« 共同通信が携帯サイト共通プラットフォーム「NEWSmart」が始動 | Main | サッカー観戦が初心者すぎて何を質問すればいいのかすら分からない »

2010.06.25

朝日・船橋洋一氏の駐米大使就任の噂に見るスパイの「上がり」について

 ポスト冷戦とか言われて随分久しいけれども、一般論として、いわゆる影響力要員というのは雇い主の世論作りに貢献する一方でなるだけプレイヤーとしての立場を得ないように心がけるのが処世術でした。過去にもさまざま親密化工作であれ不安定工作であれ、極力メディアは直接の利害や立場を明らかにすることなく、中立を装って誘導しようというのが古き良き諜報のあり方だったように思います。

 で、ここのところの民主党の大使人事が不思議な状況で、菅内閣は、次期駐中国大使に伊藤忠商事相談役の丹羽宇一郎氏を起用する方針を明らかにし、いろんな意味で物議を醸す発表になりました。確かに丹羽氏は優秀な人物であり、民間からの登用がうまく機能すれば、オープンな民主党外交のあり方の指針となる可能性はあるにはあります。

 一方、駐米大使はどうも船橋洋一氏を起用する方向であるらしく、これまた何それ感溢れる状況になっております。船橋氏が親米的なジャーナリストだということで警戒する筋の話はユーラシア21研究所の吹浦忠正氏も思い切り書いておられますし、大丈夫なんかなあ、と思うところであります。

駐米大使に船橋洋一氏?
http://blog.canpan.info/fukiura/archive/7016

 ここから先は、また一般論と私の妄想の世界になるわけですけれども。

 ユーラシア21研究所の立場の偏りは考慮に入れるとして、他に人選がなかった、官僚を送り込むことは民主党的によろしくない、オープンでクリーンかつ有能な人物を駐米大使に据えたかった、という意向が岡田外相に強かったのかもしれませんが、肝心のワシントンでは彼の「実績」はもろバレなので、何か別の考えでも日本政府にはあるんじゃないかともっぱらです。

 もちろん、そんな「高度な」ことを考えて菅内閣が船橋氏を起用していると思えず、もし「高度な」配慮をするだけの能力が備わっているならこの人選はちょっと考えづらいと考えます。単純に、”日米関係を不変のパラメータとして、パワーバランスの激変するアジアにおける地位を固める”という従来の外交方針から、民主党が明確なメッセージとして”中国にもアメリカにも大使に民間人を起用し、日米の近しさから日米中三国を正三角形の関係へと転換する”宣言を読み解いてもらおうということかもしれません。

 個人的には、船橋氏が積極的に駄目だからこの人事には反対だ、というわけではないのですが、他の人選を考えるに消去法にするまでもなく船橋氏に大使のお鉢は回ってこないと考えるのが普通だろう、と思うわけです。他のメディア人を民間人大使として起用するにせよ、それなりに納得性のある人事を東京にもワシントンにも示すべきなんじゃないかなあと。

 誤報だといいですね。ほんとに。


« 共同通信が携帯サイト共通プラットフォーム「NEWSmart」が始動 | Main | サッカー観戦が初心者すぎて何を質問すればいいのかすら分からない »

Comments

英語がしゃべれても、世界から孤立しそうだな。どうも尊敬されるということがどういうものかわからなくなっているオエライさんが多いのかもw

まいいか。アドセンスから初入金もあったし。ツイッターって今どうもすごいアクセスがある。たった一日目なのに、苦労してPR5にしたブログよりあるんじゃないかな。どうなってるのだろ。

英語がしゃべれても、世界から孤立しそうだな。どうも尊敬されるということがどういうものかわからなくなっているオエライさんが多いのかもw

まいいか。アドセンスから初入金もあったし。ツイッターって今どうもすごいアクセスがある。たった一日目なのに、苦労してPR5にしたブログよりあるんじゃないかな。どうなってるのだろ。

私も誤報である事を祈ってます。

左翼の頭の悪さを舐めたらいかんぜよ

しかし、受けるのかな。偉そうにするの大好きな人っぽいけど。大使にはかなりの謙虚さや人間的常識が必要だと思う。朝日新聞の主筆業に比べて。いくら経営が苦しいと言っても多分、今よりも年収も下がる。それでも受けたら、会社の将来は見限ったってことかも。

この勢いなら、隊長が大使に立候補してもよさそうな感じですな。

むしろそのおっさんの朝日社内でのスタンスとか評価がどんなもんだったのかなあと、朝日新聞に無縁で過ごしてきた小生は思うわけです。

ま、変な馬脚を出さないで日本の国益になればいいんだけどね。
変だったら、そのポストに着けたフランケンの任命責任てことでw

菅政権というのはサヨクというのも何か違う不思議な
ステージへ進もうとしていますな

小鳩が封印してきた自民党と相違ない構造改革志向と、
労働組合が支持してると言いつつ、その労働組合は労働者
から乖離してるために起こる単なる既得権益擁護型
親方日の丸社員志向が改めて前面に出てきてしまっている。

小沢失脚で失ったものは非常に大きいと思うが(いや
俺は一度たりとも民主に投票したこと無いが)、そのことを
自覚する(誰が?)のはそう遠くないだろう

>苦労してPR5にしたブログよりあるんじゃないかな。

コメントを二重投稿されている方がgoogleのpagerankをどう理解されているのかわかりませんが、アクセスとは直接関係なく被リンクの質量と関係しているのです。
元々、隊長のブログはpagerank5であったのですが、2年前?突然、pagerank3に下がってしまったのです。それが4になり、4日のマイナー更新で5に戻ったのです。
個人のブログでは(日本では)少ない方です。

ま、ニフティのランクでは、「ランク外」ですが。

菅さんはG8の国際会議のサミットで、完全に仲間外れにされてたからなぁ、、、他国首相と会話できない時点で先は見えていると思います。英語が出来ないのはしょうがないとしても人望がないのは一番駄目だ。
ルービーの次は、ぼっちの菅さん、民主党政権大丈夫か^^


ま、中国大使は丹羽宇一郎なわけだしね。何も考えてないし何も起こらないよ。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 共同通信が携帯サイト共通プラットフォーム「NEWSmart」が始動 | Main | サッカー観戦が初心者すぎて何を質問すればいいのかすら分からない »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ