« Yahoo!JAPANがGoogle検索エンジンを採用した件で | Main | ブラックスワンな成功者と、知力の問題 »

2010.07.29

米著作権庁が著作権法を改定して世界中から面白がられる

 実にいい感じで騒ぎになっておるわけですが。

Now legal in the U.S.: Jailbreaking your iPhone, ripping a DVD for educational purposes
http://www.crunchgear.com/2010/07/26/now-legal-in-the-u-s-jailbreaking-your-iphone-ripping-a-dvd-for-educational-purposes/
iPhoneのロック解除は合法に 米著作権局が決定
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1007/27/news022.html

 そんな馬鹿な、と思ったら、本当に更新されていた。素の文章を読むとどうにも狙い撃ち加減が凄いので「馬鹿な」が「馬鹿だな」に変わった気もするが、よく考えたら消費者の権利がより一層担保されることになるわけだから、開放社会に政策スライダーが動くことになって良いような気もする。うむ、良くやった。という感じですか。

Statement of the Librarian of Congress Relating to Section 1201 Rulemaking
http://www.copyright.gov/1201/2010/Librarian-of-Congress-1201-Statement.html

 USでは二年半に一度ぐらいの割合で例外規定を見直しているので、ちょうどタイミング的に凄いところでの更新となったのでありまして、政策的にまったく逆の志向で著作権管理行政を進めようとしていたEUやイギリスなんかでは「本当にやったのかよ」と半笑いの風情で対策に追われている感じのようです。

 ゲーム業界的にはHQリゾートとして赤丸急成長中のカナダも「右へ倣えでそっちへ向かうんじゃないの」とクレイグさんとかが言っておるのでそれはそれで微妙な雰囲気に。もっとも、違法ダウンロードが引き続き犯罪なだけで、元から著作権法上は個人利用の複製は認められてきていることを考えると、すぐさま影響しないはずだと心を強く持ちたいところであります。せっかくiPhone界隈はソーシャル含めちょっぴりARPUが回復してきたところで冷や水がかかると嫌な感じですしね。

 中期的には、それはもう著作権を巡る各国の方針の違いがここまで浮き彫りになったのだから、アジェンダ増え放題でやってられん感じでありましょう。いまはいいけど、再来年とか結構地獄を見るのかも知れず。

Computer programs that allow you to run lawfully obtained software on your phone that you otherwise would not be able to run aka Jailbreaking to use Google Voice on your iPhone(ユーザーが合法的に入手したアプリケーションを携帯電話で実行できるようにする)ということは、まあ誰が読んでも「非公認アプリを実行するためJailbreakすることは、USではDMCAに反しない」のであって、いろんな国やキャリアが「垂直統合モデルや! 超重商主義で排他的にして稼ぐで!!」とか言ってた連中が頭を抱えるわけでありまして。

Apple loses big in DRM ruling: jailbreaks are "fair use"
http://arstechnica.com/tech-policy/news/2010/07/apple-loses-big-in-drm-ruling-jailbreaks-are-fair-use.ars

 各国のブログを見ていると、appleへの各々の温度感や手触りの違いといったものが感じられ、通底しているのは「appleざまあw」か「何考えてるんだUS」かの二択で、しかも現段階では徹底的にどうでもよく、しばらくすると各国の著作権行政で「USではこうだ」という海賊系親米厨や某金髪が面白がり事務方は困り果てるという構図が見え隠れして心地よいわけです。

 Appleが何と言おうと適法である以上は、正式対応されないアプリでも起動させられるような仕組みを考える奴らが続出するでしょうし、非公認のマーケットプレイスとかネット上の闇市風に堂々と営業するのかもしれないですね。まあ、埋もれるアプリが今以上に増えるということでもあるわけですけれども。


« Yahoo!JAPANがGoogle検索エンジンを採用した件で | Main | ブラックスワンな成功者と、知力の問題 »

Comments

sonyガクブル こうですか? わかりません><

アップルはネット課金に成功したんだから、著作権保護より、ゆるめて、配当有利にした方が、ある意味、中国みたいでも利益がでるんだったら、ちょっと見習おうという流れなんじゃないかな。

なんていうか、課金が難しいなら、著作権は保護していないとならんけど、課金ができるなら、課金の中に著作権料が含まれてしまえばいいわけで。

で、釣りゲームを無料でしていて、バランスが絶妙なんだけど、つまらなくなっている。原因は無料だから。やっぱり、ゲーセンが今でもあるように、小銭をちゃんと払って遊んで、景品がもらえたりした方が楽しいと思う。

なので、日本のITも課金が上手になるとか、じゃなければ、プロバイダが課金に協力するとかさ、銀行が課金に参入するとかすればいいのに。

アップルはネット課金に成功したんだから、著作権保護より、ゆるめて、配当有利にした方が、ある意味、中国みたいでも利益がでるんだったら、ちょっと見習おうという流れなんじゃないかな。

なんていうか、課金が難しいなら、著作権は保護していないとならんけど、課金ができるなら、課金の中に著作権料が含まれてしまえばいいわけで。

で、釣りゲームを無料でしていて、バランスが絶妙なんだけど、つまらなくなっている。原因は無料だから。やっぱり、ゲーセンが今でもあるように、小銭をちゃんと払って遊んで、景品がもらえたりした方が楽しいと思う。

なので、日本のITも課金が上手になるとか、じゃなければ、プロバイダが課金に協力するとかさ、銀行が課金に参入するとかすればいいのに。

(4) Video games accessible on personal computers and protected by technological protection measures that control access to lawfully obtained works, when circumvention is accomplished solely for the purpose of good faith testing for, investigating, or correcting security flaws or vulnerabilities,

これってマジコン合法化って意味じゃないのかな?
アメリカで任天堂がマジコン業者相手に訴訟してたけど、
これがそうなら負けるな。

Apple側としては、iPhoneのロック解除が充電中発火を引き起こした場合に米国PL法でどうなるかがかなり心配でしょうね。

もし、DMCAの規定の見直しは妥当であり、予見可能だったということになれば、影響が過去の全製品に波及しかねません。

今後の製品については、物理的にヒューズ等を追加してガードの段数を増やすぐらいしか有効な対策は無さそうです。

 んーとつまり、稼働アプリのために脱獄してもいいってだけで、違法コピーソフトはダメだし、たぶんエロソフトをガキが入れたら管理不行届で頒布元が怒られるのは変わらないってことだよな。
 そしたらMacとかPCと大して変わらんような希ガス。

 まぁウィルスしこんだ変なアプリが流通してユーザーが事故っても脱獄された俺には責任無いから文句は著作権庁に言えよ(゚Д゚)ゴルァ!!とクパチーノがPL認定外を裁判し出したらどうなるんだろうかって興味はある。
 ただ、脱獄したユーザーの故障を受け付けることにはなるだろうけど修理代金はぼったくってもいいんじゃないか>林檎屋

金髪とは俺のことかっ!
by 津田

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« Yahoo!JAPANがGoogle検索エンジンを採用した件で | Main | ブラックスワンな成功者と、知力の問題 »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ