« 魔将ガイエルと高田監督休養説 | Main | コンテンツ産業の国際化とかの雑談 »

2010.05.27

我らが木村剛と日本振興銀行 哀愁の行政処分のお知らせ

 タイミングよく取締役を解任され、傀儡社長を操れば俺は大丈夫と周囲に豪語しておられた現役・エステ王(ただし利用者側)我らの木村剛。わざわざ当局に聴こえるような人選で「健在でーす」とアピールする姿を率直に応援したい気分であるわけです。

 その日本振興銀行が、検査局から監督局へ回り次第、凄い勢いで行政処分観測が上がっており、わくわく感が尽きません。どうなっちゃうんでしょうか。

金融庁:日本振興銀行を行政処分へ 出資法違反の疑い
http://mainichi.jp/select/today/news/20100527k0000e020050000c.html
金融庁、振興銀を行政処分へ 内部管理に問題
http://www.47news.jp/CN/201005/CN2010052701000234.html
日本振興銀を行政処分へ 不適切な取引で 金融庁
http://www.sankeibiz.jp/business/news/100527/bse1005271005009-n1.htm

 木村剛は自称コンプライアンスの鬼でありまして、もちろん検査忌避も出資法抵触もないよね、あるわけないよね、と思うわけですけれども。やるわけないよね、そんなこと。我らが木村剛だもん。てめえんとこで経済政策語っちゃってるよ。

[ゴーログ]若者よ、天下りを目指せ!???
http://kimuratakeshi.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-d94d.html

 完全な第三者として公平な目で冷静に客観的な立場で申すならば、検査結果を見た監督局が処分を下す可能性を察知して取締役を辞任、もしくは解任されたからといって、代表取締役でもない平取会長の立場で業務を執行する幹部に対して指導的役割を果たしてきたことはすでに証拠証言の類が出てくるのであれば、何らか刑事訴追の可能性が実現してしまった場合はもちろん逃げ切れるものではないと思われます。

 ましてや、株主の立場で経営に参画するということなど、コンプライアンスを徹底している木村剛本人がやるとも思えないですよねー。きっと、木村剛の周辺で木村剛を貶めようとしている面白情報を流しているブラックジャーナリストがいるに決まってるんだよ!!

 今後、さまざま不思議な報道が日本振興銀行がらみで出てくることになるかと思うんですが、ちょっと数え役満な感じで、SFCGの件も含めて万一何かあったときに救済案も通じて最悪2,000億超というJAL級の税金投入が行われたりすると痛い感じです。構造も規模も二信組なみ、という話もあるようですが、処分、事後策共に、金融・銀行行政への不信感に直結しないような厳正な対処を求めるものであります。

 個人的には、木村剛本人が直接の関与をしているとはどうしても思えないのですが、現在どこぞの半島で起きている事情に密接にリンクしているんだというような話をしている某インテリジェンスマスターもおられ、興味深いところではあります。報道的には二枚三枚歯に噛んだ内容のものしか出てきていませんが、SFCG騒動の資金逃避先や、某銀がコルレス口座も満足にないのにロシアの地方銀行と提携して保証入れてたりとかの行動は国内というより海外から察知されて通達されたという側面もあるのかなと邪推するわけですけれども。

米、独自の金融制裁実施へ 韓国と連携、北朝鮮政策見直し
http://www.47news.jp/CN/201005/CN2010052501000078.html

 で、木村剛曰く日本は法治国家じゃないんだそうです。

[ゴーログ] 日本は法治国家じゃないんです
http://kimuratakeshi.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-413d.html

 そんなわけねえだろ。


« 魔将ガイエルと高田監督休養説 | Main | コンテンツ産業の国際化とかの雑談 »

Comments

僕の行政処分も爆発寸前です。

未だに木村剛を恨んでるのか、、、根に持ちすぎだぞ

隊長の客が泣いてるぞ、きっと、仕事してくれーーーって。笑。

日本の銀行って、どこもそうだけだ、そこの行員が商店を開いたり事業を始めたら、みんな潰れそうな気がする。アフィリエイトやっても儲からないような。そもそも、商売を熟知しているのだらうか??

いっそのこと、担保を取れなくする法律と、貸した相手に対して、きめ細かに、アフターサービスしなければならいことを義務つけた方がいいんじゃないか。貸した金でパチンコとかいったらさぁ、その金は債権放棄しなければならないとか。笑

あーー、それより、どうなるかな、アドセンス、貰えるのかな。あと、広告を貼っている人に、随分やさしくなっているみたいだね。びっくりするような事例があって、それをしているところに問い合わせたら、グーグルにチェックしてもらって了解されたそうな。あれがいいなら、みんなマネしだすような気がするけどな。でも、あんなに目だっていたら、クリックしてもらえないと思うけど。どっちかというと、個人のブログってクリックしてもらうのは、検索結果でSEOでいっぱい来ても、グーグルの検索結果で広告をクリックしそうな、どうなんだろ。で、オレは、貰えても貰えなくても、終り。SEOじゃないし、疲れた。人気もそれなりについたけど、人気を維持できそうもない。それより、エッチな方が、なんか、人がすごく来るのはびっくり、数が日に日に増えてくるもの。くだらないことしかやっていないのに。笑。

ま、あれだけの男ですからね。

あのジャイアンの下にぶらさがっていた皆さんがこれから大変。おつおつ。

よし!
ならば私財没収・人権剥奪の上日本海に投げ捨てろ!

木村のブログなんて3年ぶりに見たけど
コメント書き込めなくなっているの?
コメント拒否ならブログである必要性ってないと思うの

内容を全く読んでないことだけはわかった。
土地の取得時期と払いの時期なんて全く大した問題じゃないだろ。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 魔将ガイエルと高田監督休養説 | Main | コンテンツ産業の国際化とかの雑談 »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ