在はなくなっている以上、きちんとテレビの前に座ってくれる人の属性にあわせたコンテンツを提供していく必要がある。ただ、韓流であれアニメであれ熱心な人からの支持は受けても国民全体でいえばほんの数%が満足しているに過ぎないものであって、残りの大多数は興味がないか、むしろ嫌悪感を持って接している可能性も強く、そういう消極的批判層が燃え上がってしまうのはやはり商売として極力避けるべきなのだろうというところですね。

● Amazonの場合

カスタマーレビュー アタックNeo つめかえ用
http://www.amazon.co.jp/product-reviews/B002OOYDP8/ref=cm_cr_dp_hist_1?ie=UTF8&showViewpoints=0&filterBy=addOneStar

 より目に見える形で不買運動を明らかにしようとするならば、顧客が集う評価システムに関与するのが手っ取り早いということで、今回ターゲットになったのはフジテレビの側の肩を持つという奇特な広報対応によってウェブ民からのヘイトを稼ぎ敵認定を受けた花王の製品でありました。

 まあ書かれも書かれたり250以上の星ひとつが羅列されているわけですが、そこで書かれている花王の製品に対する批判よりも、花王のカスタマーレビューが炎上している事情を他のマスコミが報じることで、より多くの人が今回のフジテレビ問題の不合理な韓流押しと、それを支え支持するスポンサーという図式を認識してしまうという効果を期待しているということで、とはいえ花王もさまざまなメディアのスポンサーですから、またぞろ電通だマスゴミの陰謀だという方面にいつ直結してもおかしくない状況になってしまうということですね。

 実際には、Amazonのカスタマーレビューというのは去年ぐらいからあんまり参考にされない傾向が強まり、ほぼ死んでしまったシステムなんですけれども、数が集まればそりゃあ耳目は惹きますから、さぞいろんなところに波及していくのでありましょう。

● 総論として

 暴れるウェブ民が打ち壊しをどこのサイトでやるのか、スポンサーへの電凸なるものがどのくらいの効果を及ぼすのかといったあたりは、ウェブとリアルの相克という意味で永遠の課題だったのですけれども、話題としては出るもののFacebookやMixiなどある程度実名やソーシャルに紐づいたサイトで「お前もレッツ荒らし」というような呼びかけを目にすることはありません。問題を認識し、自発的に集まった人が活動に身を投じているのだとは思いますが、毎日新聞の変態騒ぎや、浜崎あゆみの感じ悪い騒動のときと同じかそれ以上に憂さ晴らし的側面があるのかなあと強く感じます。まあ、面白いからもっとやれ風の意見がある人が少なくないのもまた日本の心に沁みるところではございますけれども。

 とりあえず、赤ちゃんも泣いたのであやしてからクソして寝たいと思います。


« 【告知】8月4日、『パソコン通信ナイト!』に登壇するみたいです | Main | 大沼 »

Comments

>ニセモノの良心の場合

↑ここでの解説記事もちょっと煽ってるかな~? ミスリード入りかねんかもな~? みたいな部分があるから、一応コメント欄でも苦言述べたけど(今現時点ではまだ反映されてないみたい)、アレはアレで過信は禁物。まあ、本文読むだけで7,8割方は得心、コメント欄でここぞとばかりに愚図愚図ゴネてる人は日本の恥って構図でいいんですけど。

 なんていうか、業界人とか中の人とか(元含む?)、そういう立場だから分かり得ること把握できることからの意見も重要なんですけど、フジテレビがアレっぽくね? とかその程度のことであるなら「わざわざ業界人に言われんでも把握しとけや」ってのがあるんでね。業種が違っても、色んな職場で色んな経験をしたり風聞伝聞を得る程度のことでも「概ね把握くらい出来るやろ?」ってのもあるんでね。

 そういう部分からくる基礎的なリテラシーを感じない辺りが「ヒマが原資な天然無職と鬼女の限界かな?」って感じ。

 社会に参加できてないからこそあーして盛り上がる・盛り上がれるって意味では「学生運動やらなんやらやってた頃の菅直人とどこが違うんだよ!?」とも言える訳でね。その道通って今の地位まで登り詰めた菅がどんだけ世間から(特にネット界隈から)蛇蝎の如く嫌われてるんだよ? ってのを見てるなら、「じゃあその道通るのだけは止めときましょうか。だって気持ち悪いから」くらい思えっていうか。自分のやってることが何なのかがまったく見えてない辺りが悲しすぎますわ。

 菅直人本人を見るだけでも気持ち悪いのに菅直人の小粒レベルの馬鹿なんか見ても気持ち悪いにすら至らないんだっていう。その程度にどうでもいいんだっていう自覚が欲しいですよ。ネットで騒いでる人らには。

 私個人の考えですか? 韓流推し気持ち悪いなーとは思うし韓流資本入ってんなーと思えるメディアからは距離を置きたいですけど、それと「叩き・煽りは別」ですわ。そこでネチネチやらんでも普通に株式外国人保有比率が高いところは2013年で放送免許取り消しゃいいじゃん、(改善あるなら)2013年とか言ってたら間に合わないかもしれんから2012年を目処くらいにしとかんと駄目かもよ? くらいに思って、それまでですかね。今、2011年夏ですか。2012年春まで1年半。それまでに株式外国人保有比率を20%以内に下げろって結構な苦行なんでないですかね? そこ突くだけでも十分すぎるくらい圧力足り得るでしょ? って感じ。今ある「祭り」や「騒動」は、正直どうでもいいです。

 あと、警察さんやらnttさんやら頑張って(個人特定までしなくていいから)「どこの地域からそういう情報にアクセス(若しくは発信)する馬鹿が多く湧いてるのか」を調べて、キチガイマップをこさえるのがいいんでないの? と思うくらいかな。推測ではあるけど、東京からが結構多いんでないかと。主力層はガチでそのへんだよね。名古屋・京阪神あたりの都市圏も多そうだけど、主導とは言い難そう。

 そんな感じ。

例の反社会的勢力との交友は、本人ではなく奥さん関係の人脈だったことを匂わせていますよ。奥さんを守るために話せないこともあるんじゃないですかね。だって人が死んだこともあるわけですし。それにあの事件はなぜ殺されたのかもわかっていないし、犯人も逮捕されていない。未だに日本に帰国していないようですが、やっぱ奥さんのバックを恐れてのことでしょうか。奥さんを一人で置いておくというのもなかなか危険を伴うことのようにも思えますが。本人は、業界では高く評価されているものの、世間一般の認識としては、国民的人気女優の夫というものであり、とりわけ人気があるわけでもない平凡な俳優という見方です。一方、奥さんのほうはというと、やっぱあれだけプッシュされるからには相当強力なケツモチがついていないと無理なわけで、ヒラタオフィス単独の力によるものとは思えないですよね。本人のブログを読む限りは誠実な青年という印象を受けます。

炎上おち的にはそうなんでしょうけど、今回のフジテレビ炎上の原因に関しては嫌韓という要素とは別にステルスマーケティングに対する根強い不信があるのではないか。
その意味でふかわりょうの発言が核心をついているのだが、それについてはあまり盛り上がっておらんね。
みんなが触られたくない所なのかな?こうやってどうでもいい予定調和に延焼して終息するというのも遣りきれんね。

さっきまで白かったやまもといちろうがちょっと黄ばんだ隊長に。

花王ショックで電通の不興を買ってしまいエコナが槍玉に挙げられた、
なので花王は電通の韓流押しに従わざるを得ない…
っていう話は既に流れてるよ。

視聴率稼ぐために「韓国が人気」と思わせる為の印象操作はあると思うけど、こんなの別に今に始まったものでもありませんしね…

売国だの韓国政府がよからぬ事を企んでる…だのは話が飛躍しすぎですよ、ほんと(笑)

友好国とならこんな事にはならないんでしょうけどね。

 誤記訂正。

誤→今、2011年夏ですか。2012年春まで1年半。
正→今、2011年夏ですか。2012年春まで半年。

 数字数えられない時点でクルクルパーもいいところですか。そうですか。まぁいずれにしても、「締め切りが2013年ならそこまでにやればいい」の根性だと絶対デッドライン割るから、そうなる前にゆとりを持っての処置が望ましいですねってことで。

 それすら出来ないようならフジ&日テレ停波や外国人株式保有率がアレなところを潰すのは「現実的に起こり得ること」として認識しておく方が宜しいかと。お役人の皆様には、何人路頭に迷おうが首括ろうが知ったことじゃないの面持ちで厳正に処分して頂きたいものです。

 こういうところからして駄々甘いから何かにつけて悶着起こすんですよ。(主に)マスコミ界隈は。派生的にそういう体質を受け継ぐ出版業界やゲーム等クリエイティブ(←)制作業界の締め切りに対する認識の甘さは異常ですから。糺しなさい。そんな感じで。

周囲に韓国ドラマや俳優、歌手を好きだって公言する人物を一人も見たことのない自分が特殊なのかと思って、、、たわけないじゃんw

ま、元々TV離れがかなり進んでたからねぇ
どこのTV局も好きにすればいいと思うんだけど、どんどん誰も見なくなるだけですな

俺なんて、興味のない韓国タレントが映った瞬間にとりあえずチャンネル変えるもの
別に嫌韓でもなんでもないけど

オチはmixiが潰れるあれでまとめていただきたかった

爺のハイパー追撃OFTHEYEARに拍手ですね

かといって、普通の人は電通不買運動なんか難しいですからねぇ
やっぱりテレビを見るのを止めるしかないんだ

東芝クレーマーとか1ch.tvで爆笑してたころとは時代が変わっちまったんだなぁ。
懐古乙、といわれるのだろうけど、キチガイをキチガイのままウォッチしてたころが懐かしいや。

今回の件の本質が韓流押しが不自然とかでなく、そっち方面をちょっとディスったら一大ネガキャン張られて職を失うところまで叩かれたという部分である事を華麗にスルーするとは!流石は隊長、そこに痺れた憧れた。

フジテレビに対しての不満はフィギュアネタなど韓流ゴリ押しの他にもあったようだし、憂さ晴らしにすり替えちゃったのはもったいないね。高岡のツイートはきっかけであり、解雇は起爆剤。今回の騒動はテレビが見捨てられるきっかけになるんじゃないかと予想。あと舞台装置は他にもたくさんある。ヤフコメ、ひろゆきのブログ、ふかわりょうのラジオ、著名人のツイート…etc。見て回ったが、視聴者の立場と業界人の立場の差が明確に分かれてる。正直、この件を矮小化するテレビ業界の人がいるなら、それはテレビの終わりを意味すると思った。最後の視聴者の訴えだよ。ポジティブに考えればテレビ好きがまだこんなにいるんだという現れ。
ちなみに具体的に批判されてる部分はステルスマーケティングだろうね。

まぁこないだ新聞のTV欄見てたら、都庁肝いりだったような気もしないでもないMXですら韓流だらけ。
昭和一桁が美内にいると特亜方面はアレルギー対象案件なんで、原則見ない。おかげでだんだんとTVで見るのは教育テレビと放送大学しか無くなりつつありますw

 電気勿体ないから、ついでに電力ピーク時に原則停波しとけばいいじゃん、どうせ時代劇は全滅で女子アナ大リストラの真っ最中なんだろうし>民放各局。

どうでしょう。
私からすると最近のマスコミの韓流、
韓国攻めは気持ち悪かったです。

そこへ有力者?が一言言ってくれて嬉しかったですね。

フジTVや日本TVなんて、外国人株保有率20%以上
だから、次回の更新で放映権がなくなるのですが
それまでキモイ番組を出されるのは嫌になります。

こういう事で日本人のテレビ離れが加速するんでしょうね。

そういうごく自然な記事は書けないんですか?
なんかこのブログも気持ち悪く思えました。

今の騒動が騒ぎたいだけの人たちが大量に交じってるって言うのは同意なんだけど、何回も苦情が来てるはずなのに、あえてフジが執拗に韓日戦言い続けるのはなんかすっきりする説明があるのかな?たまたま?

素朴な疑問ですまんが、フジの外国人株式比率が云々
いわれてるけど、それは韓国人が持っているという
データはあるの? あとフジが叩かれるんなら産経新聞
だって叩かれてもいいはずなのになぜかスルーされてる
のも不思議。

韓流なんて、円高・ウォン安の状況で、単に「安く買えて
そこそこ率も取れて時間の穴埋めに便利」に使われてる
だけじゃないかと思いますがね。

余談ですが、フジサンケイグループがホリエモンに本当に
買われてたら、と思うとそっちのほうが恐ろしいです。

マーケティングに乗っかるバカも過剰反応するバカも本質はたいして変わらないと思うが。
後者を批判してどや顔する連中もなんなの。
金くれるバカは大歓迎なんだよ、て言うと頭いいの?

>懐古乙、といわれるのだろうけど、キチガイをキチガイのままウォッチしてたころが懐かしい
>Posted by: null | 2011.08.03 at 21:31

 今日びはキチガイの妄言にマジんなって反応する馬鹿が業界内にも多いし「そうならざるを得ない事情」みたいなもんもあろうから、より一層無視できなくなってるだけなんでないですかね?

 騒ぎの性質なんて「ほぼボヤ」ですけどね。枕元のボヤか納屋かどっかのボヤではビビり度も違うわな、っていう。そんな趣き。

 あと表記表現について思うんですけど、韓流「おし」は「押し」なのか「推し」なのか。メディア間での統一が出来てないみたいなんで、見解をば。

・押す→ベルを押す、横車を押す(ごり押し)
・推す→委員長に推す、経験から推して考える

↑パソコンの変換ではこうあるんですけど、「押し」を使ってる人は「ごり押し(不当である)」のイメージで使ってる場合が多く「推し」の場合は不当性をそこまで追求する気がない場合に使ってる風合い。

 今のところ、特にフジテレビに多く見受けられる韓流なアレは気分的には「押し」だけど法的にはまだ問題ないから「推し」と見做した方がいいんでないかと。2013年停波問題?が現実味を帯びて後なら「押し」で問題ないけど…って感じ。些細なことではあるけど、そこらへんで「気分と現実直視」の境目が曖昧な人は「お前がごり押しちゃうんかい!?」の陥穽に嵌まってしまう恐れを否定できないんで、ちょっと落ち着いた方がいいかもしれんね? って感じ。

 逆に、今の段階から(わりと冷静に)「推し」を使ってる人らは「ガチで改善なり追い込むなりする気だよね? だったら2013年問題?が来るまで長丁場だけど、そこまで辛抱せいよ?」とも言えるんで。後々の重大性にしっかり関与出来なきゃ意味無いんで、頑張ってほしいっていうか。そんな感じでも。あり気。

 あとまあ、海の向こうのイギリスさんで痛い新聞屋が廃刊に追い込まれてワクテカしちゃうアレを日本でも見られるのかと思うと「 個 人 的 に は 凄 く 嬉 し い 」のも事実なんで、なるべく皆様方には「推し」表記で頑張って頂きたいなっていうか。そんな面持ち。

 今の段階から「押し」表記使ってる馬鹿はどうせ2,3ヶ月もせんうちに脱落するだろ? って感じなんで、あんま当てにする気無いです。騒ぐだけ騒いで気が済んだら早ょ死ねバーカ、としか思っちゃいませんです。

 あらやだ、今日は反映手早いのね。と思ったので薬味追加。

 韓国、日本人を対象とした入国禁止ブラックリスト作成へ
ttp://blog.livedoor.jp/newskorea/archives/1555246.html

 東海テレビで放送事故、岩手県のお米の当選者を「怪しいお米セシウムさん」と表記
ttp://exawarosu.net/archives/5474730.html

 どっちも駄目ですな。フジは以前にも放送事故起こしてますしね。良くないですね。フジ・韓国絡みは碌なもんじゃないです。5月いっぱいで産経新聞排除した私の判断で間違ってなかった感。

 今現時点で産経新聞を取ってらっしゃる世帯の方がおられましたら、早め早めの賢明な決断を。取ると言うならそれでよし。止めると言うならそれもよし。そんな按配で。

 あと、何気に7月から(母ちゃんの勝手で)取ってる朝日新聞を読んでると、ここぞとばかり?に原発系やらせだ偽装だを叩く記事が多く載ってるんですけど、「お前んとこはサンゴ礁ky事件起こしてるんだから人のこと言えんだろうがよ!」ってのがあるんで、眉唾で眺めていきたい所存。

 具体的にどこがって意味では今んとこフジがホットスポットなんでしょうけど、そもそも歪んだりおかしくなってるのはマスコミ全般なんだって認識をお忘れなく。そういう意味では、ある程度マス化してきたネットにも同じことは当然言えるんで、軽挙妄動の類を戒めて、なるべく賢明たらんと欲する気持が大事な気がします。

 2013年のワクテカ祭りまで、あと1年半。気長に待って行きたいと存じております。かしこ。

実際問題、2013年の時点で株式外国人保有比率が改善できなかったとして
本当に停波なんて事ありえんの?
個人的にはすっごく見たいけど

国士様の偏狭なナショナリズムということにしたい人が多いみたいだけど、別に韓流でなくてもあんだけゴリ押しすりゃ反発されるでしょ。紳助やその手下が、バラエティだけじゃなくニュースやスポーツにも出てきて、背景にも紳助の顔がさりげなく映ってて、七夕のニュースで短冊に「紳助かっこいい」とか書いてるのを想像してみ。嫌でしょ。

「安くて使いやすいから使うのは当然」とかいう論調もあるけど、安いからといって美味くもないもん並べてたら客逃げました、じゃ経営失敗だよなあ。リスクとリターンが見合ってるかどうかなんて、フジテレビにしか解らないだろうけどさ。

>>野ぐさん

有りえないです。


放送法第52条の8で、外国人保有比率が20%を超えたときは、その超えた部分につき、株主名簿への記載を拒否できる(≒議決権を与えない)ことが規定されています。
なので、意図的に記載するか、事務ミスが起きない限りは原理的に外国人の議決権ベースでの保有比率が20%を超えることはあり得ないので、電波法の免許取り消し要件に該当することもありえません。

最初から隊長はこう言ってるんですけどね。完全にひろゆきが勘違いしてます。

>Posted by: とおりすがり | 2011.08.05 at 02:15

 そこはまあ、ネットでも六法でも「放送法第52条の8」で調べれば分かることだから敢えて黙ってたんですけど、知らん顔してそのまま潰しちゃえば面白いのになーって言ったら駄目ですか? 駄目ですね。そりゃどーもすいませんでした。

 ちなみに放送法第52条の8にある「外国人保有比率が20%を超えたときは、その超えた部分につき、株主名簿への記載を拒否できる(≒議決権を与えない)ことが規定されています。」←この書き方だと「権力は奮わせないけど客としては遇する」ってことで法的には問題ない代わりに、「お客様は神様です」てなフレーズが一時にせよまかり通った日本で「どこまで具体的な拘束力を持つのか」は甚だ疑問ってのは、鑑みておくのもいいと思いますよ。

 権力者として堂々と振る舞われるのも困るけど客として隠然たる勢力を保たれるのも、今回の韓流推しみたいな事態に発展する可能性は十二分に有り得る(ていうか、現にある)って意味ではアレなんでないの? と言える訳でね。

 あと、これはお客さん(視聴者)側が判断ミス?しやすいところでもあるけど、テレビ局にとっての視聴者は「消費者」「エンドユーザー」であって、どちらかと言うと数字を取る(出す)ための具に過ぎん所があるですよね。

 直接・直近の「お客様は取引先」でしょ? っていう。そのへんの構図はネットのアフィリエイト商売と一緒で、pvはアフィリエイトの値付けの具で、何回閲覧しようがどんだけコメント打とうがサイト運営者にはどうでもよくて、アフィリエイト業者が(金払うって意味で)サイト運営者にとってのお客様。リンク先は協業者・仕入先。そんな体裁でしょ。

 祭りで縁日出してるのでも、そこを何人通りすがろうともそいつらは「人手」であって客では無い。立ち寄ってお金払うのが客なんだの見地から言えば、構図は似たようなもの。

 そこらへんを「テレビ観てるんだから俺らは客だろ?」って思っちゃったら、間違いなのよね。お前ら客じゃないですから。具ですから。っていう。そういう前段・前提があるからこそ起こり得る「韓流推し」なんで、視聴者の立場であーでもこーでも言い募ったところで「通らんわな」ってのは御理解されたしかな? って気がします。

 とおりすがりさんはご存じでしょうから、そのへんご存じない他の閲覧者さんへ。

 タダテレビなんか見てるだけなら客にはなんねえのよ。むしろ宣伝広告経由で金払うか金動かすことを期待されてる具でしかないのよ。客になりたきゃ金払え。それしか無いんだっての。具の立場で物申すか客の立場で物申すかでは位相が違うんだ、ってのをよく弁えないと、今在る韓流推しの何たるかが分からないまま「ただ騒いでお仕舞い」になることを、よくよく理解されたし。

 そのへん踏まえた上で。フジ停波しないかなー。なんてな。

本当にKPOPや韓流推しがいちばんひどいのは
日テレの「スッキリ!」だと思うんだがどうだろう。

元々あちらの業界にあった番組内の大手事務所タレントに充てる枠に韓国人はめ込んだとか、企業はCMの時間にお金を払うけど韓国人は番組内の枠にお金を払っちゃった、っていう事でOKなんだろっか。

知らんけど。私の邪推です。

実家に帰っておふくろに聞いたら
「人気の無い奴の僻み」、「日本のドラマ、俳優全体が面白くない」、「韓国ドラマ、俳優は奇麗で演技力もあって最高」という意見が返ってきました。
竹島問題とかも「仲良く分けあえばいいじゃない」とかもう昔に通過した議論のままです。
韓流番組を見る層と見ない層のネット利用率とか、日韓問題への認知度を比較しててみたいですねえ。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 【告知】8月4日、『パソコン通信ナイト!』に登壇するみたいです | Main | 大沼 »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ