« 森長可 | Main | 大沼 »

2010.11.16

中国の漁船が尖閣に突入した結果、日中両国で政治中枢の責任問題に発展

 結果論としては、日本にとっても中国にとってもろくなことにならなかった、という話ではありますが。

 菅政権の支持率がまた30%を切ったとかで、早くもポスト菅の動きが出てしまい… そうなると、また一年もたない首相を我が国は輩出することになり、短命政権の連発がお国柄みたいな感じになっちゃってましてね。でも、じゃあ仮に政権が代わるとして誰になるんだ、誰に働いてもらえば日本がより良くなるのかという議論はどっか飛んでしまっています。

ビデオ流出 民主、責任論に戦々恐々 なりふり構わぬ国交相擁護
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/101112/stt1011122331012-n1.htm

 もちろん、問題が問題ですから、誰かが責任を取らなければならないというのは筋論でしょう。馬淵さんまで首を取られるとなると微妙な感じもしますが。

 で、仙谷さんが主眼で出る割には外相であるはずの前原さんが脇のほうに置かれて八ツ場ダム状態になっているのがまた気になるわけですが、自民党時代は対北朝鮮外交で某田中均氏ら微妙な官邸筋やら山崎拓氏とかの独自ルートなるものが乱立して二元外交批判とかが渦巻いておりました。

 政治主導といって官僚外してしまったら、過去のいきさつや、相手との外交の機微やしきたりをブチ抜いた仕事になってしまうのは自明のことであって、外交課題が問題となり責任を追及されてしまうという恐れは従前からあったと思うんですよね。

「政治主導なんてうかつなこと言った…」枝野氏
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20101114-OYT1T00509.htm

 ロシア方面の外交も然り。東郷さんがこんなことを書いておられます。宮家さんの記事と読み比べて欲しいところでもあります。

北方領土:「露のシグナル見逃す」 東郷元欧州局長が分析
http://mainichi.jp/select/world/news/20101104k0000m010111000c.html
日中関係は日本の若い政治家がぶち壊した!
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/4829

 一方で、日本政治や日本国民感情をいかに諸国が理解していないか、説明が不足しているかという観点もあり、要は「落としどころがない」怖さでもあります。いわゆる安全保障という観点だけではなく極日常的な外交姿勢、外交対話の品質というプリミティブな問題があるのかなあと今回殊更に思うわけであります。


« 森長可 | Main | 大沼 »

Comments

東郷氏がこんな文章を書いている事自体が露のシグナルだな。
ロシアも揺さぶるつもりが、今の政権党は土台が無いから根本から倒れそうでびっくり。鳩山政権誕生で金や技術をせびるつもりだったのにアテが外れているロシア。
前原の言う事がおかしくなっているのは、外務省の役人に乗っかり始めた証拠。次期首相の仕事は、対中、対露の外交改善とでも吹き込まれていると見える。
菅も前原の動きに気づいて、露にメッセージを送っているが、最早相手にされていない。

>じゃあ仮に政権が代わるとして誰になるんだ、誰に働いてもらえば日本がより良くなるのかという議論はどっか飛んでしまっています。

これが非常によろしくないことだと思います。
というのも、一体なぜ今こんなおかしなことになってしまったのか、こんなおかしなことをする人たちを政権与党にしてしまったのかを考えるに、「自民党政権はけしからんから、とにかく政権交代!」と盛り上がるあまり、閉塞状態を打破する事自体が自己目的化してしまった結果、肝心の替え先の人たちが一体どんな人間たちなのかをきちんと吟味しなかったのが原因だと考えられるところ、今のように「民主党はけしからん!」とワーワー騒ぐだけで、どこの誰にどういう風にやらせたら世の中が良くなるかきちんと考えることをしなければ、また同じ過ちを繰り返すことになりかねないと思うのですよね。

だいたい今まで対中外交してた方々は一体今までどこに居て今はどこに居るんでしょうね
民主党がこれまでの外交を全く把握せずに爆走しているのは明らかですが、自民党は自民党で「弱腰だ」などと脳の沸いたことをぬかしているあたり、前原がバカだとか安倍がバカだとかではなく、長期に渡って官僚だけが全てを握っていて政治家は何も知らず、しかも政治家は何も知らないことすら分かっていない感があります
つーかここ10年ほどは対中対露外交は状況激変しているはずなのに「とりあえず現状維持」に終始しており実は官僚もイニシアチブ持ってないんじゃねーのかと

こんなところで愚痴るぐらいなら民主党関係者とのパイプを使って
当面の対策として国交大臣の辞任を促すよう動けばいいんじゃないの?

あと短命政権が続くことについてだけど
国会議員達が自己利益を最優先に行動しているから仕方ないじゃん。
前総理大臣の鳩山さんがいい例でしょ?w

現政権のみなさんの言葉の軽さが原因ですね。

この方を見習って、言語能力を高めてもらいたいものです。

[外交]【言っちゃった☆】齋藤健議員の名質問をラップにしてみた。
http://www.youtube.com/watch?v=SlKtLbByWbg

実は、ムネオくんの衆院外務委員会への質問状にからんで、過去の国会議事録を国会図書館から読み出してるわけですが、吉田政権時はまだしも、鳩山政権になったらなんか自民のムードががらっと変わってんだよね。国内しか見てない。だから二島返還とか千島列島定義論とかが、いきなし「サンフランシスコ条約なんてくそくらえ!」みたいな。読んでて呆れたよ。あれと同じ空気が現与党にあったんだろうね。
 ただ、外務省が不勉強だったり妙に秘密主義だったりってのは昔から問題視されてたようで、議事録で外務省批判が残ってたり。

 そのわきで、塩野七生の「日本人へ リーダー篇」なんて読むと、郵政選挙のころに外務省のことを「外交って、社交するんじゃない、あんたらは外国との政治問題担当する役所なんだよ、わかってんの?」と言われてたり。ちょうどローマ法王の葬儀で当時の川口順子首相補佐官を送り込む無神経ぶりとか批判してたよ。

 少なくとも、日本は外務省がかなり無能ってことらしいよ。


 

プーチンさんもハーレー乗ってみたり、F1乗ってみたり。

中国もそうだけど、内憂が破裂しそうなんじゃないだろうか。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 森長可 | Main | 大沼 »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ