« 「ソラノート対フランチェス子」関連のメモ | Main | 週刊ポストの馬鹿記事に釣られる奴多数、っていうか孫正義まで釣られてカーニボー »

2011.04.09

震災復興関連の法案がまだ一本も通りません

 よりによって産経に書かれているというのがまたアレではございますが、悩ましいところでございます。

のろのろ国会…震災関連立法大幅遅れ
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110408/plc11040823110036-n1.htm

 すでに阪神淡路大震災で無能の謗りを受けた村山内閣未満のパフォーマンスになってしまった汚名を着るのは確定の状態ですが、民間部門では生産能力の回復へ向けた動きが政府とは別に立ち上がり始め、何と言うか「民間の復興政策離れ」みたいな感じになってきています。

 とはいえ、被災者は資産や生活の糧を失ったまま避難生活を継続しているのもまた事実なので、被災者の救済に直接関係する法案を緊急、復興関連を短期、地域経済の促進を長期とするような方策を「いっぺんに」ではなく「優先順位の高いところから徐々に」やるほうがいいと思うんですけどね。

 あと、どさくさに紛れて変な閣議決定を持ち回りでしたり、内閣府で飼ってるNPOに左翼が混ざってるのを黙認したり、確かに危機対応で大変だったろうけど漏れもまた多い状況を如何に改善していくかというのはちゃんと考えて欲しいなあと。

 ああ、もちろんエールですよ。


« 「ソラノート対フランチェス子」関連のメモ | Main | 週刊ポストの馬鹿記事に釣られる奴多数、っていうか孫正義まで釣られてカーニボー »

Comments

なんか歩いていたら、故障停電していて電柱に東電の人がガンバッテいたよ。あれだけ電柱が揺れれば、そういうところがでてもしょうがないけど、各自治体は、見通しているのかな。

とにかく、小さな出来事に目を見張って、そこからどんどん手をつけつつ、全体をも予測してほしいよ。

菅総理には、一つだけアドバイス。テレビにでる放送会見では、右見て左見てはやめてもらいたい。民意が離れるばかりだよ。ニクソンだって基本的には優秀だったけど、バラエティの司会のインタビューで、再起できなくなったくらい。テレビの会見は重要なんだよ。

国民の大半が、日々の仕事で疲弊して、政治に無関心。そのため、大半の監視なく、知名度だけの人々が政治をして、また大半を疲弊させる経済をつくりだす。結果、負のスパイラル。
国民の代表である少数の権力者をおさえたほうが、大半を説得するより楽なんでしょうけど、それで頭の足りない人が政治をしたら、結局は社会とか、経済がダメになるのだと思います。
今も昔も権力の周りに人々が集まり、頭の足りない人を権力者にしたりして、利権を得るのだから、大半が政治に無関心だと、危険なのだと思いますが…。

少し前まで、北朝鮮問題とか、防衛とかで盛んに煽ってましたけど、今回の災害で示されたように、自衛という意味においても、原発対策、災害対策とか、さっぱりだったのは明らかです。
自民から民主にいたっても、国民とか、国益とかを考えて、対策してこなかったのが。中には、核武装とか、防衛とか煽って、勇ましい事言ってる人もいたように思いますが、本当にアレじゃないかと。
米国とか、財界とかの声は、マスコミ通して、すぐ政治に反映される気がしますが。

変な閣議決定というと、うわさに聞く「中国人ビザ条件緩和とか中国から移民さんいらっしゃい」とかいうのですか。

NPOに左翼ってのは、そもそもバイブ女を内閣に入れた段階でもうねアフォかとヴァカかと。

>国民の大半が、日々の仕事で疲弊して、政治に無関心

ま、今回の件で多少なり変わるんじゃないでしょうか。とはいえ実務能力は経歴ではなかなか判断できないんですが・・

それでもやはり任せきりではマズイことがよく分かったので、信用できる人にお願いしようという流れになるんじゃないかと思います。明日は投票に行きましょう。マジやばいですよ、このままじゃ。

震災関連で国家公務員の給与に関する法律が改正されるとの噂。何の関係が?

何で自民政権以外の時にこういう国難レベルの強烈な震災が来るんだろう。
それを抜きにしても民主政権にはひとまず内閣から退場願いたいが、だからと言って自民長期政権もいやだしなあ。

今日という日は朝になったら都知事選投票日。
大した盛り上がりも見えなかったから、
組織票の石原さんで決まりなのかなあ。
石原さんは組織票の既得権を守ることしかしないし。

一人の有権者として権利を行使するとしても、
どの人も政策に一貫性が無い。
都民の感覚と距離が開きすぎなんですよね。

都民が何を求めているのか?
お判りになられていないようでして。

同じ事が、震災関連法案で起こっている気が。
都民、国民には絶望的な未来予想図しか書けない。

海外もそりゃ騒ぎますよ。
これだけの国難に対して、冷静すぎる国民と、
原発事故の情報を隠蔽する東電。
そしてそれを政治的パフォーマンスにしか利用しない
腐った政府。

>無能の謗りを受けた村山内閣未満
無能未満てことは…、負能?
0じゃなくマイナスってことですかね。いるだけ邪魔みたいな。

治世の愚物、乱世の暗君。

国難にあって国を売りそうな、どこぞの物語の暗君を地で行きそうで怖い政治家です。

>何で自民政権以外の時にこういう国難レベルの強烈な震災が来るんだろう。
自民政権の時にも国難レベルの強烈なやつ(not震災)がいくつかあったかと。それを無難にこなせるだけの経験を積んでたんで、当時は、そこそこ日々無事に過ごせたってことじゃないか?
自民政権時代の事件事故が「国難レベルの強烈なヤツ」かどうかは評価しづらいものはあるけど、例えば、サリンの時に菅だったら、アジア通貨危機の時は、リーマンは、イラク戦争は、って考えれば、当時が菅でなくてよかったとも思える気がする(例えが拙いorz

まぁ、今回の原発周りの火種は自民時代の政策にあったので、どっちもどっちかね、はぁ(溜息

目に見えることは人間の力で改善できるが、目に見えないことを解決しなければ、真の復興にはならない。そして、それ以上の惨劇を繰返さなければならなくなる。
私たちが、今、しなければいけないことは、『救世主スバル元首様』に、救いを求めることだ。
  もう、時間がない!!
http://www.kyuseishu.com/tanuma-tu-koku.html
http://miracle1.iza.ne.jp/blog/entry/2230811/

民主はここでいったん下がるのかな
自民には民間から優秀な人材をプールする要素がないし、河野みたいなのも上がってこないからまだ期待できないんだが…

このたびの失敗を民主党はいかなる問題として学習するのだろうか。まさか政治主導など所詮無理だから官僚と癒着しましょう、なんて流れにはならんだろうなぁ。なりそう…
次に政権を取るときは、各省庁に派遣する大臣に十分なサポートをつけられる体制、およびそのための条例案を整え、人脈などを築いてから政権を取ってほしい
まあ、一度の政権交代じゃ難しかったんだろうがな

とにもかくにも短期目標の政策だけだして崩壊という流れは納得。菅さんは居座る気まんまんみたいだが…
ただし退陣前に東電の問責は徹底してほしいな。ここは通産省や保安院を糾弾し、自民との癒着を暴いてから共倒れという流れを希望する

まあ、あまり政治的不信感をあおると、つぎにカリスマが出てきてヤバいことになりそうだが…。でも、共同体的な民政を日本に根付かせるには、一度危ない橋を渡るしかないよね

中国人のビザ制限がまた緩んだそうで…流石売国内閣…

>まぁ、今回の原発周りの火種は自民時代の政策にあったので

というか、自民もまさか東電がここまでダメとは予想の斜め上すぎたんじゃないかと。
少なくとも日本の国民にとっては斜め上過ぎだw

>このたびの失敗を民主党はいかなる問題として学習するのだろうか。

そもそも学習能力あるんだろうかと小一時間(ry
松下政経塾がなにを教えてきたのか謎でもあるがw

>自民との癒着を暴いてから

バブルの時代だったかな、官費でアメリカ留学してMBAとったキャリア官僚が留学費用を踏み倒して「もっと出世したい」とかほざいて民主党入りしたのも記憶に新しいところですなw。そいつらが既に使い物になっとらんしw

いつも楽しく読んでます。
NPOのお話しお待ちしてますね!

まだ民主党議員が政治家だと思っている
隊長の人のよさ?も流石にどうかと思うわ。

ほかの法案とまとめて反対させないようにしたいのかね。

そういや宮崎の口蹄疫の時に、時の農林水産大臣が
「何が必要か言ってもらえないと動けないだろ。」
ってふんぞり返ってたなぁ。

言われないと動けない。
→言う人が被災してて言えない。
→動けなくてもしょうがない。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 「ソラノート対フランチェス子」関連のメモ | Main | 週刊ポストの馬鹿記事に釣られる奴多数、っていうか孫正義まで釣られてカーニボー »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ