« またDeNAとGREEが何かやっています | Main | 最近のベンチャー&PE事情とか »

2010.10.31

多少、叩かれるぐらいの「俺様」系じゃないと組織は引っ張れないし、未来は拓けない

 パンピーに迎合しないというのはむつかしいもんで、普通は「そんなこと言わなければいいのに」とか「反感買うようなことはしないほうがいい」という話になる。実際、そういうもんだ。

 でも、状況を変えようとする人は、その状況に安住している人をすべて敵に回さなければ、いつまでも籠の中の鳥であり続ける自分に耐えられなくなって潰れるか、自分に嘘をつき続けながら腐っていくのをただ見守っていくしかない。これはこれで、結構辛いことなんだと思う。

 もっとも、あまりにも周囲に気を遣わなさ過ぎるのもまた何なんだが(笑)、ある種の中村紀洋的なあり方というのは「実績を出してなんぼ」「人を率いて結果を問われる」という地位にあると、反対を押し切り有無を言わせずに結果を出すために先に進めるという美徳にもなり得る。

 でもって、周囲の反対を押し切ることは、必ずしも成功するわけではない。失敗もまた多い。だから「あの男がまた人の意見を聞かずにまたやりやがった」という話に往々にしてなる。一方で、失敗ですべてを失うわけでもない。こういうタイプの人は、本当の意味で「懲りない」から。

 この手の「流れを作る」ことのできる人というのは、とても貴重であるし、物事を作り出す力、新しい流れを呼び起こす力を持っている。だから、声ばかりでかくて何の能力もない人たちがどんな空気を作っても「俺はやる」と言い出してそのまま本当にやってしまう。

 それがいつの間にか、状況を変える力になっているかもしれないし、幕末の開国派みたいに、不思議な派閥工作の末に敗れたり知恵の足りない奴に暗殺されたりすることもあるのかもしれない。こればかりは、どうなっていくのか分からない。

 ただ確実にいえることは、行動を起こしている奴だけが正義だということ。そういう人の助けに、私はなりたい。


« またDeNAとGREEが何かやっています | Main | 最近のベンチャー&PE事情とか »

Comments

軍平フォーエバー。

「赤は目に良い(今西フォロー。名前を失念したので『任天堂 広報 ハゲ』で検索したら出てきました)」

菊田氏の件は見事でしたね。
おつかれです。

これからは、直属の部下にどういうのをそろえるかじゃないかな。一匹狼社長とか大杉だと思う、ネット関係がとくに。

tinychat.com、今最大の興味があるところ。黒人どもが面白いんだ。うるさくてw スカイプより面白くなると思う。日本の青少年がいつみつけるかも興味深い。欧米の青少年は、しっかりみつけて、未成年倶楽部をつくっているし。

あとね、IT系は、やたら、メンタル面の健康管理になんかあれなんだけど、IT系でそれなりに収益があるところは、和室の茶室をつくって、戦国武将みたいに、密談しつつ、実は、和室は、やっぱり、日本人の闘争力をつけるのに、もっとも重要なアイテムだと思う。隊長も和室で毎日食事したら、偏頭痛とかおきないかも。ま、夫婦仲良くしてれば、ま、偏頭痛もおきなくなっているかもしれんけど。ここへ来て、日本人の心の強さの秘密にたどりついた感じw

とりあえず、関係な話ばかりだけど、やっぱり、俺様は、日本では和室、畳だね!

最近辞任した、どこかの大手ゲームソフト会社の開発者への言葉なのでしょうかね

つまりあの人の評価はこれからの行動と結果で下せば良い、と。
会社内で偉くなってたわけですし、結構自分の思い通り出来ていたと思ってたんですけどねえ。

つかあの会社、700人体制でラインが3か4しか無いってちょっと多すぎですよね。

稲船擁護?

いいエントリだね

稲船さんのことですね。

ただまあ、どうしていちいち外部にそれを表明するかなとも思いますけどね。同じような事を考えていても、無言実行を貫いてる人は結構います。
あの人の場合、どうも自分の言動に酔いしれている一面があるような印象を受けます。それがあの人の仕事の切り替えスイッチなのかも知れませんけど。

稲船さんを叩いてる人って、どこかおかしいです。
隊長に同感です。

有限or不言はポリシーの問題なので実行さえすれば別にどっちでもいいと思いますけど、日本は(例え実力者でも)ビッグマウスの奴は叩きたくてしょうがない国民性なのはスポーツ界とかを見れば顕著かと。
なので“叩かれるリスク回避”として、実社会ではなーんも言わずに何考えてるのかわからない人ばかりになるわけですが、その鬱憤晴らしとばかり個人が特定されにくいネット界隈では匿名で好き勝手発言する人ばかりになるわけですな。

>あの人の場合、どうも自分の言動に酔いしれている一面があるような印象を受けます。

まぁ話題になって名前を売る意味もあるんじゃね
意味も無いのにツイッターで無根拠に中傷する人の方がよくわからん

>そういう人の助けに、私はなりたい。

自分がなりたいんじゃ無いんですね・・・。
稲船おいちゃんはこの先生きのこれるのか

> 意味も無いのにツイッターで無根拠に中傷する人の方がよくわからん

無根拠ってわけでも無いですよ。
日本のゲームメーカーに属していて売り上げの多くを日本に依存しておきながら、何故か日本で全く売れてないゲーム機に傾倒していて、メディアに露出する度に「日本のゲーム業界は終わった」「日本のゲーム業界もう駄目」を繰り返しているわけです。「部下には日本のゲームは一切参考にするなと常日頃言ってある」なんて豪語したこともありましたね。要するに客に喧嘩を売ってるわけですよ。客からしてみれば自分達の嗜好を頭ごなしに否定されたようなものです。
そう言い続けてかれこれ2、3年ほど経ちましたが、その間に当人は何か結果を残せましたかね。

言うなれば、日本人向けのカレーで大もうけしておきながら、「あんなのはカレーじゃない。本場インドのカレーが売れない日本人の味覚は間違ってる」と言いだし、日本人受けしないインドのCurryをメニューから外そうとしないカレー屋の社長みたいなもんです。そして客らかそっぽを向かれる理由を客の嗜好だと言い始めれば、炎上しても仕方がありませんよ。

>稲船さんのことですね。
これからのぼくのロールちゃんどうなっちゃうの?

どう見ても末端の人間が何も知らないのに思い込みだけで喚いてただけにしか見えん…

国内向けや、プロパによる製造じゃ倒産確実なんだから、儲けるために海外出ていく事の何が悪いんだか。

保守的なオタクは日本とともにメーカーも沈没しろとゆうんですかね?

そんなに日本専属でいてほしいなら、維持できるだけの金を払えっちゅーねん。

生き死にかけて必死で食っていこうとしてるだけなのに。

ワガママしか言わないガキが相手の商売は大変ですね…

> 国内向けや、プロパによる製造じゃ倒産確実なんだから、儲けるために海外出ていく事の何が悪いんだか。

ええ、だからさっさと出て行って向こうで何億本でも好きに売れよと言ってるわけですが、未だに日本から出て行こうとせず「日本終わった」を日本で連呼してるから叩かれるわけでして…。

> 保守的なオタクは日本とともにメーカーも沈没しろとゆうんですかね?

日本人に売る気無いくせに未練たらしくいつまでも日本にしがみつくなと言ってるだけですよ。
製品が売れない理由を市場の所為にするのは作り手としては下の下です。黙ってさっさと「理想の海外市場」に旅立って行けばいい。

>売り上げの多くを日本に依存しておきながら、

>日本人向けのカレーで大もうけしておきながら

それを数字まで出して否定してたのが4gamerのインタビューだよね。
違うんだ、日本市場だけじゃもうホントマジ終わるんだよ、リアルでもう俺たちゃ国外市場9割で生きてる、という実感があったから言った言葉なんだらう。

ttp://togetter.com/li/64429

本人の能力の問題ではなくて、費用対効果の問題で日本人をその役割で雇えない状況になった結果首切られた奴が、逆恨み&そいつがたまたま言葉の影響力に気を使わない困ったちゃんだったって話ですよね。
…これ自体は、昨今どの業界にでもありそうな話ですね。中国人単価万歳~ってね。

現場の人間がプロジェクト全体の収支に対して無責任に好き勝手言うのもよくある話で、私にとっては非常に分かりやすい構図です。

日本人なら誰だって日本に家を構えて、安全でメシがうまくて家族が近くにいるこの国で仕事したいはず。

未練がましくて当然だろ。

でもそこを我慢して、生きる為に儲ける方法を、もっと広い視野で考えようよ。…って例の人は言ってるだけだろ。

売れない最大の原因は市場のせいです。
何も間違ってない。
何故かそれを「自分たちが責められてる」とか勘違いしてるオタクがいるんでしょうね。

誰のせいでもなく、人口が減って全産業が縮小して収入も減って景況も悪くなって開発費は高騰したら、売れるわけない。
仕事してる人間が見たら、「そっちの業界も大変なんだね」「嫌だけど世界経済の流れには逆らえんよな」ぐらいにしか思わないんじゃない?

多少過激な発言を曲解しすぎ

> 未練がましくて当然だろ。

当人は全然未練がないと豪語してるでしょ。それどころか日本の市場そのものを敵視してる。だから日本で全然売れてないXB360に異常に傾倒してるわけで。誰も持ってないハードに少ない体力全部を注力してれば、客から「ハァ?」と思われるのは当然の話。

ぶっちゃけね、彼は日本人相手にゲームを作りたくないんだよ。XB360を買おうとしない日本人、アメリカ人と違う感性を持つ日本人が嫌いで嫌いで仕方がないわけ。「お前ら日本人がXB360買ってれば全部解決なのに!」って思ってるわけ。ネット上では少なくともそう思われてるし、当人もそれを否定しようとしない。だから叩かれるんだよ。

> でもそこを我慢して、生きる為に儲ける方法を、もっと広い視野で考えようよ。…って例の人は言ってるだけだろ。

その結果当人は「日本人向けのゲームを作るのも売るのやーめた」と言い張ってるんでしょ。日本のユーザから反発を受けるのは当然の話。

> 売れない最大の原因は市場のせいです。
> 何も間違ってない。

大間違い。原因は変化する市場に対応出来ないメーカー側にある。旧来のやり方に固執して身動きできなくなってるだけ。

> 誰のせいでもなく、人口が減って全産業が縮小して収入も減って景況も悪くなって開発費は高騰したら、売れるわけない。

高騰させたにはカプコン自身。開発要員700人で3~4ラインしか無いとか典型的な大企業病でしょ。あの人の思想はその体制を維持することが前提になってるってだけ。

>当人は全然未練がないと豪語してるでしょ。
いやいや、個人じゃなくて全体の話ですが…

>それどころか日本の市場そのものを敵視してる。
そんなわけない。
金稼いでるのに敵視するバカな商売人はいるわけありません。
だから「もっと危機感をもって」「ユーザももっと広い視点で状況知って」って事を言いたいようにしか受け取れませんでしたが…

>だから日本で全然売れてないXB360に異常に傾倒してるわけで。
ぱっと覗いて見たけど、マルチプラットフォーム戦略にしか見えませんが。
ほぼPS3、XBOX両建てですよね。
世界的にずば抜けて売れてるハードが無いんだから、1つのソフトをマルチ展開するのは当然な気が。
効率的な事以外、どういう見方があるというんでしょう?

>客から「ハァ?」と思われるのは当然の話。
日本経済全体の避けられない規模縮小の事や、海外の成長度合いや、海外のライバルの製造手法を知らない人は、自分の狭い世界だけ物事を考えて「ハァ?」とか思い込んでるのかもしれませんね。

>大間違い。原因は変化する市場に対応出来ないメーカー側にある。
現実に起こってる、否定しようが無い状況の変化を大間違いと言われてしまったら閉口するしかありませんね…
人口減少も収入、貯蓄の減少も開発費高騰も関係無いのですか…

>旧来のやり方に固執して身動きできなくなってるだけ。
それを打破しようともがいてるのが例の人って話じゃないのでしょうか?
で、実際例の人の海外展開やマルチプラットフォーム化が奏功してカプコンは今生きながらえてる、って事なのでは。
世界展開も駄目と言うなら、いったいどうしてほしいのかさっぱり見えません・・・
DSフィーバーの時のように、画期的なコンテンツを発明しろ!そして全年齢層に幅広く売れるような大ヒット作品を作れ!って事でしょうか。
無茶な注文ですよね。

>高騰させたにはカプコン自身。
カプコンのせいで業界全体の開発費が上がったと?
それかDSばっか出しとけと?
世界どころか日本の流れにさえ逆らって、しょぼい容量のゲームで勝負しろと?


やたらバッシングしてる人がどうゆう視点で物を言っているのか良くわかった気がします。
ありがとうございました。

問題を認識してないと問題にすらならないので。
話題にならないと、大半が何も考えない、考えられないから、問題提起の意味もあるのでは。

問題じゃない、問題じゃないと、解決能力がないせいか、存在自体なかった事にしたい人々もいるので、困った事になるようですが...。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« またDeNAとGREEが何かやっています | Main | 最近のベンチャー&PE事情とか »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ