« 【日刊】泥酔の日々 | Main | ソラノートとかフランチェス子女史とか揉め事関連のメモ »

2011.04.23

日本の我慢と過疎問題

 最近、海外メディアの日本関連記事で「そう見られているのかw」と思うような内容がとても多い。確かに、日本社会や日本人は特殊なのかも知れん。海外の連中に言わせると「うちの国なら、とっくに暴動が起きてる」ということのようなのだが。

Silenced by gaman
The world has admired Japan’s stoic spirit. But there is a worrying side to it
http://www.economist.com/node/18587325?story_id=18587325

 暴動が起きない理由は、日本人の特殊性に加えて、若い人が少ないからというのもあるかなあと思いつつ。

 twitterでも指摘されたけれども、福島の原発問題と、沖縄の在日米軍基地問題というのは、ある種の過疎問題というか、僻地や前線を機能的に選んだ結果、なし崩しに決まってしまったものがもう動かせなくなっている、という表面張力のような緊張感を持っているのかなあと思う。都市部より遠いところに原発があって欲しいし、首都より遠いところに前線があって欲しい。だから、最終的に国民の総意ではなくとも何となく合理的に考えた結果、青森には核のゴミ箱ができたり、沖縄には米軍基地が居座ったりする。

 これをうっかりどかそうとすると大変なことになる。ある種の慣性が働いているといっていい。軌道修正が出来ない。これ、施設とか目に見えるものばかりではなくて、憲法9条にしても、護憲だ改憲だと騒いでわあわあ言って、いまだに一文字も変わらない現状があったりする。どうなんだろう。

 大企業の昇進システムやら企業風土やらも同じ、プロ野球の体質も地方自治の現状も、どうも「なんとなく」の空気感で、同調圧力があり、それに背くとKYと呼ばれ、うっかり出過ぎると叩かれる。真面目に議論をしないので、制度を変えないための先例主義みたいなのが跋扈してしまう。

 いや、先例がいけないって言ってるわけじゃないよ。でも、その先例が不合理だったら修正をかけましょう、というのが進歩だと思うので、そこに何らか議論が挟まって然るべきだと考えるのだ。だけど、東電にせよ他のあらゆる行政改革にせよ結構似たメカニズムで改革の機運が萎え、合理化の芽が摘まれてきた事実はみんな良く知ってる。

 しかも、これって既得権益とかそういう文脈だけの話じゃない。片田舎の役所でも都会の企業組織でも役職に権限がついて稟議がある限り必ずついて回る問題だ。意志決定における、非合理性の問題、それが日本が伝統的に抱える病理なのかも知れん。

 それが外人からすると我慢に見えるのだろう。我慢なんかしてないんだけどね。何か余計なことをすると叩かれるだろうから、なるだけ目立たないようにしている人が多いというだけで。マナーもそうだが、何か目立つことをして顔バレして親に泣かれたり村八分になって生活が出来なくなるリスクを考えると”普段どおり”行動したほうがいいと考えるだけであって。

 まあ、それを外人は気にしないからデモや暴動が起きるんだろうけどね。

 「お前はブログなど更新している場合か」と突っ込みをいただきそうな状況なので、ひとまずはこの辺で。


« 【日刊】泥酔の日々 | Main | ソラノートとかフランチェス子女史とか揉め事関連のメモ »

Comments

原発問題はある意味だれでも知ってたわけで。

それにくらべれば、どこかの銀行のやり方のほうが問題では無かったかとw

つまりブログ更新も我慢ですね。わかります。lol

 若い人が少ないってのはあるかも。

 あと、沖縄は僻地だからってんじゃなくて、あそこが地政学的に良いところだからでは。青森が僻地なのは明らかですが。

うわ、圧力を訴えかけるのがウマい
別に一般人は東電を叩いたところで村八分にはならないけどねwww 恐々とするような類のことでもないし、いくらでも抗議すればいいんじゃない? まあ、暴動なんて無理して起こさなくても、いつか誰かが東電のアレとか通産省のアレと保安院のアレを●●してくれるさ。あ、これは別に暗殺の推奨じゃないよ?
我慢してないが、抑圧はかかってるという隊長の理論を借りれば、抑圧の表出はヒステリーだわな。合理的な怒りではなく、もっとヤバいやつ
でも、いままでの中途半端なお祭り騒ぎみたいにウヤムヤにもならないね。若者の政治離れにも歯止めが掛かってるし、これで不満のはけ口は定まったわけだ
まー、どうにでもなれや

しかし隊長殿、既得権益を分けたのがウマい。年功序列が中途半端に残ってるのも、外部取締役を呼べないのも、官民癒着の独占体制を崩せないのも、すべて既得権益とは関係のないことさ。国民ひとりひとりに還元すればね
ボトムアップの改善などと謳って、責任を自分たちに自虐的に被せてきた我々の卑屈さが、いまの停滞感につながってるんだろう

いや、隊長ってば慧眼だぜ。つまり抑圧に縛られてちゃ世の中は改善されないと、ツンデレ式に訴えられてるわけですね! すっばらしー

そしてここでも過疎問題はいつのまにか置き去りに。

同調圧力が強いからってのは日本人なら誰でも思ってそうだよね。
外国に比べて住民の同質性が高いからこそ。
あくまで周りの人間が自分と似たような行動をする、してくれることが前提になってる。

移民とか入れて在日外国人の割合を5%くらいまで上げれば
「日本の国民性」とやらのほとんどが、あっさり崩壊すると思うんだ。

サービス残業を強いる空気も一緒に壊してくれるかもしれんけど。。。

利己的に考えて、現状では変にもめて混乱をおこすより平穏にしていた方が得だと考えているのでしょう。

外人さんはそうは思わないからガンガンいうんでしょうね。現状に満足いかないから。声を上げたほうががまだマシだと。

我々は自分達が考えるより、とても豊かなのだと思います。

(・∀・)アヒャ!!

>お前はブログなど更新している場合か

気にしすぎです
go ing my wayで!
最近丸くなったなあ
既に切込じゃないと言わせて頂きまつ

でもなあ。合理化しないと結局あとで自分や自分の子孫が困るわけで、そこらへん反発があっても反対勢力なんざ撃滅してしまえという気概でなんとかこの閉鎖的な状況を打破できないものかなあと。

>外人からすると我慢に見えるのだろう。我慢なんかしてないんだけどね。何か余計なことをすると叩かれるだろうから、なるだけ目立たないようにしている人が多いというだけで。

NHKの番組でサンデルが日本人の震災時の行動を「グローバルコミュニティーにおける共通善の規範にすべき」といった内容を主張していたが、日本人を支配しているのは「世間」と「空気」であって、「共通善」や「公共」といった論理とは全く別ものである。

んじゃ、みんなで我慢しないで独裁者を選ぼう。
きっと酷い目に遭うけど、みんなが嫌だなぁ、と思っている旧態然としたゴミは片付けてくれるよ。

日本ってアスペルガーっぽいな
日本人じゃなくて世界と比べて日本が

日本は、貧富の差が国際的に小さいし、貧乏の方が気楽に生きられるようになってるからだと思うぞ。ただね、今まではw

東北を、復興する復興するとかいってるけど、財産が保全されかどうかでしょ。銀行預金のような財産ばかりの人は、土地を離れているだろうし、土地や地権的な農業漁業の営業権がある人は、土地に残って、これがどうなるか心配しているわけで、もし、そこが保全されないなら、激怒するとおもう。で、政府が考えているのは、家を建てなおしてあげることで、大人の金の問題なんか、さっぱりわかっていないみたいだ。

あと、落ち着いてくれば、原発で働いている人たちの全国規模の労働争議はあるだろうね。実は、今まで貰っていた分は安すぎていたって、これからは、もっとよこせってなるだろうね。

なので、隊長が予感している2ヶ月後に、海外もびっくりするほど、激怒している日本人たちが現れてくるとおもうよね。ライブドアどころじゃないなwww

ずーーーーと、ガマンしていた、子羊たちも、キレたら、そりゃーーー、外国人より怖いよ。間違いなく。

我慢強い、、、
日本は開国はしたけれど、最近までずっとhomogenerous nationだった事も一因じゃないんでしょうか、、どうでしょう?
多民族国家に、阿吽の呼吸は有り得ないでしょう。

今まで大学の授業期間中でもいきなりキャンパスで演説して先生と事務に囲まれる奴がいたんですよ。
でもここ数年みない。たまにデモがあっても参加者に学生がいない。
大学の地道な活動が実を結んで、変なデモに参加する若者が減ったんですよ。大学内は平和になりました。
学校で日米安保のデモが失敗に終わった経験を学んでいる若者がデモする気力なんて起こせるんですかね?

本論とずれますが、東北出身者としては親、祖父母世代を見るとよく我慢しますね。北海道出身の友人が冬でも家の中では半袖だよ言ってるのは強がりだと思ってたけど断熱がしっかりしてて暖房もがんがんでほんとに暖かかった。合理的と思った。東北は寒いのに炬燵に寄り合って過ごしてしまう。過疎が進んだ今に限らず昔から繁栄を経験したことがないけど黙々と魚取ったり畑を耕したり。そしてこうした日常を「我慢している」とすら意識してないようで。大昔からの東北文化かもしれません。で、支援や取材に入った人からは我慢強く見えるんでしょうね。そんな地元が好きですが、今回の震災はこたえます。さすがの親も支援策が遅すぎると嘆いてました。

そうですよね。民度が高いわけがない。

まだまだ良くも悪くも村社会の監視社会なだけ。だから福島虐めなんて起きる。でも其が平和と秩序を担保もするというジレンマ。

戦前の危険な付和雷同の尻尾。リソースない過疎地方なら尚更。暴れたくてもご高齢は気力がない、若いのは現実逃避。

災害問題の正体は生計生活圏問題。

政治家は選挙で落とせるから 市民は抗議として行動するが
地方役人、官僚、大企業のお偉いさんは市民の手で落とすことできないね。
デモしても落とせるかわからんし マレーシアには官僚の不正を市民が監視し密告し落とすことができる制度がある 
オセロの角に居座り続ける日本とは違って この辺が日本の制度の欠陥だと思う
毎週デモして変わる気しないし、マスコミは取り上げないし マレーシアのような制度ができればなあ

http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/139268061f210fdadcfc993733c68582?fm=rss

>土地や地権的な農業漁業の営業権がある人は、

いままで莫大な補助金が注ぎ込まれていた産業を復興させても無意味。

若い人が少ないって1億2千万超の中の比率の問題で
日本は若い人の数でいけばそこらの国よりたくさんいますよ?
フランスもイギリスですら人口自体が日本の半分程度ですし。
それらより小さい大抵の国は日本より若者の実数は少ないです。

そもそも犯罪発生率から見ても若い人よりも年をとった人の方が日本では凶行が目立つので
年寄りの比率が防波堤になるなんてのもアテにならないです。

むしろ海外なら老害といわれる政治家連中に怒りまくる所でしょうし・・・

日本でも襲撃騒ぎをしてた時期がありますが偏ったイデオロギー騒動の産物です。
若い人が多ければ暴動とかはちょっと違うのではないかと。

そもそも、暴力で何かをするという考え方が根底にあるかどうかというのがベースでしょう。
海外の場合は若者が暴れ易いんじゃなくて最初からフーリガンとか労働争議とかで暴れてるんです。
あと大量移民問題も大きい。欧米でも移民系は混乱時に暴動に走りやすい傾向があります。

そういやこういう歴史学の説を思い出した。

男性の識字率が50%を超えると、社会が不安定化する。(暴動、争議、戦争など)
男性の識字率が90%に近づき、女性の識字率が50%を超えると、社会は落ち着いてくる。

今の日本は、日本語に関する限り事実上識字率はほぼ上限に近いので、その意味では安定してるかもしれない。今後英語力の有無で所得格差が生じる可能性はあるが。

それと、米国の社会学者の調査だったか、
「エアコン(冷房)の普及率と、暴動、争議の頻度は反比例する。」
熱帯夜が続いて、まともな眠りが取れなくなると人間苛ついてくるので、それが何らかのきっかけでバースト。
今年の夏、やっぱり電力不足で、夜中にエアコンが切れたりするのが頻発すると、暴動が起るかも。
大阪の岸和田とか三角公園は10年くらい前までパトカー燃やされたとかよく聞いたような記憶があるが、最近はどうなのかな?

違う人がいると、自分達の和を乱すと、徹底的に叩いて、見せしめにしたり、場所にもよるでしょうが、学校からして、そういう社会ですし。大人の社会になっても、目立つマスコミからして、朝青龍、国母問題でも、人の事をあーだ、こーだと、外見程度で、ものすごい妄想し、全否定する感じで非難しますし。
批判は徹底的で、ズレてますし、みんな非難というのか、発言力ある存在に恐れているような。結果、様々な意見が表に出て、様々な議論ができない。
グローバル化で世界基準でやるわけですし、意見を表に出して、お互いに考えが違っても、ちゃんと議論できるような環境をつくって経験させないと、ずっと続く気がします。
政治家になって失言繰り返す人々が当選するのも、それまでに、その人の政治、政策に関する意見、対立する意見との議論がないから、いきなりぶっつけ本番で、そんな感じになるのでは。

って言うか、隊長は何で我慢してるの?
それとも別に我慢してないの?
客観的な評論もいいけど、

あなた赤ちゃんいるんでしょ?
(本当だと信じているけど)

若者がいない、とかじゃなくて
隊長のような人はが立ち上がらなきゃいけないんじゃ?

お前がやれよクズ、とか言っている場合じゃなくって

あなた俺たちの隊長だろう?

頼むぜ。。。


そういえば暴力団が復旧や見回りを手伝ったり暴走族が解散してボランティアになるという話もあるね。
日本では天災は頻繁に訪れるもので諸行無常や謹慎期間と捕らえているのかも知れない。

この期間は自粛するべき時期なのだ。だから何か活動するとしてもその自粛明けにするべきとなる。
菅降ろしすらも自粛されるのだ。

天災と長年付き合ってきた日本人にとって天災中はラマダーンなのだ。

逆に海外では米国ですらカトリーナで簡単にモラルが崩壊して銃撃戦や強盗強姦が激増する傾向がある。
海外からしたらそもそも暴れるのは祭りや本来平和なデモ活動でも普通なので
日本人がなんで抑圧しているんだろうと錯覚してしまうのだろう。自分が常識なので。
日本人からしたらなんで無関係な人を襲うとあきれるところだ。
やるなら的確に関係するところをたたくべきだと。

あとこの時期の日本人は実は気が立っているので本気で怒らせるのは大変まずい。
みんなその危険性に気づいているからおとなしくもしてるんだ。目をつけられたらヤバイ。後をひく。
火事場泥棒なんかも見つかったらボコられてたりもする。防衛的な暴力性は発揮されうる。

まあ菅降ろしの謹慎期間というのは確かに我慢の一種ではあるが。

安全神話からリスク負担へ
http://agora-web.jp/archives/1302639.html
で池田先生は
「原発事故のリスクはゼロではないのだから、いざ起ったときの被害が最小になるように立地するのが当然です」と述べておられますが、こんなこと言われても黙ってる福島県民は我慢強いと思います。
それとも多少の金を渡せば黙るってことでしょうか。

しかし
ikedanob氏は
3月12日あたりと今と言っていること正反対っす。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 【日刊】泥酔の日々 | Main | ソラノートとかフランチェス子女史とか揉め事関連のメモ »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ