« 【書評】『情報社会のいま あたらしい智民たちへ』(公文 俊平・著)ほか | Main | 被災地ほっといて不信任案というのもなあ »

2011.05.28

孫正義さん@ソフトバンクの新電力事業、「関西広域連合」との発表資料が馬鹿すぎると話題に #ganbarojp

 モバイル事業の借金も満足に返さないうちから、より大きい風呂敷を掲げてさらにチャリンコを漕ごうという意欲が垣間見える孫正義さん率いるソフトバンクですが、何故か電力事業への進出を定款に追加、本腰で採算が取れるかどうかもまだ見当もつかないソーラーパネルによる事業案を発表しようとしています。

 ただでさえ繋がらないソフトバンクモバイルの体たらくを無視して電力事業にうっかり進出したら、「世界で使えて自宅が圏外」どころか「原発ないけど自宅で瞬電」が頻発しそうな気がするわけですが。

ソフトバンク、自然エネ発電を事業目的に追加へ
http://www.nikkei.com/tech/news/article/g=96958A9C93819696E0E5E29A998DE0E5E2E7E0E2E3E38698E0E2E2E2;da=96958A88889DE2E0E2E5EAE5E5E2E3E7E3E0E0E2E2EBE2E2E2E2E2E2
ソフトバンクがメガソーラー事業、19自治体と協議会設立
http://www.nikkeibp.co.jp/article/news/20110526/271564/

 で、関西広域連合という一時代まえの暴走族のような不思議団体がでっち上げられて、そことの共同事業をソフトバンクがやるという建て付けであるようで、なんか資料が発表されたということで回ってきたんですけれども… 何でしょうか、これは。

自然エネルギー協議会
http://minnade-ganbaro.jp/res/presentation/2011/0526.pdf
関西広域連合がSB謹製資料を発表した
http://togetter.com/li/140971

 ええと、電力事業に参入するなとか、原発批判けしからんとか、そういうつもりは毛頭ありません。でも、なんですこの資料。裏づけがないとかってレベルじゃなく、詳しくない人たちに期待を持たせて美辞麗句でどうにかしようという典型の話ですわね。

 新味があるとすると、各自治体からすると放棄された農地は一円も地元に資金を落としませんから、これらの用地に電力パネルを勝手に設置してくれて運用して、管理業務を担う雇用も含めて電力や税金を地元に落としてくれるのであれば、悪い話ではないかな、という程度のお話だろうと思います。

 モデルケースとしては、四国電力の松山太陽光発電所なんだろうと思うんですが、試験的設備とはいえ、それなりに充実した機能を持っています。今回の関西広域連合とやらの資料では、この発電能力を遥かに凌ぐ合理的な発電事業を実現できる話になってて、何を根拠にこんなことを言ってるんだろうと感じるわけですが。

メガソーラー発電所の導入について
http://www.yonden.co.jp/press/re0901/1173659_1059.html

 要するに、通信事業が好調なうちに、より大きな風呂敷を広げられる事業へ進出していきたいという話であり、福島原発へのムーブメントがあったことによる反原発ポピュリズムを「光の道」で失敗したように展開したんだと思いますが、奇しくも東京電力とソフトバンクで手がけたスピードネットと同様に「大義名分は立派だけど画餅」というのは公共事業においては厳に慎んで欲しいと感じます。

 変なことをやってソフトバンクが潰れるのは自由、と言う論調もあるようですけれども、道連れになるのはみずほ銀行でありまして、公的資金でも注入される事態になればケツを拭くのは日本国民であります。いまソフトバンクの資金調達に簡単に応じるような海外からのホットマネーなどあんまりないでしょうからねえ。

 また、自治体からの支援金をアテにするのなら復興費用は日本企業にちゃんと回して欲しいですね。日本国民の税金ですし。京セラから買うとか。間違っても、安いからと言って韓国企業の電力パネルを大量購入して復興需要を海外に流す窓口のような売国機能にならないようにお願いしたいものです。

 いずれにせよ、せっかくヤフーやiPhoneの好調で借金返済の道のりができそうなところで、くだらねえ事業案に邁進して民主党へのロビー活動をするぐらいなら、孫さんは早いところ後継者を育成して自分の手金でやってください。


« 【書評】『情報社会のいま あたらしい智民たちへ』(公文 俊平・著)ほか | Main | 被災地ほっといて不信任案というのもなあ »

Comments

うん、まあ、S社さんが怪しげなのは重々承知の助ですが、電力会社からいくらもらったのという書きっぷりですねえ。
「原発ないけど自宅で瞬電」とか、電力事情がお粗末な米国中国にいいようにやられている現状でこの発言はお粗末極まります。

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-21446020110531
一方、原発のせいで輸出はどうにもならなくなりつつあり、輸出担当者の不満は募るばかり。そのうち経団連も手のひら返すんじゃないですかね。

まあ、山本社長とされましては、輸出がどうなろうと知ったこっちゃない電気よこせ電気、なIT屋を前面に押し出したポジショントークなんでしょうね。

ソフトバンクのやり方がよろしくない部分があるのは、よく分かりました。韓国からパネルを買うな。。というナショナリズム?は、ちょっと怖いです。日本は海外に製品買ってもらって、富を得ているのに、その逆は駄目というのは、あまりスマートな意見ではないですね。
それに、そういった閉鎖的な保護は長い目で見たら、必ずしも産業を強くしないと思います。自由競争に勝てる企業になるために努力して、太陽パネルで負けたなら、他の産業で勝つためにがんばった方が、日本もそれ以外の国も幸せになると思います。

アホ?

『PVみたいな非効率なものに投資するなら
せめて国産品を調達してください』

っつーことだよ

、菅さんはあちら様?

朝鮮難民2世の孫は、自らを大陸系の朝鮮人と自称する。純朴な農耕民族で
ある日本人を弄んで、国民の血税を元手に、政治家にその裏金を供与し、
新たな利権を我が物にして来た。
最近ではその懐柔手段を一部のニュース番組キャスター(TBS朝ズバ)に
まで伸ばしマスコミを好きなように牛耳っている。
ソフトバンクの金撒きのすごさは朝鮮総連の裏パイプを活用し裏金を政治家に
送金しているところだ。
現政権の菅は、日債銀の破綻時に2000億円の巨額資金をソフトバンク他に
融通した。孫はうまく国民を騙し株を売り抜いて数百億円の資金を元手にし、
政治家を介して不法にも日本テレコムやボーダフォンを買収した。
その菅が、今度は地震災害や原発事故に託けて、”ソフトバンク再生保護法案”
(再生可能エネルギー法)を掲げ、国民に「42円/1kW買取りサーチャージ」
の増税(国民1人月579円)を課せ、その税金を元手に政府補助金として孫に
不正供与し、その見返りに党首への政治資金を捻出しようと企んでいる。
菅さんは、被災者を蔑ろにして、孫の裏金作りや横領に協力し、贈収賄や血税を
私利私欲に使う事だけに国会で奔走しておられる。呆れたものだ。
こうした民や国土を騙し私利私欲にひた走る孫や菅は、いづれ地獄の神から怒り
の洗礼を受けることになるだろう。

太陽が降り注いだ分だけ発電すると思ってるんだったらアホ過ぎる。
半島産の変換率知ってんのかよw
安いから半島産買えって自分のアホさ曝して嬉しいんですかね?

日本の輸出がGDPに占める割合を知ったら
『日本は海外に製品を買ってもらって、富を得ているのに!』
なんて言えない言えないw

日本は内需国家。そして超円高で海外は日本製品を買ってくれないんですけどね!
ってことは、輸出だ規制緩和だしてたら貴方の職がなくなりますよw

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 【書評】『情報社会のいま あたらしい智民たちへ』(公文 俊平・著)ほか | Main | 被災地ほっといて不信任案というのもなあ »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ