« そろそろ、日本政治もどうにかならないものかなあという思索 | Main | 事業意欲が強かった社長が、燃え尽きて会社を畳むまで »

2011.08.09

菅政権の「置物」、野田財務相が代表選出馬のために辞任するそうです

 ちょっと何言ってるんだか分からない。産経の飛ばしであることを祈っております。

野田財務相が辞任の意向 今日にも表明 代表選出馬へ
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110809/plc11080901390001-n1.htm

 もっとも、増税の橋頭堡を確保したい財務省の秘蔵っ子(といっても54歳ですが)とも言われ、ポスト菅の面々はいずれも増税には距離を置く立場ということもあり、”正統派”のポスト菅であろうとするならば確かに辞任しなきゃいけない局面だと言われればそれまでなんですが。

 でもいま財務相を辞めるってのはなあ。野田佳彦財務相の、大臣というよりは経済を見る眼の問題なのかしらという気もしますが、周辺にずいぶん炊きつけられて、いま日本経済のみならず、世界全体がどういう局面に差し掛かっているのか、そういう中で、ただでさえ指導力皆無の政権において財務相が辞任することの意味はなんであるのか、分かっているのかなあと心配になります。おそらく、状況は相応に理解しておられるのでしょうが、ことの重要度を軽く見ているように感じるんですよね。

 と、記事を書いている間にダウが500も下がっちゃって、こりゃ順調に拡大してきた世界経済の緩慢な死を間近に控えてシートベルトを締め直す状況なのかねえと感じる次第でございます、はい。


« そろそろ、日本政治もどうにかならないものかなあという思索 | Main | 事業意欲が強かった社長が、燃え尽きて会社を畳むまで »

Comments

まあ特例公債法案通ってからってことだし、特例公債法案通れば菅は退陣予定なんだから別に構わんような。
え、今やめんの!?とか思って記事読みに行ったら安定の産経クオリティでした。

役人にとって都合よく動いているだけですね。

世界経済が死んだと判断するのはどのタイミングですか?
隊長教えてー

飛ばし記事だったのか心変わりか知りませんが辞任はしないようですね。

野田財務相、9日の代表選出馬表明は見送り
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C9381949EE2EBE2EAE48DE2EBE2EAE0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;at=DGXZZO0195166008122009000000

びっぐにゅーす!

秘策ハマるか!?「捕手・ノリ」プラン浮上…横浜

スポーツ報知 8月9日(火)8時2分配信

 最下位の横浜で、中村紀洋内野手(38)を捕手で起用するサプライズプランが8日、浮上した。

 尾花ベイが総動員態勢に入った。現在、1軍捕手は新沼、細山田の2人だけ。ともに打力がもう一つ。勝負どころでは代打を送られることが多い。2番手捕手を使った後に突発的な故障が起こった場合、日米通算1989試合出場と経験豊富な中村にマスクをかぶってもらおうというのだ。

 もともと中学時代までは捕手。先月下旬から中日の小田からもらったミットでキャッチング練習を始めている。4日の広島戦(横浜)の試合前シートノックは、捕手として守った。尾花監督は「いざとなったら、いってもらうしかない。(元巨人の)キムタクみたいに。球を捕ってくれればいいんだから」と説明した。

 右の大砲として通算379本塁打をマークする一方、三塁手でゴールデングラブ賞を7度目獲得した守備の名手でもある。近鉄時代のキャンプでは球速140キロ以上をマークする強肩を披露。プロで捕手の出場はないものの、出場機会に飢える中村は「いつ何時(万一)に備え、全ポジションを練習するのは当たり前。キャッチャーミット、磨いときます!」と威勢が良かった。

財務所による増税演出とかさー。
日照りで収穫量が激減してるのに年貢だけはしっかり徴収していた頃のお代官様やお役人様と何が違うのでしょう。

ただでさえ少ないオアシスの水を権力を使って汲み上げたら飲める水さらに少なくなって苦しい思いする人大量に出るの考えなくても理解できるじゃんね。

野田の文春寄稿を読んだけど谷垣が書いているんじゃないかと思った。どちらかが首班の大連立(財務省)政権が近いかな。

 「一定の目処」

 福島第一に関しては、相変わらず目処などたった状況ではないと思うんですが、なんで菅総理辞める事になっているんだか。

 菅総理がここで辞めれば、民主党は、普天間に続いて、2代そろって、ほったらかし案件を首相がこしらえた事になりますが。

野田は財務省のパペット、パーなペットと財務官僚がほざいたとの情報入手。
谷垣も〃だろう。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« そろそろ、日本政治もどうにかならないものかなあという思索 | Main | 事業意欲が強かった社長が、燃え尽きて会社を畳むまで »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ