« 木村剛、逃げ切れなさそうでござるの巻 | Main | 新興市場不毛地帯 »

2010.06.11

亀井静香大臣辞任で「奇兵隊」内閣はどうなっちゃうのか

 生命線だった郵政改革法案が会期延長見送りということで、亀井さんが大臣を辞任し、どうも連立与党から離脱する方針のようですね。

 大変な瀬戸際外交ですが、鳩山政権下の国民新党や亀井大臣の動きを見ていると、民主党としては足を引っ張られ続けたようにも見え、いまや民主党の主流に躍り出た非小沢派からしても「用済み」との判断になるのは仕方がなかろうと思います。

 何より、派手なことを言う割に実際には常識人であり、政局の読みにも強かった亀井さんだから務まっていた部分もあったことを考えると、確かに「選挙をしたいから重要法案は選挙後に」というのはいろいろ思うところはありますね。

亀井金融・郵政改革相、辞任の意向固める
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100611-OYT1T00096.htm
民主「会期延長せず」 郵政巡り国民新と調整
http://www.nikkei.com/access/article/g=96958A9C93819481E3E2E2E29C8DE3E2E2E4E0E2E3E29F9FE2E2E2E2;bu=BFBD9496EABAB5E6B39EBBB7B59B98BC8B85A0A6A891B4E0FDA6B38A82B3A0E190A2E181B680A383A3F9BEB88BE58AB18AFD9C9A8684AB91B6E4B39FEBB399A78487E0A0829BFD9DE4B690A4B39788A2B38499E7A0EBA180B6858384E0A2B894838295E5AB84A0E284828493EAB0A49885A48087EB8796AAA7EABEB3EB9486E3838295E5AB84A0E284828493EAB0A49885A48087EB8796AAA7EABEB3EB9486E3838295E5AB84A0E284828493EAB0A49885A48087EB8796AAA7EABEB3EB9486E3838295E5AB84A0E284828493EAB0A49885A48087EB8796AAA7EABEB3EB9486E3838295E5AB84A0E284828493EAB0A49885A48087EB8796AAA7EABEB3EB9486E3838295E5AB84A0E284828493EAB0A49885A48087EB8796AAA7EABEB3EB9486E3838295E5AB84A0E284828493EAB0A49885A48087EB8796AAA7EABEB3EB9486E3838295E5AB84A0E284828493EAB0A49885A48087EB8796AAA7EABEB3EB9486E3919A9886FDB7A4ABB59697EF

 とはいえ、国民新党を斬って選挙戦となると、選挙期間中に亀井さんのことですから話題づくりも兼ねてあれこれ言い始めるでしょうし、それもだるいので、閣外協力とか「別居はするけど、子供のこともあるので仲良く」みたいな状態になるのかもしれません。

 先の日本振興銀行の件もありますが、亀井さんの処遇がなかなか決まらないので金融相の管轄である金融行政のgdgdがちっとも是正されないというのは気になります。何しろ、現場のお役人が幾ら頑張っても判子持ってる政治家があまり本丸の政策や国際金融情勢にそれほど関心なし、ということではねえ… 大塚耕平氏がいなかったら、正直やばかったかなと。もっとも、その大塚氏も虚偽答弁と竹中平蔵氏に言われてたり、高橋洋一氏に根本のところから能力を疑われていたりしましたが。

 後任はこれからということで、さてそっち方面に良い人材はあったかなと議員名鑑をひっくり返してみたりもするわけですが、まさか海江田万里氏じゃないだろうなというような下手糞な予想を披露するよりも文字通り本格左翼政権となる「純正」民主党内閣になる場合のジレンマはあるわけでして。

 金融もまた国家戦略の中では大事な成長エンジンを担う担当閣僚になるので、早いところどうにかして欲しいと願うところではあるんですが。微妙な感じなんでしょうかね。


« 木村剛、逃げ切れなさそうでござるの巻 | Main | 新興市場不毛地帯 »

Comments

常識人だったらまず寝グセをなおすだろ。

常識人だったらまず寝グセをなおすだろ。

党議拘束をヤメロ。議員は国民の代表であって、党に拘束される筋合いがない。

それと、国民全体の意見の集約が最重要なのに、一部の集団の利益を最優先にする政治家はいなくなってよし。

ついでに、衆議院の解散が9月かもwww

党議拘束をヤメロ。議員は国民の代表であって、党に拘束される筋合いがない。

それと、国民全体の意見の集約が最重要なのに、一部の集団の利益を最優先にする政治家はいなくなってよし。

ついでに、衆議院の解散が9月かもwww

朝のワイドショー見てたら、金融担当相のポストそのまんま国民新党キープの希望のようだけど、人材いるんかいなと。

無能な国民新党よりは有能なミンスとか有能な共産とか有能なみんなとか有能な立ち上がれあたりから人間を引っ張ってくる方が、お遍路内閣がまともに続くと思うけど、やりそうもないか。

今の自民にガチ金融の有能な人なんていたっけか?
大塚氏でダメとなると既存の政治家ではハードルがかなり高い

竹中にどうこう言われる筋合いではないよな…

朝生での大塚さん

他「郵貯限度額引き上げは民業圧迫だろ?」
大「全体の貯蓄率が落ちているから、限度額上げたところでどうせ郵貯に金は集まらんよ。」
↑ならば、そもそも引き上げる必要ないじゃん?

他「民主党は2005年のマニフェストでは郵貯限度額を逆に引き下げると言っていたろ?なめてんのか?」
大「そうおっしゃる自民党は限度額を無制限にすると言っていたではないか?我が党はその間を取って2000万円とした。」
↑おいおい、ゆうちょ銀行が完全民営化になれば限度額を制限する方がおかしいだろ?実質国営化に戻したクセに。

正直、大塚さん腐ってるなと思った。

亀井が…常識…人………?

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 木村剛、逃げ切れなさそうでござるの巻 | Main | 新興市場不毛地帯 »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ