« いかに民主党の官邸主導外交が駄目であったか(追記:民主主義って素晴らしいですね) | Main | 創価学会がどんどん人畜無害になっていく… »

2010.11.08

ポジティブ教ってダルいな

 いや、マンネリはいかんと思うし、閉塞した状況を打開しようというのはいいことだと感じるけれど、なんか「10の方法」とか無理矢理でっち上げられるととても冷める。冷めるわー。すんげー冷めるわー。

マンネリ化した自分を「前進」させるための10の方法
http://japan.zdnet.com/sp/feature/07tenthings/story/0,3800082984,20422429,00.htm

>#1:まず動く!

 どこにどう動こうとしてるかも決まらないうちから、「まず動く」とか言われても、それは単なる馬鹿だろ。買い物症候群みたいなもんだ。動いてないから「縮小スパイラル」なんてどういう論理の飛躍だよ。考えてて動かない時間を無駄扱いするのは、そもそも知性に反してるし。

>#2:苦労を楽しむ

 苦労が楽しいわけねえだろ。辛いんだよ。苦しいんだよ。面倒くさいんだよ。それでもやらなくちゃならない、ならばせめて楽しんでやろうと思うけど、でも結局辛いから困ってるんじゃねえか。簡単に言うんじゃねえよ馬鹿タレ。

>#3:ストレスを正面から受け入れる

 ストレス正面から受けて潰れて鬱になる奴がたくさんいる中で、いったい何を言ってるんだこれ。ていうか、ストレスって正面以外から受け取る方法ってあるの? 誰か教えて。仕事のプレッシャーって、他人に振ったら他人のプレッシャー、誰もやらなかったら作業の停滞や納期の遅延になるよね。

>#4:学習スタイルを矯正して不得意を克服する

 意味が分からない。マンネリを解消するのに学習スタイルを変えろっていうの? 「不得意を克服する」って、何だよ。スペシャリティや持っているスキルを磨くために学習してる場合が多いと思うが、ノンスキル分野を学習スタイル変えて勉強しろっていうの? 馬鹿なの?

>#5:「イメージ力」を養って迅速性を高める

 これ、要するに「思いつきを行動に移せ」って話だよね。イメージを養うのは結構だけど、想像した端から迅速に実行に移すのは単なる衝動犯だよ。「お前、何でこんなことしてんだよ」「イメージしましたから」とか、本腰の馬鹿だろ。

>#6:類推する力を高めて感性を磨く

 失敗ばかりする人は類推力が足りないって、何を言っているんだ。能力か経験か注意力が不足しているから失敗しているのであって、類推とかあんまり関係ないだろ。それともあれか、感性で仕事をすると成功すんのか。勘で仕事すんな馬鹿。

>#7:直感と論理的思考を使い分ける

 組織やプロジェクトってのは期間やリソースを組み立てて集団で成果を出すためにあるんだから、歯車やってる奴が勘やひらめきで作業し始めたら仕事にならねえだろ。「優秀だといわれるマネージャーやゼネラリストの多く」は「直感やひらめきを大切に」するとか何適当なこと言ってんだボケが。論証したいなら統計出せ。

>#8:視野を変えて思考を深める

 例に挙げている奴は単に無能な奴で、そういう奴は管理職から外して能力を発揮できるポジションを探して据えるか他の仕事を探させるしか方法ねえだろ。だいたい視野を変えるって何だ? 具体的に、どうすれば変わるんだ、視野。3D眼鏡でもかけるのか。意味が分からん。

>#9:集束力と発散力を複合的に発揮する

 集束と発散って、そもそも矛盾する概念じゃねえか。複合的に発揮って、要するに何のことだ? 読んでるお前、分かる? 柔軟にやるらしいぜ。集中と拡散を柔軟に? どうやんの。顕微鏡には顕微鏡の、望遠鏡には望遠鏡の、パノラマにはパノラマの機能ってのがあんだぜ。その機能の優劣で、みなお金を稼いでる。

>#10:自分の失敗を深刻に考えすぎない

 自分の失敗を深刻に考えない馬鹿を部下に置いたら、また同じ失敗するじゃねえか。マンネリ以前に、それって単なる能天気のススメに近いんじゃないの。諦めないのは大事だが、失敗を見つめ直せない奴ってどうしようもねえ。

 ポジティブ思考は誠に結構だが、もっともらしい話を無理に10個も捻り出して並べてどうするんだよ。騙される馬鹿が続出すると思うぞ。だいたいそういう奴らってポジティブじゃないから。


« いかに民主党の官邸主導外交が駄目であったか(追記:民主主義って素晴らしいですね) | Main | 創価学会がどんどん人畜無害になっていく… »

Comments

リンク踏んだら、Flashの広告がうざくて閉じた

僕のポジティブも爆発寸前です。

こんな記事、タイトル見ただけで、読んだら負けって分かりそうなものなのに・・・。

こういう記事が大好きだ

信じる者は救われるというより、騙された者が救われた気になったというような。
一刀両断に論破してしまう隊長さんが格好いいです。

宗教とか自己啓発とかとおなじで、「正しいかも」と思ったら最後。

いい意味でも悪い意味でも。

根拠は?って聞かれて答えられないのは、
最初に信じてもらわないと始まらない仕組みだから。

書いている奴のサイトに行ったら、最終更新が2004年で吹いた

リンク先を斜め読み(ほぼ縦読み)しましたけど、見事に安い言葉が踊り狂ってますね。
「マンネリ化」なんて、自らの死は遅かれ早かれ確実に訪れるものであるという事実を常に鮮明に意識していたら、陥りようがないと思うんですけど。

>#1:まず動く!

知性には反しているかもしれないけど、
本能的には正しいかもしれないよ、
脳科学的な意味で。

ただ、ポジティブ教信者は
なんにせよ非常に効率が悪い気がする。

============
「やりはじめないと、やる気は出ません。
 脳の側坐核が活動すると
 やる気が出るのですが、側坐核は、
 何かをやりはじめないと活動しないので。」

ttp://www.1101.com/ikegaya2010/2010-10-01.html

=========

自分も漠然としたポジティブ記事書いてたじゃん

物事を形容する全ての言葉は、相対的なもの。
隣人と比べてポジティブなのか、昔の自分と比べてポジティブなのか。

辛いことだらけの人生で、死ぬ間際にほほえんだ人も、昨日の自分よりポジティブかもしれない。

勝間教もそうだけど、ああいうのって精神論なんだと思うね。
で、だいたいこういうの言い出すのって女ばっかじゃね? あとは宗教系の野郎。
 で、書いた香具師の会社情報みたけど、虚業だよなあと。

 まだ大工の棟梁とこに弟子入りしてたたき上げで一人前になるほうが人生に有意義だと思う。もしくは職業訓練校にいくとかさ。

> まだ大工の棟梁とこに弟子入りしてたたき上げで
> 一人前になるほうが人生に有意義だと思う。
> もしくは職業訓練校にいくとかさ。

最近の世の中、ITの影響なのかもしれないけど、上のようなが無視されてるよな。3年いや1年で何かやるとか、30代でManagerじゃなきゃアウトとか。
でも一人前になるのに最低でも10年。名が知れるのに20年~30年なんて業種も普通に多いのですけどね。
ある町工場の親父に言わせると、一人前に仕事を任せられのに10年。何か自分から新しい仕事を作り出したりに10年、最後の10年は人を育てる。
と言っていたよ。
ITでも大規模基幹系とか、大プラントとかだと20年~30年のベテランが必要だし。PCサーバやクラウドの可用性が上がったのも、豊富な若い技術者のアイデアと経験豊富な技術者のノウハウが結びついてるところは多いよ。
なんか、最近のブログでもtwitterでも、虚業とまでは言わないが、小さい世界の人間が多すぎる気がする。

若く初歩のバカは
こうやって短期養成でやっつけようとする。

円熟の中級やベテランは
厳しさと常に向き合って、何日でも何年でも向き合っていくものだろ。

方法論や技術などで『ラク』しちゃうのが一般的な
いまどきの都市生活者は
苦難には弱い。
苦難で思考力が落ちるようでは、
苦難でたちどころにコケる。

atosa-

ポリネシアンセックスが、欠けてるよね

リンク読まないで書くけど
>#2:苦労を楽しむ
>#3:ストレスを正面から受け入れる
はなんか矛盾してないか。

バカの研究もしているけど。知性的であればバカじゃないと思えるって話でしょうね。他者から、自分がどう思われているのか、よく観察すればいいだけ。自分の悪いところは、他人の方がよくしっているし。逆に、魅力も他人の方がよくしっている。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« いかに民主党の官邸主導外交が駄目であったか(追記:民主主義って素晴らしいですね) | Main | 創価学会がどんどん人畜無害になっていく… »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ