« 江川紹子女史と張本勲氏の騒動 | Main | 朝日・船橋洋一氏の駐米大使就任の噂に見るスパイの「上がり」について »

2010.06.24

共同通信が携帯サイト共通プラットフォーム「NEWSmart」が始動

 「なんか共同がごそごそやっておるなあ」と思っていたら、おととい急に携帯プラットフォームの立ち上げをしたというので見物に逝った。

Newsmart
http://kyodo.newsmart.jp/info/
共同通信、地方紙の携帯サイト共通プラットフォーム「NEWSmart」
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1006/21/news090.html

 ツッコミどころもありながら、ラジオ業界がradikoで「やればできるじゃん」感を醸し出したのと同様、過去さまざま取り組もうとしては新聞業界的力学で根底から突き崩されてきた携帯向けニュース配信と地方紙の融合はいいタイミングなんじゃないでしょうかね。

 リリース見てたら、なんとライブドアの元車掌、伊地知氏がお関わりに。なるほど。

 モデルとしては理解できるけど、船頭多くして&少ないパイに腹ペコ殺到みたいな状況になりがちなのですが、やられっぱなしのところから一発でも二発でもカウンターパンチを繰り出し、最低限+αのようなとこまでせめてもっていこう、ということなのかもしれません。周回遅れでも後発はスピード補正がついて順位上げていくぜ的ポールポジションメソッドみたいな。古いか。

 まあ、これからスマートフォンの成長を見込む携帯コンテンツのパブリッシング環境下で、ガラケーメインにまずやってみた後の青写真をどう描くのかなんでしょうけれども、期待しつつ生暖かく見守って逝きたいと思います。


« 江川紹子女史と張本勲氏の騒動 | Main | 朝日・船橋洋一氏の駐米大使就任の噂に見るスパイの「上がり」について »

Comments

折込チラシがない地方紙に価値があるんですかね?

スマートフォン使いは情報にカネを惜しみなく払うだろうけど、ガラケーのひとはどうかな

本で部屋が埋まる一方なので(漫画だけじゃなくて専門書もちゃんと買ってるよ!!)、はやく電子メディアが紙メディアを駆逐して欲しいと思っている今日この頃でございます。

ファイナルラップメソッドじゃないの?

ライブになるようにやるのなら大きいと思うけどね。とにかく、リアルタイムライブになっていないと、スピードで負けてしまうよね。ブログだって、もうすぐで、もっと読む人がいなくなるんじゃないかな。ツイッターを作り直して、プロの仕事を有料で配信するようになればなのかも。場合によって無料にしても、広告も期待できそうだけど。とにかく、チャットの休止中のチャットで教えてもらったツイッターの情報が、ほぼその通りでびっくりした。ブログなんて、やってる場合ではないように思いはじめたし、グーグルの検索もマジ、ヤバイんじゃないかな。

でも、はじめたばかりだから、まだわか

ライブになるようにやるのなら大きいと思うけどね。とにかく、リアルタイムライブになっていないと、スピードで負けてしまうよね。ブログだって、もうすぐで、もっと読む人がいなくなるんじゃないかな。ツイッターを作り直して、プロの仕事を有料で配信するようになればなのかも。場合によって無料にしても、広告も期待できそうだけど。とにかく、チャットの休止中のチャットで教えてもらったツイッターの情報が、ほぼその通りでびっくりした。ブログなんて、やってる場合ではないように思いはじめたし、グーグルの検索もマジ、ヤバイんじゃないかな。

でも、はじめたばかりだから、まだわか

ライブ チャットってスパム語なのか? w

とりあえず スペースを挟めば通るか?

ライブ チャットってスパム語なのか? w

とりあえず スペースを挟めば通るか?

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 江川紹子女史と張本勲氏の騒動 | Main | 朝日・船橋洋一氏の駐米大使就任の噂に見るスパイの「上がり」について »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ