« インターンを無償のバイトで”使える学生選別の機会”と思ってる馬鹿ベンチャーの経営者ちょっとこい | Main | 【告知】9月7日、阿佐ヶ谷LOFT Aでイベントやります »

2011.08.15

フジテレビ&韓流問題の周辺にある課題に関する雑感

 まだ燃えているらしい、フジテレビの韓流押し。見るからにダルい話になっているようで、韓流には何の関心もない私も、あまりにも話題になっていて興味を持たずにいられなくなってきました。といっても、韓流そのものではなく、韓流にまつわるビジネスや環境について、なのですが。

 基本的にこのエントリーは耳学問であって、自分用整理を兼ねて書くもので、検証したわけではないので「ふーん」以上の反応無用。

(※ 本エントリーは8月11日に一度UPしたものを、関係者からのご指摘に基づいて加筆、修正して8月15日に再UPしました。ご協力、ありがとうございました。)

● 芸能へ人材流入を促す韓国経済と社会環境について

 基本的に韓国経済はヤバイ。サムソンが好調、とか、世界戦略で通商条約を結びまくって日本を先行、とか、そういう話があり、日本も好調韓国経済に学べ、という論調も良く出るけど、もともと地域ごとに閉鎖的で貧富の格差が大きかった(らしい)韓国において、貧しい地域から身を立てるには頑張って勉強してソウルいっていい大学入ってサムソン入るというのが夢。

 で、社会的に「認めてもらえる法人」に入るための教育や受験戦争が行われているが、当然のようにそういう成功者はごく一部であり、大多数はスタートラインにすら立てない。したがって、この手のストリームに乗れない人たちに対する成功へのパスのひとつとして、芸能関連やコンテンツ関連という窓口がある。

 韓国社会には各地域に結構な人数「芸能崩れ」という経歴の人々がおり、喰うために演技やダンス、楽器演奏などの文化的な技能を安い値段で伝授する仕組みが充実している。安い値段で芸を教える代わりに、うまくいったらマネージメントに入らせてもらうなどの口約束をしている出世払い話も多いという。成功した芸能人が、なぜこんな約束も守れないヤクザまがいの事務所の言いなりになっているのか、を紐解くとそういう話がいっぱい出てくるんだそう。日本もそんな変わらないだろ、と思っていたが、日本のそれとは全然様相が違って、ガチ真剣なんだと。芸能に対する気合いの入り方が違うと。日本と比較すんなと。あっそう。

 こんなのも参照。

韓国経済の対外依存度、金融危機時の水準に迫る
http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2011/08/14/0200000000AJP20110814000700882.HTML

● 市場規模の割にはでっかいパトロンシステムについて

 世間ではAKB商法だの、顧客から多くのお金を搾り取るシステムに賛否出ておりますが、それ以前に、芸能やコンテンツ制作においてはパトロンといいますかタニマチという制度が昔からありまして、これらの要素は陽に影に問題に影響しています。

 テレビ局のコンテンツは、上場企業であるというコンプライアンスの問題や、芸能事務所などに対する官憲の浄化作戦などを経て、相当程度これらの「副次的な収入」を除去する方向で来ましたが、結果として、コンテンツ単体でそれが当たったか当たらないかというのがシビアに判断される世界になってきました。

 昔であれば、事務所のごり押しや制作発注元としての「配慮」があれば、ある程度はお金が還流してきて、たとえコンテンツそのものがヒットしなくても二発目、三発目といったシリーズ化を通して認知度を上げ定着させるというような寅さん商法的なのもあったのですが、現在では製作委員会でマイナス喰らうと二度と組成できない場合も多く、非常に刺激的な状態になっています。

 むしろ、フジテレビという局は某格闘技の問題なども経て、比較的率先してこれらのグレーなところを排除してきた局だったように思うんですよね。ご存知の方も多いかとは思うんですが。

 で、韓流に関して言うならば、上記韓国経済の結構な問題とセットで韓国国内のパトロンシステムと結構密接に動いている部分もあります。「芸能崩れ」と書きましたが、日本ではもう忘れ去られたかのような芸能志望者を食い物にするシステムみたいなものもあるようで、とにかく海外(とりわけ日本)で売れなければ死んじゃうという決死隊の様相もあるんだと聴きます。

● コンテンツ制作におけるダンピングについて

 日本だけでなく、中国を含むアジア全域や、最近では中近東全体に対する韓国系コンテンツの増殖には目を見張るものがありますが、基本的には商流とのセット販売、よりぶっちゃけて言うならば、韓国が国策として、サムソンなどの国際企業(というより半官に近い、大航海時代でいうところの商館のような重商主義的組織)のモノやサービスを各国へ送り込むためのパーツとしてコンテンツが戦略的に利用されているというのは言うまでもありません。

 アジア某国では、本当に広告出稿とセットで韓国系コンテンツがセッティングされる事例が増えていると聴きますが、要するに「コンテンツを買って放送して、そこに広告をつけてテレビ局が商売をする」のではなく「金を貰って韓国系コンテンツを放送する。テレビ局は座ってるだけでカネが入る」という状態になってます。

 で、それがいかんのか、駄目なのかというとそうではなく、それだけ韓国は文化(的なもの)と商売を結びつけて、マーケティングを韓国系コンテンツとハードウェアやサービスに乗せる形で市場を開拓して、大量の物量を販売していくという戦略になってるわけですね。

 したがって、必ずしも韓国系のコンテンツを海外に販売していくのに「損益分岐点」や「正価」というものは厳密にはないのではないかとされています。政府の補助金ではなく、コンテンツの制作補助が韓国系企業から別で出ていて、そこで採算がそこそこあっている以上、コンテンツ業界が韓国系各社の競争力に驚くというのは重箱が二重になっているのを知らないか、単なる調査不足なんだろうと思うわけです。

 フジテレビがなぜ韓国系コンテンツを使ってきたかについては、ニセモノの良心でそこそこ解説されていますが、これはテレビ局目線であって、厳密にはユニクロに逝くのとは若干様相は違います。

CXは別に売国奴じゃない。みんながユニクロに行くようなもの
http://soulwarden.exblog.jp/14236392/

 韓国が戦略的に賢いのは、韓国経済が弱者であり、韓国のソウル以外の経済状態が壊滅しているので、それを逆にリソースとして海外へ売っていくための仕掛けとしてコンテンツというサブ業界をピックアップできたこと、そして国が直接支援するだけではなくて半官の世界的企業のマーケティングコストを上乗せさせて乗数的に輸出における販売効果を獲得していることが背景にあるのだろうと思います。

● コンテンツ業界の競争力云々について

 では、今回のフジテレビ韓流批判問題で露出したように、韓国のドラマが日本のそれより3分の1の価格で提供されているならば、我が国も3分の1以下の価格でドラマが同じクオリティで作れるように頑張ればいい、という話になるのでしょうか。

 結論でいうならば、他に価格競争力があるエンタメソフトが投入されたとしても、韓国はさらに提供価格を下げるだけではないかと思います。理由は、すでに他の韓国企業のマーケティング連動でペイしてしまっているから。

 ダンピング云々でいうならば、tiedのコンテンツ(ここでは、広告も韓国企業がついて、韓国ソフトが他国で放送されること)が彼らの通常兵器であって、じゃあパナソニックやら他の日系企業が「お前らフジテレビのコンテンツを海外に売れよ」という話が可能かというと、それはそれで敷居が高い話だろうと思います。逆に言えば、韓国みたいにある程度知的財産権や芸能人の人権観念が適当すぎる国でもない限り、こんな方法は取りようがないです。

 最近になって、知財本部や経済産業省がソフトパワーの競争力強化を目指してクールジャパンとかいう話を延々とやっておりますが、投資効率もさることながら、著作権の最適化や海外へコンテンツを売っていくための方法論なしに議論したって効果は出ないんじゃないのと思います。なんか60億ぐらいかけて会社作って日本のコンテンツを海外に売っていくんだという話をしていたようですが、そんなものは民間でやればいいです。

「「文化産業 文化産業」」立国立国にに向向けてけてー文化産業を21世紀のリーディング産業にー
http://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/mono/creative/bunkasangyou.pdf

 必ずこういう話をすると「じゃあ韓国やシンガポールやウクライナのように助成金を出せば良いのか」という話になりやすいわけですけど、何を目的にしているのかはっきりしないうちにリソースを投入するのはおかしいし、でももう実際に投入しちゃってるのだから困ったもんだなと感じるところで。

 そりゃあ、日本のソフトパワーというか日本系コンテンツ企業というものが海外向け競争力を高めていくということであれば、なおのことフジテレビが目先の視聴率狙いで韓国系コンテンツに頼るという状況は「競争力戦略がうまくいっていないことの証左」となるんじゃないでしょうか。

● コンテンツ輸出産業は非関税障壁ばっかり

 前にも同じようなことを書きましたが、クールジャパンのような日本製コンテンツのブランド力を強化することを役所が積極的にやるよりは、日本のドラマやゲームや漫画などがきちんと正しく輸入され、ビジネスとして成立させられる仕組みを早く作ってくださいよ、というのが本来コンテンツ業界が主張するべき産業政策のはずです。

 平たく書くならば、オンラインゲーム業界はまず中国韓国の各メーカーにアイデアをパクられます。ああ、議論としていうと、日本のドラゴンクエストだってウルティマシリーズのパクリだろ、段階的産業論とはそんなもんだ、という反論が出るのは良しとします。ただ、UIからシステムからすべてパクられるのはどうしようもない。

 漫画も絵柄も基本的にはパクられて、現地で売られて消費されている状況というのは、知的財産権の確保という見地からいうと頑張って勝ち取らなければならない外交的要衝というのは言うまでもありません。こんなこと、書くとMIAUからまた嫌われそうだけど。任天堂やコナミが偉大なのは、そういう政府が全然対応してくれないことまで自力でしっかりやって、頑張っているところなんですが、本来それは政府の仕事でしょう。

 次に、日本のゲーム会社が海賊版対策も含めてオンラインゲームを展開しようとすると、今度は中国では認可制だったりするわけで。韓国でも、いろいろと嫌がらせをされます。サービスそのものができないわけでね。自分の知る限り、この問題について真正面から取り組んでいる政府機関や関係者はとても少ないと思います。

 映像業界でいうならば、今回の韓流騒ぎはフジテレビに本来の罪はなく、単純に産業政策の失敗が原因なんじゃないのと考えます。日本のコンテンツ制作能力が充分な顧客を惹きつけることができているなら、こんな話にはなり得ないだろうという結論です。

● 韓流はなぜ叩かれるのかとかそういう話

 これも前にも似たようなことを書きましたが、フジテレビが言っている「韓流が稼ぐ視聴率」って、せいぜいF2の6%程度の代物です。確かに昼の時間帯で二時間にわたってテレビを観る人というのは… という感じですけれども、そういうターゲットにいままでソープオペラで流していたのはサスペンスとか情報番組とかコンテンツとしても微妙なものばっかりで、そういうものを観ている人は、そういう暮らしの人なんだろうと。

 とはいえ、じゃあそれは深夜番組のアニメと比べてどれだけの経済効果なんだといわれると、韓流の規模自体はコンテンツ全体でいえばアニメの4倍とか5倍とかの規模で、編成上無視できないけどみんな少数派であったりもします。

 では、これらのコンテンツが存在することに価値を感じない、いやむしろ否定的な人たちってのはどれだけなんだというと、韓流もアニメもコアなユーザー以外は結構な割合で「地上からなくなっても問題ない」と思っている人たちばっかりなんですよね。「観ない」というより「なくなって欲しい」と積極的に思っていたりすると。

 なので、「こういうものでも好きな人はいるんですよ」という説得がなかなか通じない。嫌われているわけですから。特に、コアだったりフェチだったりするコンテンツというものは、基本的に一般人から嫌悪感をもって遇されることもまた多く、ゲーム業界でも殺戮ゲーやいじめの描写があるゲームは、やはり各所から「おいやめろ」といわれてゾーニングの対象になってしまうのです。

 ウェブの世界になって、これらのゾーニングの垣根が曖昧になり、各々が持つ負の世界が赤裸々に見えるようになったいま、各メディアのコアやフェチ同士の緊張感というのは真の意味で一触即発の状態になっているんだと思います。ウェブ民の間では、mixiやアメーバはスイーツと言われますが、先方はウェブ民をヲタと言って嫌っているという図式です。

 細分化され、各々のエリアの好事家が集うメディアがたやすくアクセスできるようになった以上、どうしても、お互いのどうしようもない側面が見えやすくなってしまっているということですね。

● それでもフジテレビは叩かれる

 もし私が陪審員で今回の一件を裁け、といわれるならば、私はフジテレビに罪はないと判断すると思います。なんでデモまでやっているの。ただ、俗に言うウェブにおけるマスゴミ批判の文脈で言うならば、かつての毎日新聞が変態新聞と揶揄され続けたように、一定のルサンチマンがウェブには常にたゆたっており、ある種のガス抜きの対象としてフジテレビは格好の大きさだったという点で不運と言わざるを得ません。

 やはり、一番違和感を感じるのは、もうこれだけウェブが普及している状況で、いまだにテレビVSウェブの対立構造で見ている人が多かったり、妙な陰謀論に結び付けて自縄自縛に陥っている人がいることなんですよね。

 確かにドラマや映画などの制作については韓国に戦略負けを続けている現状はあるけれども、経済全体で言うならば相手は真の意味で敗者であって、ファイナンスができなくなったら本当にまた最低の状態になってこっち見んなって話で、じゃあお前らのコンテンツが良いって言うなら買い叩いて昼間にテレビ観ているような奴らにでもみせておくか、的な話じゃないのかと。

 そのうえで、クールジャパンとか言って政策論ぶってるのもどうかと思いますけれども。というわけで雑感でした。


« インターンを無償のバイトで”使える学生選別の機会”と思ってる馬鹿ベンチャーの経営者ちょっとこい | Main | 【告知】9月7日、阿佐ヶ谷LOFT Aでイベントやります »

Comments

コンテンツについては分かりましたが、スポーツ番組のテロップが韓日表示になっていたり、日本人アスリートより「スケートの某金さんを必要以上に取り上げたりする贔屓みたいな姿勢はどのような理由によるものなのでしょうか。

>海外(とりわけ日本)で売れなければ死んじゃうという決死隊の様相もあるんだと聴きます。

じゃあ死ね!!!
というのが根本じゃないっすかね、ガス抜きっていうのは完全な表現じゃないかなあとただの雰囲気論で語っちゃいますけど。
 
韓国=敵だから、敵勢力に文化や経済を支配されるのはマズイ、だからオオゴトにして叩け叩け、っていう程度がデモの中心だと思うし、それは最早ガス抜きのレベルじゃねえよなと感じる次第。
 
方法論についてはそれが効果的だったかはよくわかりませんが、まあ我ながらクソみたいな意見ですが朝鮮の黒の部分にホワイトが気をつけるようになったりして日本人の安寧は結果上昇するっていう昔からのネット啓蒙論が当てはまるんじゃねえかな、故に、別にいいじゃん、とか思ったり。

産業政策が失敗
→民主党が悪い
→民主党撲滅粉砕!!

ですな。

「コンテンツを安く買って広告(CM)を流して利益を生めばいい」てのはわかるんだけど、それって以前に隊長が指摘した大手新聞社とヤフーみたいな話にならないのかな?

第2回 大手新聞社が倒産する日
http://voiceplus-php.jp/web_serialization/information_business/002/index03.html

まぁ「報道と違って公共性の低い作文なんだから目をつぶれ」的な考え方もアリかもしれないけど、半官企業の紐付き作文って考えると、ちょっとゾッとするよね。

追伸:本題からズレたらごめん

この問題の本質を理解していないのか?それとも意識的に触れないのか?
韓国の国家戦略は日本の全ての文化的地位を貶め蹴落とし韓国が日本に取って代わる事です
問題なのは電通や放送事業者が国民の資源である電波を利用して日本を貶める韓国の国家戦略に協力している事です

韓国や在日の印象が悪くなる報道が少ないとは思いませんか?

中国と比べて見てください

最近もモデルを殺害した容疑者の
自宅のテコンドーの看板をフジテレビが故意に隠し問題になっています

韓国の国家戦略に従い韓国の印象を善くする洗脳まで公共の電波を使い公然と行われているのです

韓国の立身出世の最高峰はサムソンやLGへの就職ではなくて、移民を前提とした留学ではないかと。
良く言えば変化を受け入れられる、行動力がある国民性、悪く言えば、常に国内トップクラスの頭脳が流出し続けている国。

フジがサブリミナル効果とか使ってまで韓流押ししてる件や、違法な株占有率にまったく触れてないのはなんでじゃ!

キレてる連中は
韓国の番組が多いというそのこと自体よりも
それに付随する度を過ぎたステルスマーケティングで
頭キテルんだろうと思いますけど
そこはスルーですか

官製エロアニメが作れるくらいの度量がなきゃ、介入すべきじゃないと思うんだけどな。
クールジャパンとか言ってる人マジ邪魔。

韓日戦表記はアウェーの時の話しだし、サブリミナルがどうとか言ってる馬鹿は、フジテレビを語る以前に自分の知能について反省する必要があると思うのだが。

本当にフジテレビを批判してる奴に残念なのが多いな。

>韓国の国家戦略は日本の全ての文化的地位を貶め蹴落とし韓国が日本に取って代わる事です

>問題なのは電通や放送事業者が国民の資源である電波を利用して日本を貶める韓国の国家戦略に協力している事です

↑こんなことを平気で書ける奴って、どんな職業就いてるんだろ。Mixiでも実名晒してこんなバカバカしいこと書いているのも見かけるんだけど。

単純に貧乏な国民が生きるために芸事磨いてる話にすぎないだろうに、なんで韓国の国家戦略が他国の文化を貶める目的だとかいう話になっちゃうんだ?

相手は貧乏だからなりふり構っていられない、っていうだけだろうに。

ステルスマーケティングって、ちゃんとした証拠でも挙がったのか?

そんなこといったら、王様のブランチを中心にした情報番組や番組宣伝のロハでのタレント出しなんて、大金が動くステルスの最たるもんだぞ。

まぁ情報番組や番宣によるステルスマーケティング全体にうんざりしてるというのはあるかもしれない。
韓日戦は微妙なところだが、スケートの件とかも含めて「何かをプッシュするために他のものを貶める」という姿勢が見えるのは公共の電波を寡占してる保護産業としては許されざる事態だとも思う。
とはいえ、反フジテレビデモは状況をよく知らない大多数を敵に回してるだけだし、仮に上手く行ったとしても視聴率が落ちれば安定客層に向けた番組が増えるだけで結果として韓流コンテンツ率が上がるだけんじゃないかと。

まぁでも、テレビ局も淘汰される時代が来ないと質的改善はありえないだろうなぁ。

何とかしてフジの異常なまでの韓国押しの偏重報道を擁護し、フジテレビ批判の根本から焦点をズラそうとしているのがとても分かって良いブログだと思う。

韓流など人気があろうが無かろうがどうでもよい。
好きな人は見ればいいし、興味がなければ見なければいいのだ。

フジが批判されているのは、異常なまでの韓国押しと、不可思議な日本軽視が一視聴者として感じられる番組構成だからだ。

そしてこれは、意図があろうがなかろうが、実際にそう感じている視聴者が多いという「事実」が批判につながっているという事を理解しなければいけない。

例えば、報道として韓国の竹島不法占拠とそれを強化しようとする韓国の国会議員や、日本の国会議員を入国拒否したニュースや、日の丸を焼いたりしている反日行動などの「事実」を「きちんと報道できる」放送局なら、韓流を流そうが批判はでないのだ。

テレビ局というのは「バラエティー情報の為だけ」に存在しているのではない。
何のために公共の財産である電波を占有使用できる既得権益を持ってるのか?

金儲けのため?

それじゃ韓流に関係なく批判されても仕方ないね。

最後にもう一度、韓流は叩かれてはいない、叩かれているのはフジテレビである。

韓流ドラマやアイドルはどうでもいいんだけどね。

日本国旗はカットして韓国国歌は放送したり
ここは日本なのに「韓日試合」なんて表現したり
カツオの部屋にまで韓流アイドルのポスターがあったりすると

不快だったり不安だったりするよ。
なんか、反韓流コンテンツ問題にされてるけど。
毎日新聞騒動も「主婦が性的表現に怒った」ってことにされてたなあ。

>何とかしてフジの異常なまでの韓国押しの偏重報道を擁護し、フジテレビ批判の根本から焦点をズラそうとしているのがとても分かって良いブログだと思う。

こんな薄ら馬鹿のような書き込み、承認しなくていいんじゃないの。

フジの異常なまでの韓国押しって、韓国コンテンツの数倍ハリウッド映画放送してんじゃねえかよw

馬鹿にも程がある。

大変ためになりました。提灯持ちのプロモーションか、排外主義的な嫌韓かという感じで、今回のエントリのようにフラットな情報ってあまり見当たりませんね。隣国の話なのに。
フジの件は、マスコミの問題と韓国との軋轢の問題が絡まっちゃって、どう捉えたらいいか難しい問題ですね。

まだやってたの?つーか平日の昼下がりのドラマを止めさせようと本気でデモったの?

「コンテンツを買って放送して、そこに広告をつけてテレビ局が商売をする」のではなく「金を貰って韓国系コンテンツを放送する。テレビ局は座ってるだけでカネが入る」というのは、「それがいかんのか、駄目なのかというとそうではなく」ではなく、それはいけないし駄目だと思うんですが……。これが駄目だということにならないなら、もうテレビは完全にオワコンなんではないかと思ってしまいますハイ。

韓国の政府一体となったダンピングまがいのやり方やコンテンツは非関税障壁について指摘しているのにも関わらず、我が国の政府へは「クールジャパンのような日本製コンテンツのブランド力を強化することを役所が積極的にやるよりは、日本のドラマやゲームや漫画などがきちんと正しく輸入され、ビジネスとして成立させられる仕組みを早く作ってくださいよ」となるのが理解しがたいです。やはり価格の問題はとても重要なのではないかと思ってしまいます。

「ウェブの世界になって、これらのゾーニングの垣根が曖昧になり、各々が持つ負の世界が赤裸々に見えるようになったいま、各メディアのコアやフェチ同士の緊張感というのは真の意味で一触即発の状態になっている」というのはそうだと思うのですが、どっかの誰かが設定したゾーニングの垣根を越えて、嫌フジテレビという動きが起きているのは、単にゾーニングされた先が「見える化」されたからでは、ちょっと解せません。

だから、これだけウェブが普及している状況で、いまだにテレビVSウェブの対立構造で見ている人が多」いという違和感は、今までメイン武器はテレビ両手武器一本だったけど、今ではテレビとウェブの双剣使いになっただけで、これからも両手武器も使いたいですっていう人も結構いただけ――でいいんじゃないんですか。

一定のルサンチマンを抱えた云々に持っていくのはちょっと。まあそういう人も中にはいるでしょうけど、そういうルサンチマンを抱えてる自分のような人間がたいして動いてないようなのを見ると、実際は普通にテレビ好きな人たちが乗ってみたビックウェーブなんじゃないかと思いますね。21日に本デモがあるそうなんで、それを見てみるまでは完全に競馬の予想屋状態ですがw

フジの反応に瞬発力がないから煽ってる人が増えてるだけじゃないの?
一時期TBSも同じようなネタで騒がれたけど、後にしっかり視聴率に反映してたじゃないか。
岡村が、たかしが、とか騒いでる人もいるけれど、どちらもオールナイトニッポンの人だ。
テレビ、ラジオでご飯食べてる人たちの発言なんだから個人的にはそんなもんだと思う。

とはいえ、こういった議論がネットでしか行われないことは少し寂しい。
ブログとかに書いても書き手の主義主張が強く出てしまう。
フジは朝生みたいな討論番組作って視聴者のガス抜きすればいいのに。
だんまりのまま続けるとは気が短い人たちが次の手で攻めてくるから。
まぁ、どちらの味方でもないから見ていておもしろいからいいのだけれど。

ドラマは津田氏の云うとおり、昼間なら自力で数字を取るから。いいともとかバラエティー内、他人の数字に乗っかる方がファン以外に見ている者が多く、批判されてる。

興味深く読ませていただきました。
一つ疑問は、韓流ドラマに三星などのスポンサーがかなり後押ししているとのことですが、広告としてどうペイすると考えて後押ししてるのでしょうか。
現代ドラマだと、三星の製品を使うなどすればわかりやすいですが、韓流って歴史物なども多いですよね。韓国を売っておけば、めぐりめぐって自社もそのうち潤うというロジックなのでしょうかね。

ことの賛否はともかくこれだけのデモをテレビ局がそろって報道しないことに恐怖を感じます。中国や北朝鮮じゃないのに。

う~ん!今回の韓流の件にしろ、フジテレビは
たとえが悪いかもしれないけど、SONYみたいに
利益を上げて儲ける事に傾倒している組織だとみています。悪い言い方だとセコイ商売をしている部分も見えます。他局はドラマの再放送を昼間してくれていて、
見損ねた時に助かってますが、8チャンネルは無いですよね。見たいなら有料コンテンツでお金払って見て下さい。
ですよね!そういった所があまりにも見え過ぎて嫌いです。(*^-^)

ためになりました。
ただ、公共の電波についても考えてもらいたいです。

私は最初はデモはやりすぎかなとかおもっていましたが、反韓的な発言やデモを全く報道しない体制、政治家などが全然関与してこないことから考えるとあきらかにおかしいです。
どこの国だよ。
中国、韓国よりも言論封鎖してるじゃないか

フジテレビの失敗は浅田真央のファンを
完全に敵に回したこと。これが全てで、
これに尽きると思います。
嫌韓、捏造などあらゆる発端はそこかもです。
と・・・あくまで持論で失礼しますた。

テレビ、大手新聞がデモを総スルーな理由も論理的に書いてくれませんか?
別に私はこのブログを批判しているのではなく、
この疑問に対して、まともな回答を聞いたことがないのです。

一通り読んでみましたが、言いたいとは理解できますが、
私にとっての問題は、フジテレビの番組内容が、見ていて気持ち悪くなったことです。
自分が楽しんでいた番組で、脈絡のない韓流につなげる、放送作家等の無茶ぶりに、娯楽を奪われたものは誰に文句を言えばいいのでしょう。

私の問題は単純です。

韓流を押すなら、素直にCMを打って、番組の内容をわかりやすい韓流にしてほしいだけです。

ちなみに私の地元のKNB(日テレ系)のラジオ番組でも、韓流ファンタジアなる、韓流ごり押し番組あります。
聞いていて悲しくなるくらい、私にはアナウンサーの声が泣いているように聞こえる番組で、たぶんスポンサーはアシアナ航空あたりで、
ここまで来たか地方局といった感じで、淋しいものです。

素直にスポンサー名を挙げて番組してくれたら、聞き流しもできるのですが・・・。

本当に本当のスポンサー名を挙げてくださいTV局のみなさん。


総スルーな理由としては
表じょうでは報道各社やその周りの利権だが
それに隠れた形で民主党(自民党も似たの出したが)が出す人権侵害救済法案への批判避けが原因にあったのだろうと思われる。

視聴率、ビジネス重視でフジが韓流を利用したとしても
私の中ではフジ(と言うよりサンケイグループ)は
反韓、嫌韓の強いイメージを持ってます。
何故なら、小泉政権時代に強烈に韓国(と中国)を叩きまくった報道を流し続けたからです。
だから、フジが韓国に好意的という理由で叩かれてる事態に驚いてます。

>テレビ、大手新聞がデモを総スルー
何分間ぐらいかTVで報道してるのを見ましたが
なんと言うかデモに参加してる人達から何も感じなかったですね、多分行き当たりばったりの思いつきで行動したからでしょう。
それに偏った思考を持った2チャンネル住民のデモに共感する日本人は少ないでしょうね。
彼らは報道の情報を信用してないようですが、インタネットだってその気になれば捏造出来るのに、まったく不思議です。

視聴率、ビジネス重視でフジが韓流を利用したとしても
私の中ではフジ(と言うよりサンケイグループ)は
反韓、嫌韓の強いイメージを持ってます。
何故なら、小泉政権時代に強烈に韓国(と中国)を叩きまくった報道を流し続けたからです。
だから、フジが韓国に好意的という理由で叩かれてる事態に驚いてます。

>テレビ、大手新聞がデモを総スルー
何分間ぐらいかTVで報道してるのを見ましたが
なんと言うかデモに参加してる人達から何も感じなかったですね、多分行き当たりばったりの思いつきで行動したからでしょう。
それに偏った思考を持った2チャンネル住民のデモに共感する日本人は少ないでしょうね。
彼らは報道の情報を信用してないようですが、インタネットだってその気になれば捏造出来るのに、まったく不思議です。

エントリ読みまして、韓流ドラマファンがバッシングされてたときのオタクとダブって見えてきました。
ちと順番が違いますが。
一部の愛好者がひっそりと楽しんでいただけなのに、数字が出るからと陽の目が当たったら、バッシングを受けたと。
商売の論理&愛好者の論理vs道徳。

渋谷にいるとなんらかのデモって、反原発だの打倒民主党だの毎週のようにやってるので、それらすべてをメディアが報道する必要はないなと感じます。

「いやなら見るな」というテレビ側の反論に対して「いいテレビをみたいから言ってる」というウェブ側の反論があるらしいのですが、同じ情熱で「いい教育」「いい政治」「いい国際関係」のために発言行動してくれればいいのにと切に思います。
テレビなんてしょうもないもんみてないで。

棺流?韓流なんて=糞、日本人はだれも大嫌いだ!騒いでいるのは日本人の振りをした在日朝鮮塵だけだ 日本政府は日本に居座る腐れ棺酷朝鮮蛆虫を朝鮮半島に送り返すことが重要 居座るなら殲滅してしまえ!

フジテレビのデモに立ち上がった理由について。
私自身、ほんの少し前まで、韓流ドラマ見てました。面白いと思うものも・・・
しかし、フジチャンネルyoutubeで検索してから変わりました。反日・嫌韓・民主党・孫氏・正しい歴史・パチンコ数日検索して、デモに応援してます。
デモ皆さんも、ドラマやk-popが流れてるだけでは、こんな事態になってないかと!?
因みに韓国では、日本のドラマは放送できません。
論点がずれてすみません。

市民が怒ってるのは韓流ドラマを流す事じゃなくてどんな番組やニュースでも韓国韓国言ったり
それに苦言を唱えた人を干したりしたからでしょ。

これを韓国をプッシュしようとする団体や権力者による差別だと捕らえて怒り出した訳で
ビジネスとしてどうこうとかはちょっと違う話な気がするが。

どこの国がやってもこういうのは反発を受ける。出る杭が打たれるのが日本だといつか
書いてらっしゃった人もいたが。興味の無い人に無理やりプッシュしまくった上に
あらゆるものより韓流が人気とかでっちあげっぽい事までやり始めたんだから
異例の反発が起こって当たり前というか。しかも公共の電波でプッシュ式でなおかつ
無差別韓流プッシュ状態なのにそれを弁護する関係者の弁が公人らしくないのが火に油を注いだ訳で。
自業自得という他思い当たらないのだけど。

単純な話、キモオタがアニメを熱心に布教するのと、マスが韓流を熱心に布教するのは同じに見える。オタは興味のない人に熱心に布教しようとする姿がきもがられて居るわけで、マスが興味ない人に、毎日のように、韓流芸能の情報、特に、人気があるとか連呼する様は、流行っていないのに熱心に布教するオタと同じ。

あと、90年代以降は一部ドラマとバラエティを除いて、テレビ局はまともな番組作ってないでしょ。バラエティ・情報番組なんて9割番宣・広告番組だし。ドラマもジャニとかAKBとかに頼ったリメイクか原作があるものばかり。殆ど外からコンテンツ買って来てるだけなんだから、停波しても問題ないでしょ。そういうのやりたければネットで有料で番組売ればいいんじゃない。電波でやる必要性が全く無い。オンデマンドの時代にテレビの前に人を縛り付ける非効率性が収益を下げている原因だと思うけどね。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« インターンを無償のバイトで”使える学生選別の機会”と思ってる馬鹿ベンチャーの経営者ちょっとこい | Main | 【告知】9月7日、阿佐ヶ谷LOFT Aでイベントやります »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ