« 池田信夫、金融庁の処分内容も読まずに木村剛を擁護 | Main | いくらブロードバンド時代だからって »

2010.06.15

ツェーゲン金沢、柏レイソルに勝利

 サッカーとか選手もルールも全然分からないけど、skype会議がなかなかうまくグループ通話できないのでちらちらワールドカップ観ながら面白がっておりました。

 日本勝ちましたね!

 ワールドランキングでは、日本が45位ということらしいので、日本のサッカークラブに例えると… ツェーゲン金沢とかいう知らない団体なみであることをtwitterで教えてもらいました。

http://ameblo.jp/tatoetemita/entry-10559596009.html

 で、カメルーンが19位の柏レイソル。なんか聞いたことある、その球団。

 こうやって観てるとサッカーも面白いですねー。でも、成績ヲタである私からすると、出塁率とかWHIPとかに該当する普遍的データってサッカー界ではあるんでしょうか。どうやって選手ごとのSTATSを比較しているんでしょうかねえ。ポジションとかも被ってるし。良く分からんちん。


« 池田信夫、金融庁の処分内容も読まずに木村剛を擁護 | Main | いくらブロードバンド時代だからって »

Comments

シュート何本、そのうち枠内シュートが何本、パス成功率とかを出していることもありますね。

シュート何本、そのうち枠内シュートが何本、パス成功率とかを出していることもありますね。

JリーグではOPTAというシステムを使って選手のプレイを数値化しているのですが、非公表なんですよね。

あと、最近はGPS使って各選手が試合でどれだけの距離を走ったかは一桁メートル単位まで出すことができます。

シュート関連だけでも、ゴール、シュート数、枠内シュート率、シュート決定率なんかがあります。
他にもアシスト数とか、パス成功率、タックル成功率、ファール数とか、いろいろです。

Jリーグだとこれですね。http://www.stats-stadium.jp/

http://www.stats-stadium.jp/pdf/09_Analysis_KASMvsG-OS-FXSC.pdf

これがJリーグ公式のデータ集計です。
こういうのは隊長好みではないでしょうか。

そのネタ引っ張ってくるとは。サカオタ沸いてくるよ。
ツエーゲンは低すぎる。富山ぐらいが妥当かと。

ボール支配率というのもあります。

体調はキーパー専門ファンになるといいかも!

 走った距離とかいうのもありますね。ゲームでいうとスタミナということになりますか。スピード・身長+ジャンプ力・ドリブル時のスピードとかの基本能力。
 キック力(スピード・距離・正確性)ボールのキープ力・数値に表しにくいのがポジション取りのうまさとか一瞬のひらめきとか。
 野球データのアソボウズみたいな会社はあるんですかね。

【W杯】平均7.8キロ、日本「走り勝ち」 岡田指示通りデータ裏付け 一番走ったのは…

http://sankei.jp.msn.com/sports/soccer/100615/scr1006150916059-n1.htm

何年かぶりの釣りキター

>ツエーゲンは低すぎる。富山ぐらいが妥当かと。

単純に順位を比べてるだけだしいいんじゃねぇの
FIFAランクだって実力を忠実に反映してるわけじゃないし
今年の柏なら12位以上も狙えそうな感じだし。

ツェーゲン→ツエーゲン

強いんだという意味の石川県の方言から。

ツェーゲン→ツエーゲン

強いんだという意味の石川県の方言から。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 池田信夫、金融庁の処分内容も読まずに木村剛を擁護 | Main | いくらブロードバンド時代だからって »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ