« 【書評】『君よ わが妻よ』(石原典子・著) | Main | TGS&3DSお披露目がもうすぐですね »

2010.09.08

向上心のない部下

 ちとクソ忙しいのもあってブログの更新が滞っているわけだが。

 もちろん、何で忙しいのかというと抱えている仕事の量が多いからなのだが、仕事をなぜ多く抱えるのかというと、いまとてもチャンスが多いのである。やりたい事業が一杯ある。うちが良くなったのではなく、他が落ちてきたので、結果として仕事がたくさん増える。それは良いことだ、というか、幸せなことだ。

 前向きに仕事に取り組み続けてひとつでも多くのチャンスを成功事例に導き、関係者一同祝杯を挙げるなどして、一歩一歩前に進んで逝きたいのだが、社員が増えたり拠点があちこちにできると、どうしても「目の前の仕事をやればとりあえずOK」的な人が出てくる。それがいけないというのではないが、そういう仕事はいずれ海外に出すなどしてリプレースをかけることも多いし、日本人に日本レベルの給料を払って日本のオフィスで働かせて交通費も日本で通勤するほど払うと結構な金額がかかる。それならば、いっそのこと台湾やベトナムで日本語を話せる人を雇って日本に連れてきたほうが安上がりではないかと経営者的には思ってしまう。

 社歴が長かったり、それなりに本人のキャラクターを考えれば「良く分かっている」分だけ安心だし、仕事を離れた友人として馬鹿話をする分には楽しいのだけれど、どうやったら生産性を高めてくれるのか頭を捻る時間すら勿体無いと思うようになった。移動時間はtwitterとかやっているけど、それを中断して「あいつにどう言おう」と考えるのが苦痛で。

 柄にもなく少し悩んでコーチングの本とか読んだけれども、結局のところ本人の本音と「対峙」して「傾聴」しなければならないのだな… 何というか、向上心のない人の「できない理由」を聴き続けていると、こっちまで「できない」感じがしてきて、その時間コストと精神的エネルギーの浪費を考えたら極力そっちに使いたくないと思ってしまう。

 キャリアも長いのだから、せめてこのぐらいはこなしてくれよ、という思いでお願いした仕事が進んでいないという報告を管理者から受けて「どうしましょう」と判断を仰がれるのが一番辛い。前向きな仕事で障害があるのは幾らでも乗り越えられる気がするが、といって、使えないからと見捨てる気にもなれない。背負い込むしかないのだが、生憎閑職というものがグループにない。

 まあ、それもリーダーである人間の責務なのだから、自分が悪いと割り切ってやってくしかないんだろうけれども、もう37歳になって仕事のやり方を改善するのもしんどいところには差し掛かってる。やっぱり昔ほど身体がよく動かないのでねえ。それでも最近は人任せにしないで最後まで自分が経過をきちんと見てチェックする方針に替えてから万事うまく回りだしたことを考えると、悩んでないで本人の改善のためにコミュニケーション取れってことなんだろうと思うが。

 頼みたい仕事はたっぷりあるんだけどねえ。ほんと、頼むよ…。


« 【書評】『君よ わが妻よ』(石原典子・著) | Main | TGS&3DSお披露目がもうすぐですね »

Comments

まぁなにやら隊長も経営者になってきたってことですかね
こんなことは誰でも通過する「ゲート」でもあります

ここでどういう判断を下すかが、経営者としての「器」でしょうね。
時間単価の高さから、自己肥大化するトップというのは大勢います。
凡百のうちの一人に落ちてしまわないよう、よろしくお願いしますんw

>他が落ちてきたので、結果として仕事がたくさん増える。それは良いことだ、というか、幸せなことだ。

他が落ちてきたという表現だと、俺が、俺たちが努力の末に勝ち取った!感が薄く、そんなに良い事だろうか?貴方ホントにそれで幸せ?
ああ、努力しなくても仕事が転がり込んでくるから幸せなのか
などと思ってしまう。

勿論そんな事はないだろうってその後の文章でわかるんですが、やっぱり最初の文が引っかかっちゃうのは俺がひねくれてる所為なのかしらん…

やる気を出させるのも上司のオチゴトですがな。

こういう議論でいつも不思議なのですが、なんで、できない=やりたくないと言ってる人間にやらせる方法を考えるんですか?
案件にもよりますけど、やりたいという熱意がある小さな会社を捜す努力はしないんですか?
個人的には、知っている人間に頼みたいって、すごく、官僚的な縦割り日本的人事に見えます。
やりたいという人間を捜すほうがいいと思います。
そして、やりたくない社員には、やりたいという仕事を探してあげて、それが0なら、もうしょうがないでしょう。

わざわざ書くなんて隊長優しいな

よくわからんけど、多分、開発案件でしょ?
 
これはねー、多少能力がなくてもやる気のある奴のほうがいいですよ。
隊長みたいに鋭くて若くして理想を持っている(常に考えている)人間からすると理解しがたいかもしれないが、仕事は仕事だよねーと完全に割り切っている人間はなかなかそこから上がれないです。ああ、胸が痛い。
 
もう、語ってあげるのですよ。俺って、青臭くて馬鹿かもしれないなと思っていても、俺の人生とは何ぞや、人の生きるべき道とは何ぞや、と。俺も聞きてぇー

仕事ができるゆえに「俺が俺が」になって傲慢になってしまった叩き上げ経営者の典型的な事例ですね。その事業を「やりたい」のは、経営者であるあなたです。従業員は「あなたのやりたいことを手伝ってくれている」存在に他なりません。感謝の心を忘れてはいけませんよ。感謝や思いやりがないから部下の気持ちが離れて、反発されていることを自覚されては。

はじめまして。
拝見させていただいて、解決方法は既にお持ちである事から、大変優秀な方なのだなと思いました。
何故この記事で「できない理由」を構築しようとされているのかが不思議です。
経営者ではなく、従業員であれば、それで問題ないのかもしれませんが、方法があるなら、是非とも実行すべきです。
人件費の面で、閑職が創設できない。人情の面で外に回す事は避けたい。では面倒でも。

はじめまして。
拝見させていただいて、解決方法は既にお持ちである事から、大変優秀な方なのだなと思いました。
何故この記事で「できない理由」を構築しようとされているのかが不思議です。
経営者ではなく、従業員であれば、それで問題ないのかもしれませんが、方法があるなら、是非とも実行すべきです。
人件費の面で、閑職が創設できない。人情の面で外に回す事は避けたい。では面倒でも。

>キャリアも長いのだから、せめてこのぐらいはこなしてくれよ、という思いでお願いした仕事が進んでいないという報告を管理者から受けて「どうしましょう」と判断を仰がれるのが一番辛い。

本人にずばっと言った方が早いよそれ。
「馬鹿話の相手としてはいいけど、仕事遅くて困ってんだよ。もっとスピード上げてきっちりこなしてよ。いいたくないけどさ。こっちはあんたのキャリアと能力判ってんだから、もっと期待してるわけよ。そこんとこ汲んでよ」ってさ。

レスはもうちょぴっとかんがえてからちようねえo(*^▽^*)o

蟻も一定の割合数は必ず怠けるので、人間も一定数は必ず怠けます。
あと臺灣やベトナムから人連れて来れば
臺灣やベトナム並の給料で済ませられるというのは
ちと甘いんではないかと。

隊長の心中はよく判りますね。
ある程度人が増えれば、どうしてもそういう人は80:20の法則ではないけど出現しますし。
隊長が言われている人の場合、そもそも動こうとしないのか(あるところまでやって判断に困ると周囲や上に相談する訳でもなくそこでフリーズとか。)
間違った方向にズンズン進んでいってしまうのか。それも、想定の遙か斜め上で360度ひっくり返ってるとか。
それと、やはり人の子である以上、相手が「良い人」なら、それをむげににもできないという感情も真っ当な人間なら当たり前ですしね。そういう人でないと逆に商売も長続きしないと思います。

上の人で出来る外部にアウトソージングするというのもありますが、やはり外部である以上は、機密性からも融通性からも自ずと限界はあります。自分たちのポリシーに合うか否かという問題もありますし、最悪は庇を貸して母屋を何とやらの危険もあるし、別の悩みが生じますよ。

経験上、日本語を話せるだけで、外国人にするのが安くなるとは限らないんだけどな。
平気で嘘つくし、自分たちがやることになっていることでもやらない理由(しかも理由になっていない)ばかり言って働かない。彼らを働かせるのにかかる日本人側の労力は莫大だった。
結局、仕事させるため&リカバーに日本側の人間が多数投入され疲弊して倒れていったよ。プロジェクトのトータルとしては全部日本人で固めた方が結局安かったのではないかと思う。
SI業界だけどね。
ゲーム業界だと違うのかな?

>コーチングの本とか読んだ

こういう本を読むようでは、次はハゲますかな。

単に「仕事の仕方」というスキルが存在することを知らない従業員が壁にぶつかっているだけじゃないのかな。

端からみると、狭い守備範囲に閉じこもって内向きな作業を淡々と繰り返すことに拘泥しているように見えるんだけど、単にスキル不足と捉えるべき。

およ?
俺はgigazine社長とは違うんだぞ、って話し?

ところで、「全員とのコミュ」って処方箋は規模の問題ですわな。ある規模を超えると当然に不可能です。

大企業や役所の閑職も無意味に存在しているわけじゃないのですよ。
「なれの果て」を置いておくポジションも必要なのです。
解雇のハードルが高い国家内で会社運営するには。

不安がないから働かないいのだろうな。役人もそうだけどな。

オレの経験だと、原稿とかデザインとか依頼した人全員が締め切り守ったぞ。なぜかというと、一切催促しないか、あくまで、確認を入れても催促はしないんだ。情報を与えないと不安になるんだろうなw

ようするに、期日を言ったら、それでおしまい。期日を破ったら破らせておいて、トラブルが起きれば本人が立ち会えば、まず、次からは、確実に期日は守られるようになるんだよ。

ようは、隊長も、過保護なところがあるんだよ。とりあえず、外国人一人採用したら? 外国人は過保護の環境下にない人とが多いし、まわりが日本人ばかりで、自分一人が外国人なら、ちゃんと働くような気がするけど。別に、重要なポストでなくて、掃除とか整理とかの仕事でとか。

大企業が高度成長のときなんか、転勤、転勤、転勤だったから、いっそのこと、問題がある社員は短期の出向させればいいんでないの。出向の期限をいわなければ、帰って来れなくなると思えば、真面目に働くだろうし、出向先で、実力がでれば、そこで出世させればいいのだし。

ま、それだけ、隊長が優しくなったんだろうなぁw

不安がないから働かないいのだろうな。役人もそうだけどな。

オレの経験だと、原稿とかデザインとか依頼した人全員が締め切り守ったぞ。なぜかというと、一切催促しないか、あくまで、確認を入れても催促はしないんだ。情報を与えないと不安になるんだろうなw

ようするに、期日を言ったら、それでおしまい。期日を破ったら破らせておいて、トラブルが起きれば本人が立ち会えば、まず、次からは、確実に期日は守られるようになるんだよ。

ようは、隊長も、過保護なところがあるんだよ。とりあえず、外国人一人採用したら? 外国人は過保護の環境下にない人とが多いし、まわりが日本人ばかりで、自分一人が外国人なら、ちゃんと働くような気がするけど。別に、重要なポストでなくて、掃除とか整理とかの仕事でとか。

大企業が高度成長のときなんか、転勤、転勤、転勤だったから、いっそのこと、問題がある社員は短期の出向させればいいんでないの。出向の期限をいわなければ、帰って来れなくなると思えば、真面目に働くだろうし、出向先で、実力がでれば、そこで出世させればいいのだし。

ま、それだけ、隊長が優しくなったんだろうなぁw

営業とデザイナーしかいない、零細WEB製作会社でよく聞く話で笑った。

営業ができると思って取ってきた仕事が滅茶苦茶で、それを聞いたデザイナーが「できません」言ったら、「努力が足りない」と愚痴をこぼしているような話。

まぁ、そんな話じゃないんだろうけどさ。

一流経営者や人格者が揃って降臨してますなw

奴隷使いが様になってきたな!

隊長、もう一度ご自分の書いたエッセイを読み直してみてはいかがでしょう?
そう、「困った会社見本市」ですよ。

いいなぁ、社員。

目が覚めました!頑張ります!テーレッテレー

>ダルさん

その話を逆から見ると
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20100901/216064/?P=3
こんな話だったりもしますんで、わからないもんです。

というか隊長が自分でコーチしてどうすんだっていう。隊長がすることはコーチを決めてそいつにコーチングの研修でも受けさせて、習得したらそいつにコーチ業をやらせないと。
それを何人に一人作るのかとか、上司に兼任させるのか、プレイングコーチなのか、専業でさせるのかとか、組織のデザインができてくるんです。

>ダルさん

その話を逆から見ると
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20100901/216064/?P=3
こんな話だったりもしますんで、わからないもんです。

というか隊長が自分でコーチしてどうすんだっていう。隊長がすることはコーチを決めてそいつにコーチングの研修でも受けさせて、習得したらそいつにコーチ業をやらせないと。
それを何人に一人作るのかとか、上司に兼任させるのか、プレイングコーチなのか、専業でさせるのかとか、組織のデザインができてくるんです。

業界によるのかもしれませんが「キャリアが長い」というだけで武器になることが往々にしてあります。例え肩書は部長で、実質は運転手でも、例えば相手を怒らせた時に恰幅のいい年配紳士がそれなりの肩書き持って謝罪にいかせて、とにかく頭だけ下げさせれば意外と収まったりするものです。下手に現場にタッチしてない分余計な口を利かない(利きようがない)し。「勤務歴20年」クラスをなめちゃいけないなと。

働きアリの法則で優秀な人材を集めても下位の一定数は腐る。序列をつける以上、下位は居心地がいいわけないからね。

だから一定数以上の規模の会社には閑職でも平気な奴が必要だし、それを追い出すとその上の人間が腐る。できれば従軍中の水木しげる氏みたいな往復ビンタしても気に介さないタイプがいいんだろうね。

人選を間違えて微笑みデブに撃たれる隊長なんてことにならないよう気をつけてくださいね。

日本の会社は、いい成績に対して重要な仕事を与えて報いると聞いたことがあります。
逆に言えば、右肩上がりの成長は望まず、能力を発揮されてきっちりできる仕事があるなら、それ専任の職人にしてもいいのでは?
昇格、昇給は厳しくても安定感重視になるけど。
本人もそういう生き方を望んでいるのかもしれないし、そういう人がいても良いと思う。
大勢が頂点目指しても、トップは独りしかなれないんだから結局上昇を諦めるか、独立してしまうしかないわけで。
前の方のコメントにもあったけど、外国人は日本語を話せても日本人ではない。彼らは彼らの習慣に則って働くので、単価の安い日本人と思って使うと足元すくわれますよ。

向上心ある人間がサラリーマンなんかやりませんがな

経営者にゴッソリもってかれるんですぜ?wwwwwww

「働かない社員が悪い」ですね、わかります。

「働かない社員が悪い」ですね、わかります。

労働者は経営者ほどよりは仕事に興味が無い
なぜならその仕事をする一番の要点を共有できないから
二束三文で雇われ、いつまでも居させてくれるとも限らないわけで
あなたは今は幸せかもしれないけど、雇われた人間があなたを見る目はかなり覚めてますよ
すれ違う人間程度にしか思っていない

日本人としての精神と、向上心が薄れてしまっている現代社会の現状、プロジェクトに参加できるという喜びを忘れてしまった社員。
自分達の将来の為であると考え、頑張れない方はいずれ会社の足を引っ張る可能性が高い。
頑張っている社員の為にも、向上心の無い社員には、会社から身を引いて頂く方が良いと、若輩者ながら私は感じた次第であります。
初めてさせて頂くコメントでの非礼を御許し下さい。
御社様の益々の御発展を祈念し、挨拶と代えさせて頂きます。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 【書評】『君よ わが妻よ』(石原典子・著) | Main | TGS&3DSお披露目がもうすぐですね »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ