« 不思議な忙しさ | Main | 謝罪文の掲載 »

2010.12.06

海老蔵さん殴打事件で手打ちが失敗気味の様相

 この手の話は縁が遠いのだが、本件に関しては警察の側も取り扱いについて悩んでいて、というか悩んでいる間に当事者同士の何らかの落としどころが出てくるのを待っている感じもあるらしく、なかなか捜査は進展しないわ、殴打したとされる伊藤リオンさんの出頭もまだないわ、その割に両陣営からマスコミにリーク合戦になるわと不可思議な事態になっておるようです。

 いろいろと知りうる限りの話や、何か詳しい人の話を総合すると、もう文春先週号や他の媒体で出ている情報でだいたい出揃っておるように思います。まあ、背後関係だ何だというのは人が生きて、人と人とが触れ合い暮らしていればさまざまな話が出てくるわけで、とはいえ事件そのものの建て付け自体はシンプルそのものだったということでありましょう。

 ところが、その後のお話がすんなり納まって然るべきところに落ち着くかと思いきや、何かとんでもない方向に進展しているようでもあります。本来であれば縁の遠い世界の話ではあるんですが、新宿区役所付近の不動産取引などで、それはそれは濃いグレーな感じの人がおられまして、その御仁を中心としたグループが仲介に名乗り出たからさあ大変。それは悪いことではないものの、いままでの経緯からして、落ち着くものも落ち着かないんじゃないのという話になりそうであります。

 文字通り、本物の登場でありまして、何と言うか、問題の仲裁、解決の仲介というよりは、介入の域であります。これはさすがにマズい。非弁行為とかってレベルじゃありません。もうアポロ11号が月に逝ったまま定住して帰ってこないぐらいの世界です。

 問題は、被害者であるはずの海老蔵さん側について、いろいろと「お釣り」がついて回っている件でありまして、この事件だけでも先に殴打したのは誰なんだという話から始まって、なんかあまりよろしくない粉末をたしなんでおられたのではないかとか、紛失したとされる携帯電話にとても有名な女優の方々のあまり合法とはいえない画像が残されていたのではないかとか、そのような尾ひれ背びれがついたままになっており、大変よろしくありません。

 本来であれば、まあ世の中ですからいろいろございますね、吉原の中のことは遊廓のしきたりで処理しましょうというノリになるのかもしれないのですが、ぶっちゃけ海老蔵さん側から金が取れると踏んだ皆さまや、そういう方々が来られるといままさに頂上作戦決行中の桜田門の前に行列ができて大変という皆さまもおられるということなのでありましょう。

 ちょっと角界がどうのという話じゃなくなってきました。本気で手打ちが終わらない、できないようなら、結構なことになってしまいそうな気がしまして。本当に、どうするんでしょうね。何とか穏便にお話が進み、円満な解決に至ることを期待してやみません。


« 不思議な忙しさ | Main | 謝罪文の掲載 »

Comments

× 粉末
○ 錠剤

んーとつまり、もっともめろってことか

まぁああいうのは興行をしきる文字通り香具師の親分あたりが絡んできそうな話ではあるけど、むしろ海老蔵くんをはじめとするご一家は松竹の社員なんだろうか単純に伝統歌舞伎保存会の構成員なんだろうか、具合によっては海老ちゃん業界追放になって和泉元彌くんみたいになるんだろうかとか思ったりする今日この頃。

この一家に毎月結構な額の税金投入されてるんだよね。
伝統芸能の担い手ってだけの理由で、議員でも国家資格を持ってるわけでもない一家に、半永久的に。
その辺の是非論にまで延焼してくれる事を大いに期待したい所。


ドングリころころ呑繰コ
トラブルはまって さぁ大変
モノホンでてきてコンニチハ
坊ちゃん一緒に 遊びましょ

朝青龍がかわいそうだよ。

血税もらっているんだから、自制すりゃいいのに。もう30歳なんだから。
と言いつつ、横山やすしとどっちが凄かっただろうか。

>関東連合
絶対に許さないよ

写真で噴いた

警察が仕事していないように、大衆が思いだして、イライラしだしたら、あらま、たいへんだ。

市川海老蔵さん、午後8時から記者会見

だそうで、ますます、あれになるんじゃないかな。

隊長謝罪の件だけど

妻子がいたり
謝罪したり

弱くなる自由がある隊長ウラヤマシ杉

防人は一生防人なんよ
あんたほど自由に恵まれてないの。

所詮、隊長をはじめ自由に恵まれた人間達は
過酷な環境の防人に護られて得た自由に過ぎない。

防人に感謝せよ
でないとタイチョん家の玄関先にアボガドを無数に置いて逃げる。

>>防人に感謝せよ
>>でないとタイチョん家の玄関先にアボガドを無数に置いて逃げる。

お前、優しい防人だな。

アボ「カ」ドだけどな。

アボガド…隊長をやさしくガード
アボカド…カドがたつので戦争なーのだ!これでいいのだ!

>ちなみに、「アボガド」(abogado)はスペイン語では弁護士を指す言葉である。

無数の弁護士が四六時中警護するよ!

隊長宅前にドリアン百個を置き去りにした罪で書類送検(朝日)

調べに対し「アボカドはこれだとばかり思っていた」などと供述。

隊長さんはインタビューに対し「無数のワニが廊下と玄関を埋め尽くしているかと思った」とやや困惑気味だった。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 不思議な忙しさ | Main | 謝罪文の掲載 »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ