« いま、ロフトchでUST実況をやっております。 | Main | 怪鳥ヨネクラー、政府の混乱を激しく叱責 »

2011.07.07

海江田さんが経産相辞めるとかって話があるようですが

 打ち合わせの主役が帰ってこなくて5分ぐらいヒマができたので新聞サイト眺めてたら、なんか海江田さんが自分の責任問題に言及しちゃうとか凄いことになってて面白かったわけです。さあ、5分でエントリーが書けるかな。

海江田経産相、「いずれ私も責任取る」と明言
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110707-OYT1T00509.htm

E7f18580

 もういろんな人が言及されているので軽くしか触れませんが、今回の福島原発と、菅さんの「政治決断」で運転の中止が決まった浜岡原発以外の原子力発電所については、所在県や市町村の自治体との問題も色濃く、文字通り沖縄の米軍基地移転問題みたいなもののツブがたくさん全国に広がっている形になっております。

 一番マズいのは、「原子力発電所は安全です」と言っておきながら、「その安全性をこれから検査します」とか、落語でもあんまりお目にかからないような発言のダッチロールが現在進行形で発生してしまったところであります。安全じゃないということであれば、何故稼動させなければならないかというロジックの組み方も変わってくるだろうし、現実問題として原子力発電所が全く稼動しない、すぐにでも脱原発をするとは民主も自民も党としては言っていないのだから、もう少しやり方があったはずなんですよね。

経産相、ハシゴ外されメンツつぶされ…新指針
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110707-OYT1T00234.htm

 たぶん、この解説記事が全てなんだろうと思うんですけれども。是非、海江田さんには辞任最後に盛大な打ち上げ花火を上げて菅さんや党執行部と真正面から愚弄恫喝激昂脅迫するなどして、華々しくも儚い印象的な去り際を見せ、立つ鳥あとは野となれ山となれの精神で頑張っていただきたいと存じます。

 それにしても、あれこれと問題が収拾つかなくなった結果が海江田さんの責任取る発言になって、なんだよお前も辞任示唆すんのかよ、菅内閣は責任者が誰もいなくなっちゃうんじゃないのということで。まあ、ここまでグダグダになるとは思わなかったんですけど、その横で鳩山さんが変なことをいうのでますます見栄えが悪くなってきております。普段は重要なことをいろいろ忘れるくせに、菅さんが辞めるといったことは覚えているんですね。

鳩山前首相「菅首相のレームダックは当然」「日本は国難のど真ん中」
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110707/stt11070712200004-n1.htm

 もちろん、お前が言うなとか、馬鹿は静かにしていろという野次は控えたほうがいいんでしょうが、一応前首相ですので慎み深くご説を好意的に理解しますと、客が来たのでこの辺で失礼いたします。


« いま、ロフトchでUST実況をやっております。 | Main | 怪鳥ヨネクラー、政府の混乱を激しく叱責 »

Comments

奸チョクトが、全部大臣職を兼任すればいいんだよ。

菅内閣にも文章にもクソワロタw

まぁ、誤魔化してきた現実が顕になっていいことだと思う。
民主党政権のグダグダさだけじゃなく、結論ありきでしか動けない行政庁の欺瞞とか、長期政権を担った自民党の政策担当能力の低さとか、今まで先送りにして蓋をしていたことが表に出てきた。
苦しくなるばかりだけど、さらに先送りするよりはマシだった。

つーか現実問題として、こと原発問題に関しては"あの"海江田が一番まともに働いてるわけで、当座は海江田にケツ拭いて貰わないとホント困るんだけどなぁ。
官邸としては旧政権がほざいてきた嘘八百との整合性とか、これまでまともな安全評価が全くされてこなかったのはガチで危ないんじゃねとかあって、欧州基準の安全性で再評価するということ自体はそりゃ確かに必要なんだけども、海江田への後ろ弾にならないような配慮くらいしてやれよというかなんというか。
遠からず政権奪還するであろう自民党がすっかり責任能力のないてんすの集団と化しているので、せめて今のうちに原発の安全対策だけでもきちんと道筋を付けておいて貰いたいものです。真面目に。

ここで、松本ドラゴン再登板!
とかになったらやまもといちろうさん大喜びだろうなぁ。

すげえ、まだ自民党<民主党と思っている
お花畑が存在するのか

しかしここまで閣内で調整とか微塵もしてないとは

やまもとさんがHPの配色換えたら収拾つかなくなったという話があるようですが

その話は置いといて、偶然にも本日の国会中継を見ていたら、総理の答弁中に自民党の質問者(マツゾエの元嫁)が委員長に詰めよるシーンがあって、総理が一人ポツリ答弁者席でボーっと立っいている場面があった。

その後、質問者に騒ぐな・答弁者にマトモに答えろと注意があったが、既に国会では「総理大臣のようなもの」
の扱いとなっているようで、何とも言えない場面でありました。

委員会中に総理が寝ていて注意を受けていた、あの頃は平和で良かったなと思い出すのであります。

尖閣の時も、原発事故の時も、一貫して誰かに責任押しつけてやってるように感じますから、菅さんの得意技でしょうか。
首相就任当時、ある人から、薬害エイズの時、責任曖昧にして終わらせたから信用できないと聞いてたんですけど、いろいろ対応みてると、まさにそういうやり方ですし、ダメですね。

グダグダやったあげく、解散するしかなくなって、解散、となるはず。菅さん、解散をカードとして、好き勝手やってるみたいですし、どの道避けて通れない道として、被災者に覚悟を決めてもらうしかないんでしょうか。
解散やるならやれ、どんな悲惨な目にあってもしらんけど、みたいな気持ちでやらないと、アレは相手にできないって事なんでしょう。

ところでリンクが地色に埋没してる件について。

見にくいですぅ隊長、じゃないお留守番約の「やまもといちろう」さん。

連日、日替りメニューのようにどうしようもなく悲惨な知らせが聞こえてきて、もう情報処理が追いつきません。
ゲル総統とヨーダ長老に頑張ってもらって、史上初の内閣不信任案再提出をやってもらうしかないのではないか、などと本気で考えてしまいます。

河野太郎が5月に「ストレステストやるべき」って言ってんだよね。
www.taro.org/2011/05/post-997.php

これに従って、2か月前にストレステストやってれば今回の「安全宣言してから安全性調べます」問題は発生しなかった。

海江田様 おつかれさまでした。
 与謝野馨氏の玉突きで、経済産業大臣になったとき「人生は不条理」と言いました。
 これまで、数々の「不条理」(ほとんど表に出ないもの)をこらえて、淡々と与えられた役割を果たされてきたのは、驚嘆に値します。
 ぜひ、早い機会に「回顧録」が発表されますように。

 

 世の中、何かカン違いしているようですが、

 あの時点で、原発安全宣言をするような人間は、普通に考えて頭おかしい。

 フクシマ、いまだにダダ漏れなのに。

 日本には、この先30年くらいは大きな地震は来ません、と言うくらいの理由でも無ければ、なにか事がおきれば始末におえない原子力は、日本じゃ無理でしょ。

 九州電力のメールも、実に良いタイミングで暴かれ、なぜか、ついでに経済産業省のインサイダーまで暴露されて、何ともグッドタイミング。

 なかなかやるな菅総理。

 今更、なにをどうやったって、もう誰も、電力会社・政府・官僚を信じる人間などいない。

 もう人々は誰も何も信じていませんが、何故か「菅総理」だけ、まじめに「ストレステスト合格せんのに再稼動はおかしいんじゃネ」とのたまう。

 でもその場合、代替手段は?と言うのが一向に示されず、これでは、総理についていく人もいない。

 そこで提案です。

 今は不在にされているようですが、ここはひとつ「隊長」に政府の一員として立って頂いて、「地震が来たらアボーンするかもしれんが、この前あったばっかりだから、しばらく大丈夫だと思うよ(根拠は無いけどね)。だから再稼動OKね」と、のたまって頂ければと思うのですよ。

>客が来たのでこの辺で失礼いたします。

この墜とし方はgood.
それにしてもこの総理は、今やテロリストですなあ。「首相はスパイ」なんて英国ミステリーがあったけど、テロリストってのは近代史始まって以来ではないかと。
 テロ総理、菅直人。まさに全共闘の成れの果て。団塊世代は猛省して欲しい。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« いま、ロフトchでUST実況をやっております。 | Main | 怪鳥ヨネクラー、政府の混乱を激しく叱責 »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ