« セラーテムテクノロジーの提携先とされる中国法人の営業実態が確認できない件 | Main | 我らの我らの勝間和代女史が「バブル崩壊」と書店員に煽られてブログ記事を執筆す(加筆あり) »

2010.08.15

菅政権の閣僚、一人も参拝せず

 まあ、「本格的左翼政権」の呼び声も高かったですからねえ。

閣僚一人も靖国参拝せず、80年代以降で初
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100815-OYT1T00574.htm

 んで、それに対する左右のさざめきがまた面白いわけです。

石原都知事が靖国神社参拝「英霊浮かばれない」
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100815/plc1008151320006-n1.htm
靖国参拝見送りを評価=福島社民党首
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2010081500086
靖国参拝に敏感な中国メディア、ネット上では「日本は変わった」との声も
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0815&f=politics_0815_007.shtml
「重要なのは祖国防衛に命落とした人々の善意」 仏極右党首らが靖国参拝
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/100814/trd1008141545010-n1.htm

 感想書こうとしたけど赤ちゃんが騒いでいるのでこの辺で。


« セラーテムテクノロジーの提携先とされる中国法人の営業実態が確認できない件 | Main | 我らの我らの勝間和代女史が「バブル崩壊」と書店員に煽られてブログ記事を執筆す(加筆あり) »

Comments

自民党以外は日本の政党じゃなかった、という
戦後政治を振り返る事をしないと
今後、本当の日本の政治は興らないだろうね。
 
左翼なんてレベルのもんじゃない
只のゴミの集まりだよ、現与党は。
 
 
菅も民主も程度低すぎるノビタレベルだ。

日本の歴史は、日本国籍をもっている人の歴史であって、自国の歴史を他国にゴチャゴチャ言われても、気にしないというか、もうちょうっと説明すればいいのに。

そもそも、靖国神社の様子をインターネットで世界中に配信すれば、現代の中で、どういう風に日本国籍をもっている人たちの思想が見えていいんじゃないかな。

見ればわかることを、まるで、見ないで、思ったことを見たつもりになった日本人が多いからおかしくなるんじゃないのかな。

だって、2,3年前から見に行ったら、すごい美しい女性も参拝していたし、欧米人もたくさんいた。右翼の方々もいたし、左翼の方々もいたし、思想が偏向されているわけでないし、別に日本の歴史の中で、宗教観にしても、特別特異なことでもないと思うんだけどな。兵隊をわけへだてのない。名前と魂だけでしょ。

いったい、いつまで、歴史として位置づけできないままにしておくのか、そっちの方が変だよ。あと50年たっても、異次元みたいでいるのかな。


とにかく、歴史というのは、その国の国籍をもっているもので決めること。それを丁寧に外国に説めりするしかない。国連が世界史の研究でもしているのなら別だけど。

だいたいだな、中国の歴史と、高句麗の歴史は、見解がかなり違うでしょ。論争するのは、それぞれの自国の認識が壊れないようにしているだけであって、共通になるわけがない。「チュモン」みていてつくづく感じるwww

菅ちゃんがおかしいだけで別に日本は変わっていないとマジレスしたら負けですか。

団塊世代を含めて左翼っていうのは
卑怯な感じがしますね

特に団塊の左翼ですが・・・

旧世代に対する絶対に抗弁できない
反抗の理由として(造反有理ってヤツ)
”戦争責任”なんて変なもん持ち出して
挙句の果てに従軍慰安婦だの何だの
捏造して何がやりたいかというと
単に権力志向で権力を握りたいだけだったり
前首相に至っては”いい人でありたい”
だけで来ちゃった人たちなど

反論できない戦死者やあえて口を噤んだ人たちが
反論しないのをいいことに・・・

という意味です

缶のしたり顔を見るたびに腹立たしくなります

Ass Hole元首相のドヤ顔や
Loopyの逝っちゃった顔も気分悪かったですが・・・

初めて書き込みします。
少なくとも、我が国が近代国家として歩み始めて以降の「戦争と言う公務」によって殉じた国民に対して、後世を生きる為政者の立場にある者が特定思想に感化され、「国難に殉じた英霊の御霊」を蔑ろにするなどあってはならない事です。

我々が生きる共同体である国家の礎になった方々に対し、「恥ずかしい」と感じないのかが不可解であり、そんな国を誰が信頼するのでしょうか。

信賞必罰を忘れた組織は崩壊するのが必然で、先人たちへの敬意と感謝の誠を捧げられなければ、今現在そのものを否定することとなります。

なぜなら、過去の歴史の上に今があるからです。

拙文、失礼しました。

信賞必罰って言われれば、最後の戦争で負けた時点で「罰」なのよ。
ドイツが国を上げてヒトラーを擁護しますか?
WWIの英雄ペタンはその栄光を最後まで保持しましたか?
やられたら、やり返して勝つ(勝ち馬にのる)しかないんですよ。
えっ、一兵卒の方々と指導者を一緒にするなって?
だったら今の異常な合祀状態をどうにかしないと。
そのためには日本人の手による「東京裁判」から始めるべきかね。

とりあえず団塊の老害共が全部どこかに逝っちゃうまではどうしようも無いなと諦める以外に方法がない。ほんと、何時まで経ってもこの国の癌だよな、あいつら。

留学生に尋ねられる事が多い内容。
「なぜ戦犯が一緒に祭られているのか?」
戦犯の名誉は回復されている。戦勝国裁判には問題がある。
「誰が(何が)祭られているのか?」
維新以後の軍・政府関係者で公務における死亡者。
「明治維新前の人々をどのように祭るのか?」
よく知らない。それぞれの地方ごとに何かあるのかもしれない。(靖国神社が明治に出来たことに話がいくと良くある質問。アメリカの独立記念以前は? フランスなら革命以前は?と言うと納得してもらいやすい。)
「軍人・政府関係者以外は何処に祭られているのか」
大戦での死亡者を千鳥ヶ淵で祭ってます。軍人・一般人はしていない。
「何故、軍人の方を重視するのか?」
それは誤解です。メディア等の問題。千鳥ヶ淵で戦没者を祭る式典には天皇、総理大臣、議会の議長、裁判所の長官などが出席します。また、戦争で無くなった人に対して重視・軽視の区別は良くないと思います。

靖国問題の話になった時に、靖国が何であるかよりも戦犯絡みの問題から入る事が多い点に問題があると思います。中国・韓国にいくら説明しても無駄でしょうから、そんな大きな労力を使っても仕方ないと思いますが、その他の国に説明や理解を求める作業には力入れた方がいいと思います。

政治問題と切り離すべきだといったところで、中韓中心に政治問題化する動きが現実にありますし、民間の行動になってくると内政干渉ですらない気がします。(中国あたりになると国が先導している疑惑が濃厚な気がしますが。)こういう問題も安全保障の一環のような気がしますが・・・。

また、メディアの関心がそのままに、靖国>>>千鳥が淵、軍人>>一般人と取られてしまうことも多く、説明しづらい状況もあります。酷い話になると軍国主義、ナチ、ネオナチにまで話が及びます・・・。

まとめると「靖国を参拝しない天皇は国民を大事にしないゴミだからこの世から消し去れ」って意味かしら?

>山田一郎氏
おいらも、なんで戦犯、というか戦場に出ないで勝手に自殺したり東京裁判で死刑になったりしたおっさんたちを後生大事に靖国にいれとくのかがわかりません。

何代か前の宮司が勝手に合祀しちゃって昭和天皇が激怒して、それいらい皇室は靖国にいかなくなったと聞いてますが、じっさいのところ英霊から間違えた分を抜くっていうのはないんですかねえ。祝詞だかなんだか文章を作ってやっちゃえば簡単な気もするんですが、抜かれた方が宮司の夢枕に立って祟るんですかね。

国としたら少なくとも戦争犯罪人をまつるべきじゃないでしょね。失敗した人々が上に残った日本は、なかなかミスを認められないのが悲しいところです。まあ、世界の流れからいっても、ミスったことを隠すのは難しいでしょうけど。

> 先人たちへの敬意と感謝の誠を捧げられなければ、今現在そのものを否定することとなります。
>
> なぜなら、過去の歴史の上に今があるからです。

老若問わず、このフレーズを愛する人々が多いがねぇ。

ガキかね。
清濁ともに持てるのが人間であって、その片方を否定することこそ「今現在そのものを否定すること」だろうに。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« セラーテムテクノロジーの提携先とされる中国法人の営業実態が確認できない件 | Main | 我らの我らの勝間和代女史が「バブル崩壊」と書店員に煽られてブログ記事を執筆す(加筆あり) »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ