« Appleって面白いなあ | Main | 内閣官房機密費について »

2010.07.07

ネット民、楽天の社内公用語を英語にするという三木谷社長の微妙な英語力を心配する(追記あり)

 個人的には、世界へ伸びていこう、日本市場だけに固執しない企業にしていきたい、という強い意志を感じさせる社内公用語の英語化については、とても賛成です。なので、今回の楽天の社内言語の英語化はなかなか良いチャレンジだと思いますし、社員にとっても組織にとっても良い刺激になると思います。

 しかし、その楽天の社長たる三木谷浩史氏の… 英語が… その… とっても微妙です…。

楽天 社内の公用語を英語に
http://www.youtube.com/watch?v=Lq_92ljXA6o

wrong, rogue and booklog
http://kashino.tumblr.com/post/777205839/via-gyazo-com

http://twitter.com/yomoyomo/status/17881010347
[引用]"このレベルの英語しかしゃべれないのに英語を公用語にするたあ、あまりにヤンチャすぐる。確かこの人自分のことを「半分ネイティブ」とか大きく宣伝していたよね。どんだけ自己肯定感のバイアスが強すぎるというのか、「楽天的」というのか。" http://bit.ly/any5TU

 きっと、「英語の上手下手は関係ない。新しい世界へ飛び込んで逝くというスピリッツが大事なのだ」ということを、三木谷社長ご自身が身をもって示そうとされたんだと思うわけですが… あまり人のことを言うつもりもありませんけれども、さすがにもう少しどうにかならないのでしょうか。

 個人的には、ピンクレディーとか宇多田ヒカルとか高橋健とかがアメリカ挑戦して玉砕する絵に近いのか、あるいは限りない野心を滾らせ轟音と共に太平洋を渡る戦艦なのかは悩ましいところです。

(追記 15:01)

 で、どうやら例示されたNHKのカットだけ微妙だったらしく、流暢に英語でプレゼンするミキティの映像が!

http://youtu.be/qqxZaE0GAyY

http://twitter.com/tabbata/status/17927771406
[引用]日本人の前であまりに流暢過ぎると、反感かうかも、という処世術が無意識に働いた?RT @kirik: ほんとだ、こっちで聴くと全然普通だな。なんでNHKでのカットはあんなんなんだろw こっちの11:40く http://youtu.be/qqxZaE0GAyY


 微妙に心配したんですがどうやら杞憂だったようです。それにしても、ミキティだけど松浦亜弥とはこれいかに。歌丸です。

 ついでに高橋建も修正しておきました。ご指摘ありがとうございました。


« Appleって面白いなあ | Main | 内閣官房機密費について »

Comments

> あるいは限りない野心を滾らせ轟音と共に太平洋を渡る戦艦なのか

なんつーか、ろくな燃料もなしに沖縄に向かってるようにしか見えん。日本企業の良さを極めてるわけでもなく、肝心のネットサービスで日本で圧倒的なシェアを持ってるわけでもなく、楽天発の革新的なサービスを打ち出しているわけでもなく。

え?微妙ですかねえ。個人的にはまあまあだと思うんですが。
それにしても、英語が公用語だと誰にでも気軽に話しやすいところはあるかもしれませんね。日本語はもうプロトコルが口頭でも文書でも煩雑で。
社長が簡潔で聞き取りやすいアジア英語を社内に普及させようとしているのだとしたらこれはかなり先見の明があると評価できるのではないでしょうか。

け、け、け、健ちゃうわ!

これはさすがに……。
別に流暢でなくてもいいとは思うんですけど、ゴーンさんのように訛っているなりに明晰に話さないと、業務にも支障が出るんじゃないですかね。

へ?これって国内向けのパフォーマンスだと思っていたので、和製英語で単語並べてルー大柴を大量発生させていればオーケーだと思ってました。

This timeのentry、last二行がexcellentね!

隊長は、文通路線の強化週間なのか。笑

英語もプログラミング言語も、単文で、構造化の密度なんだよ。

日本語でやると。

楽天は英語を選択した。公用語は重要だ。国際社会では英語。よって社運を英語にかける。

こんな感じなんだよ。スピードがあるけど、バカみたいだろ。でもいいんだ。

実際は、英語で、なんかチンタラした日本語みたいにやればさ、頭の中はなんも変わらんよ。

アメリカ人ってほんとバカだよな。チャットで、hry? とかやってるよ。これとかわらんかもね。

ただ、本当に頭がいいなら、日本語で外国人に伝えることができるし、言葉をちゃんぽんに、ミスター長島のようにやれるんだよ。

隊長は、文通路線の強化週間なのか。笑

英語もプログラミング言語も、単文で、構造化の密度なんだよ。

日本語でやると。

楽天は英語を選択した。公用語は重要だ。国際社会では英語。よって社運を英語にかける。

こんな感じなんだよ。スピードがあるけど、バカみたいだろ。でもいいんだ。

実際は、英語で、なんかチンタラした日本語みたいにやればさ、頭の中はなんも変わらんよ。

アメリカ人ってほんとバカだよな。チャットで、hry? とかやってるよ。これとかわらんかもね。

ただ、本当に頭がいいなら、日本語で外国人に伝えることができるし、言葉をちゃんぽんに、ミスター長島のようにやれるんだよ。

ん?そんなにひどいかなぁ。

今日も三木谷はムーンにフィット。

英語を第2言語として、そしてまたBusinessで使うのなら三木谷さんの英語で十分だと思います。そして例えば、Native Englilsh Speaker並の英語力が必要になる契約書の作成・確認作業などでは、Native Englilsh Speakerの弁護士に任せれば問題ありません。

また今回の件で、そもそも多くの日本人が「第2言語」という考え方を知らないのかなと感じました。

■参考 第2言語としての英語。第2言語という考え方
http://wisdomofcrowdsjp.wordpress.com/2010/02/11/e003/


そして「第2言語」という考え方を知らないから「Native English Speakerのようにペラペラと話せないのは恥ずかしい事」と思い込んで、英語を話す事を躊躇っている。だから英語が上達しないのかもとも考えました。

■参考 さよなら試験勉強のための英語。Lang-8で日本人以外の価値観を知る。
http://wisdomofcrowdsjp.wordpress.com/2010/03/05/e030/

俺は何となく聴き取れるけど、ネイティヴの嫁が二度聞いて何いってんだか分からんと言ってた

本人は半ネイティヴと本当に自称しているんだとすると、よっぽど勘違いしていると思うが

私の外資系金融機関で10年近くやってきた経験から見ても、そこまでひどい英語とは思えません。確かに流暢ではなくゴツゴツして聞きづらいですが、「この程度の英語で社内公用語なんて冗談だろ?」という冷笑が、日本人の英語へのバリアーになり、どれだけ学ぶ意欲を失せさせてきたかを思うと、意義深いチャレンジと思います。これでいい、とは言いません。しかし、やっぱり敢えて言います。英語を話す上で大事なのは、流暢さではなく、中身だと。・・・とついマジレス。

これにしろ、任天堂の岩田社長の英語にしろ
「英語のできない日本人」って
他人の英語力に異常に厳しいね。
ネイティブと同レベルの流暢な英語しか
通じないと思ってるようだ。

このレベルで話せれば、必要十分。
というか、帰国子女でもない限り
ネイティブみたいな英語は一生話せないし
身につけようとするのも不毛な努力なんだけど
それを知らないからね。

そもそも、楽天みたいな形態の企業が海外へ出て行って戦えるとは、とても思えません。なにすんの?

そもそも、楽天みたいな形態の企業が海外へ出て行って戦えるとは、とても思えません。なにすんの?

三木谷社長はロックだ(以下略

ドイツ語で話す練習をしているが、ドイツ語と比べ英語はかなりいい加減な言語のような気がする。英文法を学んでも例外が多く結局イデオムを含んだ短文をたくさん丸暗記する以外に上達方法はない。こんないい加減な言語はいい加減に話せれば十分である。

うっちーが「リンガ・フランカの勧め」って言ってたでしょ。
それはそれとして、マッチョで自己中は嫌いと正直に言えばいいのに。

俺にはネイティブの嫁はいないけど、
俺は普通に聞き取れるけどね。
これが全然聞き取れないんだったら、
イギリス人の英語も理解できないと思うけど。

自分も少し英語がしゃべれますが、
三木谷社長の英語は叩かれるほどのものじゃないと思いますよ。普通に外国人にも通じると思いますし。

多分、英語を喋れない人は勘違いしてると思うんですが、ネイティブ=発音がキレイで、自分たちが聞き取れないくらいペラペラで喋ると思って叩いてるんじゃないですかね。
ネイティブの言葉の意味は、その通りなんで、ある意味正しいんですが、三木谷さんは多分、「発音は別として、自分の伝えたいことがちゃんと英語で表現できる」という意味で半分ネイティブって言ってるんじゃないでしょうか。

↑のコメントの中で何人かの人が言ってる通り、発音は、ある程度大人になって英語を学んだ人は絶対にネイティブのような発音にはなりませんので。三木谷さんの場合は銀行時代に留学した時ですよね?

英語圏に行ったことがある人であれば、ご存知の通りですが、本当のネイティブって人以外に、英語を自国語発音(例えばスペイン語訛り)でペラペラ喋ってる人は沢山います。
自分が表現したいことを自由に表現できるなら、それは半分ネイティブって言っても別に何の問題もないと思います。

こういう意見を見ると逆に日本人の英語コンプレックスの強さを再認識します。
確かにもう少し発音が明瞭な方がいいですけど…
実際にはこれ以下のレベルでバイリンガルとして立派に活躍している日本人はいっぱいいます。
この英語を下手だと思った方はすぐにでも給料のいい外資系にチャレンジしましょう。

>こういう意見を見ると逆に日本人の英語コンプレックスの強さを再認識します。

隊長も翻訳家のyomoyomoも英語が達者だし、俺も英語は普通に解するが、赤面するような英語を経営者が喋ってそうだという話なのになんで英語コンプレックスって話になるのだろ。

英語は伝わればいいと思います。大切なのは中身。

■参考 英語は伝わればいい
http://ameblo.jp/makfive/entry-10581898232.html

英語は伝わればいいと思います。大切なのは中身。

■参考 英語は伝わればいい
http://ameblo.jp/makfive/entry-10581898232.html

よく最近英語を公用語にとか言う人がいるけど、自分の経験からは信じられない。
長く駐在員をやってきたけど、英語の会議はやはりしんどかった。5~6人でやる、米人を含めたミーティングであれば、これはそれなりに進んでゆく。
しかし、これが会議室を使い、テーブルを口の字にした本格的会議だと、自由に発言できる人は、限られてくる。発言しているとき、その内容について質問されれば、その場ですぐ答えなければならない。しかし参加者全員から注目を受けているときに、英語をその場で組み立てて話すのは決して易しくない。
英語が公用語とかいうのは多分ポーズで中身はないと思う。

ラスト二つのコメントに激しく同意。まぁほんと発音ばっか気にしちゃうようなくその役にも立たない英語教育とその意識刷り込みの賜物ですねぇ。シリコンバレーにでもいってみたらいいと思う。
英語うまくなりたいとか、今必死で勉強している人は特に。
どれだけいろんな国から人間が集まってそれぞれの国のアクセント丸出しでコミュニケーションとってるのかってのを見たほうがいい。

隊長にしても、微妙とか言ってるけど、どう微妙なのか説明してみてよ。そもそも、スピーチでもなんでもないようなあんな短いきれっぱしみたいな部分を切り取ったビデオクリップみて何を判断したんだよ。どうせ発音だけ聞いて微妙とか言ってんだろ。お前アメリカ英語とブリティッシュ英語の違いは聞き取れるかもしれんが、じゃあ違いをちゃんと発音できんのかよ。テキサス訛りはどうよ? ネイティブ発音をただ”わかってるつもり”だけの奴が、偉そうに批判してんな馬鹿が。

私も三木谷さんの英語はなかなかいいと思いました。(在加5年)

英語の社内公用語は、井の中の蛙日本人が変わるため、とても勇気ある行動で支持します。

日本人は自分たちが世界の多くの新興国の人達より英語習得が下手であることをきちんと認識し使えるようになるよう努力するべきだと思っています。

いいこととは思う
けど自社社員の英語学習に金銭補助があるかないかで印象が変わるんですが

> 赤面するような英語を経営者が喋ってそうだという話なのになんで英語コンプレックスって話になるのだろ。

mikitani hirosiでyoutube検索すると出てくるけど、彼の"entrepreneur"座談会の英語は悪くない。これを恥ずかしいって言うなら、日本に一生引きこもってるしかないだろうと思う。

あと、翻訳家と比べて英語が下手、とかそりゃ当たり前なんじゃないかな。英語力でも負けたら、翻訳家のウリって何よ?翻訳家は自分より英語が下手な人を馬鹿にしても良いの?

通りですが、

>米国住みさん
>英語力でも負けたら、翻訳家のウリって何よ?

翻訳家のウリは翻訳される言語についての能力ではなく、翻訳する言語(及び文化)に対する能力です。

追記のリンク先の動画を観てホッといたしました。
英語が母語でないマネジメントとして必要にして十分。
ごめんね、ミキティ…。

というか、あのNHKの映像だけを観て「あれで十分」などと強弁していた方々って一体…。
あれだけ観たら心配になりますって。
処世術であった説はいかにも深読みっぽいし、あの日はトイレでも我慢していたのかなあ。

トップ自らチャレンジという話のままでいいだろうかと。英語のレベルは余計な心配では。
話さない事には上達しないですから、ある程度がどの程度か分かりませんが、そこまでいかないと英語を人前で話さない、では上達しないと思います。
ただ、その国それぞれの言語がありますから、やっぱり、その言語をちゃんと理解できてる、ビジネスで使える人がその国では必要だと思います。共通言語(英語)+その国の言語でしょうか。

全然微妙じゃないと思います。日本の訛りがあって、むしろ知的に感じます。アメリカ人は聞き取りにくいかもしれないけど、国際的には問題無く通じるレベルです。

敬語が日本語程多くないのと英語は主語が明確だから公用語にはいいんじゃね?
日本語ってあいまいな表現を多用して責任をうやむやにしようとしたりできるしw

筆者の追記前にコメントした者ですが、ちなみに自分は筆者が追記でポストしたyoutubeを見た上で三木谷さんの英語を判断してコメントしましたので、ご理解を!

>個人的には、ピンクレディーとか宇多田ヒカルとか高橋健とかがアメリカ挑戦して玉砕する絵に近いのか、あるいは限りない野心を滾らせ轟音と共に太平洋を渡る戦艦なのかは悩ましいところです。

藪恵壹が抜けていると思いますが。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« Appleって面白いなあ | Main | 内閣官房機密費について »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ