« 女性の社会進出って、穴を掘って埋めるような作業なのかしらと妄想 | Main | 「菅首相、正式に退陣表明」と、我が国の、このリーダーの安さ »

2011.08.23

木村剛、小畠晴喜(江上剛)、平将明ら各氏、回収機構に訴えられる

 当ブログ久しぶりのほのぼのネタであります。

回収機構、木村前会長らを提訴 「債権買い取りで重大な過失」
http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C93819695E0E1E2E18A8DE0E1E2EAE0E2E3E39191E3E2E2E2
回収機構、振興銀前会長らを提訴 債権高額買い取りで損害
http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C93819695E0E1E2E1968DE0E1E2EAE0E2E3E3E2E2E2E2E2E2

 破綻から約一年を経て、まずは回収機構からの提訴が始まる模様です。何しろ我が国初のペイオフ第一号という栄冠を勝ち取った日本振興銀行ですので、やはり数年かけてゆるゆると争ってきちんとした結論を出していただきたいと思うところであります。

 こうやって見ますと、惜しくも鬼籍に入られた三原淳雄先生のことを偲ばずにいられないのですが、旨い蜜を吸いまくった面白中小企業診断士の皆様や、何とかネットワークと称して不振企業同士で仲良く融資投資をぐるぐるしていた不思議経営者の皆様も、最終的に税金を投じられて処理された事態の重みを知っていただきたいなと思うところであります。

 もちろん、社外取締役各氏が正規の取締役会等で木村から銀行の経営状態や行おうとした巨額のディールの中身についてきちんと知らされていたのか、理解して経営判断をしていたのかという疑念は残ります。このあたりは、裁判でとことん争っていただきたいです。

 ところで、落合伸治氏はどこに逝ってしまわれたのでしょう。


« 女性の社会進出って、穴を掘って埋めるような作業なのかしらと妄想 | Main | 「菅首相、正式に退陣表明」と、我が国の、このリーダーの安さ »

Comments

そういや「キムキム×隊長」本描かず仕舞いだった
誰か描いたのかな

落合氏はアメリカで生きてます。10億ほどお金を持っているらしいですが、銀行に預けておくと差押をくらいかねないので、全額キャッシュで家の金庫にしまっているみたいです。

ガイエルさんの一軍登録について触れないんですか?

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 女性の社会進出って、穴を掘って埋めるような作業なのかしらと妄想 | Main | 「菅首相、正式に退陣表明」と、我が国の、このリーダーの安さ »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ