« 南沙諸島問題のメモ | Main | 退職した大手全国紙元新聞記者にありがちなこと »

2010.08.12

【書評】ベンジャミン

 いつも、気の向くままに電波浴をしていたら… まさか現物が送達されてきてしまうとは…。

図解 世界「闇の支配者」 (ベンジャミン・フルフォード・著)

 これはヤバイ。闇の支配者が図解されているからヤバイんじゃなくて、ベンジャミンの脳内が図解で解りやすく表現されててヤバイ。何しろ、1ページ目から事実関係がいろいろ間違っててヤバイ。どうしたもんでしょう。

 イルミナティとかロックフェラーとかロスチャイルドとかフリーメーソンとか、果てはナチスにCIAと、単語的には超ヘビー級のヤバいキーワードが鈴なりになって羅列されるさまは圧巻なのだが、中身は、その、凄いです。

 個人的に事実関係や、一個一個の事実の重要さを知っている項目を元に、おおよそどの程度の代物であるかは判別つくと思うんだが、何と言うか、あの、チベット動乱とかですね、ナチスと交流してたとか、しかもアーリア人のルーツがチベット人だとか、ええと。次。東西冷戦。「金儲けするために仕組まれた、予定調和の対立」だって。うーん。

 300人委員会とか。それ、民間団体…。さらに、トゥーレ協会。アドルフヒトラーの顔に落書きされとる。ヒゲつけてみると、ニコライ2世に似てて、ヒトラーはジョージ5世の隠し子だったんだってさ。ないわ。圧倒的にないわ。

 極めつけは、恐怖のキーワード28。何これ。また出たよ「地震兵器」。もういいってば。しかも新潟中越地震は、ベンジャミンが闇の勢力のやり口を暴露したから報復のために何者かに起こされたんだって。「気象兵器」で電磁波ビリビリで死の嵐とか。麻薬コネクションとか。

 まあ、いろんな意味で1ページめくるごとに、壮絶な磁場が脳裏を襲い、確実に脳細胞が死滅する感じです。何を言いたいのか理解するために異常に血糖値が上がる状況が惹起するというか。酷い。何が酷いって、ほぼ全部が。そんな酷い本を読み切った私は凄い偉い。睡眠時間40分ぐらい返せ。そう思いました。駄目でしょ、こんな本を世に出しては。うっかり売れたら大変なことに。読んだ人の脳内が。私含め。ほんとに。


« 南沙諸島問題のメモ | Main | 退職した大手全国紙元新聞記者にありがちなこと »

Comments

表現の自由w

隊長もまったく意味がわからない文章も書いてみればいいのに。なんで、日本のブログは、わかりやすく書くのか、さっぱりわからない。ダメでしょ、読者に迎合して、自分の本当の言葉で書かないのは。

表現の自由w

隊長もまったく意味がわからない文章も書いてみればいいのに。なんで、日本のブログは、わかりやすく書くのか、さっぱりわからない。ダメでしょ、読者に迎合して、自分の本当の言葉で書かないのは。

隊長もユダヤに取り込まれたか・・・

28か。某月28日は私の誕生日。恐怖のキーワード…

おでも毒デムパにヤラレてしまいましたこの本のおかげで。

てか、きちんと読んでんじゃんw

ベンジャミンはエンターテイナーですよ。ガチで。突っ込んだら負け。

つーかうっかり本買っちゃったじゃないですか!!
なんじゃこれ、と思いながら読み進めて、最後の方で悪の秘密組織と戦う正義の秘密組織の写真の中にべんぢゃみんの写真が混ざっているところでめっちゃ噴いた。これ電波じゃなくて確信犯では??

昔はいい本書いてたのになぁ。

世界の陰謀を知ったら偉くなった気になる中途半端に頭のいい(悪い?)奴が喜んで買うこうゆうキチガイ本の方が儲かるんだろう。

キチガイ系になってから、何か予測当たった?すげぇ化学兵器で災害起こしまくってる早くその凄いネタ出してとどめさせばいいのにw

参考文献も自分の著書ばかり。
過去に自分で発した電波によって電波が増幅されていく、トランジスタの増幅効果の様なものでしょうか?

ヤクザ・リセッションとか書いてた頃はまともだったのになあ。経歴も凄いし、頭もいいはず。裏社会に首突っ込み過ぎて薬とかヤバいもの盛られて頭がパッパラパーになったのかもしれない。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 南沙諸島問題のメモ | Main | 退職した大手全国紙元新聞記者にありがちなこと »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ