« 【書評】ソーシャルゲーム業界最新事情(徳岡正肇・著) | Main | 「御用」と簡単に言うけれども(雑感) »

2011.04.13

大沼2011 & ヤクルト自粛打線

 開幕一軍の座をゲットし、スターターの裏ローテーション入りかと思いきや、やっぱりブルペンだった大沼ですが、何と開幕戦に同点で登板し、見事2四球を与えてピンチのままイニング途中降板という安定したピッチングを見せました。

 その尻拭いは加賀が2イニング投げてしっかりフォロー。お家芸のマシンガン継投が光り、夏場へ向けて疲弊一直線のベイスターズであります。3回までパーフェクトだった山本省吾が4回にいきなりひっくり返されたときは、ああまた横浜の不謹慎投手陣が… と思いましたが、江尻も佐藤も加賀も良かったです。っていうか、佐藤って誰だよと思ったら佐藤祥万でした。いつの間にか高宮のポジションをキープしてたんですねえ。篠原よりはよっぽど使えそうな気がします。

http://www.tbs.co.jp/baseball/game/20110412YD01d.htm

 なお、試合は横浜の勝利となりました。今頃落合がブチ切れてるんじゃないかと思うわけですが、ともあれ横浜、ついに暫定首位、貯金であります。誰が何と言おうとセリーグのトップです。横浜ベイスのファンの皆さま、美酒を味わいましょう。次、いつ来るか分かりませんし。

● スワローズ

 3番レフト濱中、5番キャッチャー相川とかいう被災地なみのオーダーで開幕戦に臨んだスワローズ、東野に六回までノーヒットに抑えられるなど、割と予想通りのがっかり打撃陣が本格的な自粛・節電モードに入っていて、開幕投手連敗中の石川も普通に中盤で失点を重ねる展開となりまして。

 道中は追いつかない程度の反撃、最後は押本の無難な炎上、お試し期間の敗戦処理・日高も水素爆発と、ブルペンもまずまずの仕上がりでありました。ある意味で、かなりレベルの高い接待野球を繰り広げたかなと思います。

 っていうか、ホワイトセルのあのクソ守備はなんだ。宮出未満のもっさりした動きを見せやがって。福浦を見習え。見習ったらハゲるけど。

● 魔将ガイエル

 週末の二軍戦には出陣しなかったガイエルさん。練習は普通にしておられるようなので調整を進めておられる状況ではないかと思いますが、一軍ではどーもバレンティンが粗い感じで二塁打は打ったけど波打つようなスイングが気になるので、ガイエルさん交流戦前に出番が来るのではないかと妄想いたします。

 練習風景のビデオとか観たいんですけど、常連さんがリアル被災地に逝っちゃったんだよなあ…。

● 5番高須

 がんばろう仙台の自称闘将星野が5番セカンド高須という面白采配をし、しかも微妙に当たってるぽいところがナイスです。っていうか、内野が松井に岩村に高須と、年間を通じて働けそうになさそうなところもまたいまの宮城を象徴している感じがします。

 仙台には頑張ってほしいけど楽天はあんまり応援してなくて星野はむしろ死んで欲しいと思う私としては、選手個人個人をしっかりヲチしていきたいなと思っておりますが、中村ノリさんはどこに消えたのでしょう。

● ホークス

 七番松中。五億の男。この人の場合は純粋に加齢による衰えなんだろうということで、八番松田、九番細川ととても微妙な感じの下位打線になっててホークスらしくないなあと思うわけであります。下位といえば鳥越だろ。

 対するオリックスも、李スンヨプとか5打席立って三振と四球だけとか何してんのという感じですし、伊藤とか鈴木郁洋とか巧いけどとても打てなさそうな捕手をたくさんベンチに入れてる岡田采配が好きです。やっぱり反星野の筆頭として是非邁進していただきたいと思ってます、パリーグファンとして。

 どうせなら、ブルーウェーブ復活とかいって不謹慎オリックスの名前を世界に轟かせ、ヒール球団としての歩みをさらに確実なものにしていただきたいと思います。

● ダルビッシュが7失点

 肉付きが良くなって、トレーニングを変えたら身体のバランスがおかしくなったのか、なんか映像観ててもあんまり良くなさそうなダルビッシュ。開幕からフルスロットルに仕上げるわけもないので、まあしょうがないのかなとも思いますが、身体は大きくなったのに投球がこじんまりしているのはデータ中心に私が見ているからでしょうか。

 今年はメジャー逝きも狙ってるでしょうから、成績を無理に狙わず、しっかりと身体も作って万全の態勢で頑張ってほしいですね。


« 【書評】ソーシャルゲーム業界最新事情(徳岡正肇・著) | Main | 「御用」と簡単に言うけれども(雑感) »

Comments

福浦もDHが長くてあの華麗な守備が見られなくなって久しいんですよねぇ

同点なんかで出しては沼者の本気はまだまだ見えない!
マジだけど与太話はともかく今年も加賀君「達」のオーバーヒートが見られそうで泣ける思いです
ガラスのエース牛君早く来ないかなぁ

雅規の見事なQSピッチングにはもはや貫禄が
海の向こうの1億ドルさんへ爪の垢を煎じて飲ませたいレベルです
でも内野ゴロお見合いは勘弁なっていう

嶋に葬らんを打たれるとか話にならない千葉のエースと
なんか開幕勝てなくなったハムのエースはまだエンジンが掛かっていないと思いたいです

イさんは置物なので、きちんと昨日は仕事をしたよねと言う事で締めと致しとうございます
木佐貫に勝ちを付けてあげたかった。

鳥さん(鳥越)の名前を出してくれてありがとうございます!
たとえそれが悪い例でも、嬉しくて書きこんだ!

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 【書評】ソーシャルゲーム業界最新事情(徳岡正肇・著) | Main | 「御用」と簡単に言うけれども(雑感) »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ