« 木村剛が立件 そして伝説へ | Main | 木村剛 逮捕と論点 »

2010.07.13

【告知】4Gamerでソーシャルゲーム界隈の微妙な感じを書きました

 執筆したのは先々週でしたが、諸事ありまして調整ののち、無事月曜に掲載されたようです。事後で恐縮ですが、報告など。

【切込隊長】お前らの遊ぶソーシャルゲームのプロジェクト予算の7割は広告でできています
http://www.4gamer.net/games/095/G009575/20100712001/

 ソーシャルアプリの開発会社で売上面での異変が起き始めていたので書いた記事がこちら。

ソーシャルゲームとブラウザゲーム界隈でバブル発生中
http://kirik.tea-nifty.com/diary/2010/06/post-0b13.html

 また、幾つかフォローアップ記事を頂戴しているようです。はまちちゃんのエントリーは違うけど、参考になったので。

ソーシャルゲームのブームはすぐ終わる
http://d.hatena.ne.jp/Hamachiya2/20100712/social_game
ソーシャルゲームブーム終了のお知らせについて
http://d.hatena.ne.jp/gamella/20100713/1278951377
ソーシャルゲームの無くなる日
http://sionic4029.wordpress.com/2010/07/13/thedaysocialgamesstoodstill/

 4gamerに書かなかった部分としては、あの記事はPCとモバイルをシームレスな市場として捉えて書いていることもあって、国内大手プラットフォーマーやFacebookで大きな利益を上げたプレイヤーの一貫して強気なスタンスについては好意的にも批判的にも書きませんでした。ZyngaがGoogleやソフトバンクから出資を受けたり、海外のキャリアが顧客へのサービスの一環として端末にプリインする動きなどは、そのうち書くかもしれません。

 私としては、ソーシャルゲーム業界全体がいかんというのではなく、単純に業績を上げるための方法論として商品・サービスの品質を上げるよりも広告宣伝を積んだほうが係数が高い状況はジャンルの最終局面に良く見られる傾向だと思っており、また、ソーシャルゲーム業界とレガシーな据え置き機ゲーム業界とで関係者のモノの考え方や価値観が隔絶しているところに問題意識を感じています。歩み寄れ、というわけではないのですが、メディアはどうであれ最終ユーザーは結局人であり、人に対してメディアやコンテンツがどのような働きをするのかについては引き続き良く考えていかないことには社会が豊かにならんと思うわけです。

 それはいまだ楽天グループが入れてもらえないEMAの問題であったり、GREEに出資して経営者が「儲かった」と発言してしまうKDDIの問題であったり、さまざまあるわけですけれども、こういうネット業界の延長線上としてのソーシャルアプリ界隈の機微と、コンテンツの良質さに拘りユーザーにエクスペリエンスをいかに積んでもらうかに命をかけているゲーム業界の琴線というのはまったく別のものでありまして。

 「だからスマートフォン向けアプリやろうぜ」という主張もまた、よりフォーカスされた「で、俺たちどこで喰っていくよ?」という問題の中である種の場当たり的だけど最適の解決策のひとつとして念頭に置かざるを得ない。

 同じように、出版業界も荒れているし、最近ではラノベの飽和の話もある。まあ、個別の盗作問題と並べて論ずるのはあまり賛成はしないけどな(笑)。

ラノベ界、「相次ぐ盗作」と「市場の飽和状態」の関係
http://news.livedoor.com/article/detail/4879719/

 要するに、「業界に関わりたい、生き残りたい人数」に比べて、「業界の市場の大きさや利益率から逆算される、業界が養える人数、払える金額」がどんどんしょぼくなり、同じ業界だけでは喰えなくなって、他の業界と連携したりしてみたけれどうまくいく案件いかない案件がはっきりし始めて、いよいよヤバくなってきたので会社自らが異業種異業界へ飛び込んでいこうというフェイズなのでしょう。

 そこには、才能の使い捨てだったり、恒常的な下請けのダンピングだったり、進まない違法コピー対策だったり、低俗で過激なものがウケると安易に手を出すプロデューサー・編集者の資質だったり、さまざまな関連があるのだけれども、4gamerでも書いたとおりチープなものでも話題性を求めてそれに飛びつくユーザーがマジョリティであれば市場も必然的にそれへ対応しなければならないということで、制作者に対して常に強いストレスがかかるのもまた事実なのです。

 だから、バブルという書き方はしたけれども、ナタデココとかたまごっちと同種同類のブームであって、あのときたまごっちのパチもんが大量に各社から出てみんな冷笑していたのと同じ光景がデジタルで行われているということにいかに早く気づくかだと思うんですよね。

 それでも喰えるというのは大事なので、きちんと環境に対応し続けるのはいいことだと思うわけですけれども。


« 木村剛が立件 そして伝説へ | Main | 木村剛 逮捕と論点 »

Comments

「弾幕系じゃなくて弾速い系の縦シューの時代が来る」まで読んだ。

こっちも周知しましょうよ

右往左往する「通信と放送の融合」/山本一郎
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100712-00000001-voice-pol

たまごっちにしても、団子三兄弟にしても、泳げたい焼きくんにしても、なんだろ世評というのか、オペケペーというか、おちゃらかほいというか、そういうムーブメントを作り出せればいいんじゃないかな。

稚拙なことをやっているのに、綿密なビジネスマーケティングするコストが高くて、広告にしがみつかないとならない。

有料化で生き残ろうと、演劇に手をだしているところもあるけど、いい社会勉強にはなると思うけど、興行のことをたぶんわかっていないというか。興行っていうのは、ハリウッドでも、予備軍と前衛でハゲしくいれかわっていたりして、層が厚いんだよね。

あと一番気になるけど、緻密すぎるのも気になるなぁ。その割には結果を大切にしない。石橋をたたきすぎて渡ったら橋の真ん中で橋全部が落ちたみたいな。被害甚大。最初から被害甚大にしてるような。このあたりのメンタリティー、どうにかならないかな。

で、ピグがいいなぁというのは、なんであんな仮想動物に1000円もだすのか、あるいは1000円を手に入れるためにネットで努力するのか、とても興味深い。ここから考えると、大阪がカジノを始めるというけど、日本が世界で勝負できるのは、国営ネットカジノなんじゃないの? カジノが反道徳的だというなら、証券市場をすべて、外国語対応にして、世界中の銀行口座と連携したりクレジットカードで買いやすくすればいいのかもしれないな。当然、既存にある競馬なども、外国語対応にして、外国人がネットから買いやすくするとか。テラセンだけで、国債の利子が払えたりしてwwww

たいちょ、このネタで一冊本買いてちょ

タダのゲームをテレビCMで宣伝して遊ばせるってもの凄く
非効率的だよね。宣伝すれば人が来る、サーバー代がかかる、
ゲーム制作費がかかる。けど無料だ。広告で利益を取るしかない。
よく見ればCMに乗ってるのはテトリスとかぷよぷよとか既に
名前の知れた古いゲームだしね。

長い目で見れば、お金取って新しい価値を提供できるゲームを
開発するところしか続かないと思うよ。

ソーシャルゲームが "しっかりした"事業になるなんて思ってやってる人はいないでしょう。自分も然り。

わかってても他に金になるものがないので仕方なくやってる。

ぎりぎりでマザーズにでも上場できれば,,,

そっから先に進める資格がある人材自体が絶対数でいないわけだし
いいんじゃないの、そんなんの繰り返しで。
 
凡人は死ぬまではあくせく働くしかないんだぜ。

Facebookの怪盗ロワイヤルが終了ですか、そうですか、、

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 木村剛が立件 そして伝説へ | Main | 木村剛 逮捕と論点 »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ