« 良く分からないけど「健全サイト」認定ってやつ | Main | ディズニーワールドでドナルドが痴漢 »

2010.08.19

セラーテムやチャイナボーチーの面白エピソードがFACTAに掲載さる

 なんか早くもFACTAで相関図つきの記事が… 仕事早えな。

「中国のハイエナ」が大証裏上場
http://facta.co.jp/article/201009041.html

 知らんネタも幾つかあったので確認してみようとも思うが、チャイナボーチーの件はオフショアか…。

 問題のパシフィック監査法人を調べてみると、いっぱい面白ネタや次の弾丸候補みたいなのが出てくるのが楽しいわけです。確かに隆盛監査法人からの流れもあるんですね。亡くなられた赤坂せんせとも諸事ご関係があったような。

新興監査法人 - パシフィック監査法人
http://blog.livedoor.jp/cheesecakelover/archives/628560.html

 まあ、普通に程里全をファイナンス情報で辿っていけば不思議な形で破綻した比特科技に行き当たり、あっさり関係者も見つかるのは言うまでもないことなんですが、あんまり気にせずヘラは承認しちゃってたということなんでしょうかね。科信能環もスマートグリッド関連の事業で云々という話のようですけど、地域ごとに組成される連合には名前が見当たりません。香港のCEE開発の100%子会社で、その親会社にあたるCEE中国もセラーテムの100%子会社なのだから、外資扱いになる中国では入札資格はありませんしねえ。

 記事中の北京誠信とWCIとの関係においては、常識的に考えるならば実態の乏しい北京誠信を子会社化したことによる中国事業の進出を喧伝することでセラーテムの株価を吊り上げようという風雪のルル的なパターンはすでに主力事業から全部撤退した新華ファイナンスの踏み上げ方法に似ていますね。

 程里全に問題があるからと言って、ただちにチャイナボーチーがどうこうというのもないのかもしれないが、記事中ではもともと中国人とされる宮永氏の件も含めごく少人数の中国人でオープンリーチな感じのアレをかましていて凄いです。

 別に市場監視を総動員して行えというつもりもないけど、ここまであからさまなのはなあ。


« 良く分からないけど「健全サイト」認定ってやつ | Main | ディズニーワールドでドナルドが痴漢 »

Comments

 阿部編集長と隊長って、もしかしておつきあいあるわけ?
 なかなかあの人も面白い記事を載せてるよね。鼻の利き方というかアンテナの受信感度似てるのかね。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 良く分からないけど「健全サイト」認定ってやつ | Main | ディズニーワールドでドナルドが痴漢 »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ