« 消費税も大事だけど、せめて成長戦略や外交もお願いしますよ… | Main | 最近twitterで失敗したこと3つ »

2010.05.03

ギリシャの惨状を見て「次は日本だ」と煽る馬鹿が後を絶たない件について

 自由な通貨発行が制限されているギリシャと、曲がりなりにも日銀がしっかり運営している日本とでは比べるべくもない話なのに、官邸に出入りしている不思議な経済学者やジャーナリストが「我が国の経済はギリシャの後を追いかねません」と迂闊な諫言をして、泡を喰った偉い人が「万一のことはありうるのか。至急報告しろ!」とか言っちゃう困惑事態になっております。再来週あたりに上杉隆氏あたりが週刊文春で酷評しかねないので本当に怖い。何かあったら、先にエマージングマーケットが壊滅して、そこに信用を保証している経済がおかしくなるんだから、変に右往左往してないでゆっくりメーデーで野次られてろと思うわけです。

 とは言えども、ギリシャの問題というのはここ二十年積み上げてきたEUの試みを根本から覆す状況ではありまして、PIIGSとか言う「クソ経済しか持たぬゴミ国家」がパッシング労働者を大量に生み出してEU内の格差を大きく生み出すというどうしようもない話で、うっかりユーロが切り返さないということになると、ほとんどヒャッハーな状態であり、微妙を通り越して遊爆する国が出てきかねないわけでね…。

MINUTES OF THE MONETARY POLICY COMMITTEE MEETING 7 AND 8 APRIL 2010
http://www.bankofengland.co.uk/publications/minutes/mpc/pdf/2010/mpc1004.pdf

[引用]5 The fiscal situation in Greece remained a key focus for market participants. During the month,
euro-area Heads of State had announced their readiness to offer contingent financial support to the
Greek Government, in conjunction with the IMF. But Greek government bond yields had remained
elevated, with yields of ten-year government debt rising to a level around 400 basis points above those
of comparable German government securities.

 当然、ライミー連中としてはユーロが大きく下方へオーバーシュートしてしまうと直撃でババンバンなのが嫌だねえという話でありまして、ポンド安で輸出増えてヒャッハーとかあり得ねえよバーカとはっきり言っており好感が持てます。いやほんとどうするんでしょうEU経済。バブル崩壊を控えた(あるいは大きな官製調整局面を仕掛ける前夜の)中国経済とか比じゃないぐらい、目先の状況がよろしくない。

 ギリシャに対しても、冷静っていうか、もうこうなっちゃってるんだからしょうがないだろとでも言いたげな雰囲気が「俺たち、EUとは実質関係ねえっす」というイギリスの態度を示していていいですね。でも、連鎖でポーランドやアイルランドで火の手でも上がったらどうするつもりなんでしょうかね。

 それもあって、我が国の財金に関する議論はどうなっておるのかねと4月13日の議事録とか読んだんですけど、これがまた… ナニなわけです。

044 174 参議院 財政金融委員会 9号 平成22年04月13日
http://kokkai.ndl.go.jp/cgi-bin/KENSAKU/swk_dispdoc.cgi?SESSION=29589&SAVED_RID=2&PAGE=0&POS=0&TOTAL=0&SRV_ID=9&DOC_ID=14448&DPAGE=3&DTOTAL=430&DPOS=44&SORT_DIR=1&SORT_TYPE=0&MODE=1&DMY=29719

 いきなり田村耕太郎先生が… 何してんすか田村先生。

田村「最近、ちょっとぎっくり腰になっちゃいまして、 …日本経済が脱却しなければならないこのデフレというものなんですけれども、デフレの定義というのは、白川総裁、何ですか。端的にお願いします」
白川「物価が持続的に下落する状態、これを念頭に置いております」
田村「じゃ物価の下落のことを指すということでよろしいんでしょうか」
白川「今御質問のデフレということについて、ある程度の共通の定義でもって議論していこうというときに、我々として現在、物価が持続的に下落する状態、これをデフレと呼んでおります」
田村「物価という話があって、これも神学論争みたいにならない範囲で端的に答えていただきたいんですけれども、物価の定義は何ですか」
白川「私どもの方は、これは政策当局者、中央銀行でありますから、物価の問題を議論していくときには、国民の実感に即した物価というものがやはり出発点になるというふうに思っています。 …ただ、繰り返しになりますけれども、一番重要視しているのは消費者物価指数でございます」
田村「そうなりますと、日本銀行がデフレ脱却のために行う貢献ということを今言われましたが、具体的には何を指すんでしょう」

 もうね、何が何だか… その後、我らが大門実紀史先生@共産党(通称ミキシー様)が殿軍で登場。ここが最高に面白い。

大門「白川総裁、久しぶりの国会でお疲れだと思いますので、山口副総裁だけにお聞きしたいと思います」
山口「お褒めの言葉をいただきまして、ありがとうございます」
大門「私、このこと自体ちょっと気を付けなきゃいけないなと思うのは、第一生命の今までのやり方でいきますと、よくこういうことやるんです。アリバイづくり的にチームをつくったりして、責任者を替えてトカゲのしっぽ切りみたいにやってですね」
亀井「現在鋭意もう全力を挙げて調査中でございます。私が怠けておるわけじゃございませんが、そういう具体的な問題についてまだ詳細に承知しておる状況ではございません」

 なんつーか、野党時代の長妻さんよりも、金融問題で質問に立つミキシー様のほうがよほどしっかりとした質問をしているなあという印象なんですけどね。

 まあ、通しで見ても分かるとおり、日本の財政破綻がギリシャより先だの後だのという話は、さほど出ません。騒いでるのは外野の馬鹿ばかりというのが興味深いです。



« 消費税も大事だけど、せめて成長戦略や外交もお願いしますよ… | Main | 最近twitterで失敗したこと3つ »

Comments

大門先生は萌えキャラ。

ま、ギリシャが加盟してるユーロのほうが円なんぞよりもっと重要な通過なわけだが。

おいら的には、ギリシャとかアイスランドの(火山抜きでの)経済ふっとびそうな具合は、素人じゃなく国債発行やってるところと国債を押し付けられるだろう日銀とか気の毒な金融機関が胃痙攣起こしながら「ヒヤリハット」すべき事態なんだろうなと思っちゃうわけですよ。

ユーロ貯金的にはどうなんだろうなとか思うんだけどね。最近欧州に出かけないんでユーロ買ってもあんまし意味ないんで(為替差益までは見る暇ないっすよ)。

円は評価が低すぎるので、おつりが来ると思うけどな。

ユーロはバブル。これから、投機筋の餌食。

餌食というのは、ライオンがシマウマをおいつめるとき、一頭だけだし、シマウマ側も一頭を差し出すのであって。あれもこれもなんて、張れないでしょう。

どっかの生命会社は、銀行を海外で始めるんじゃないの? ただ、創業者の言葉を無視しているから、どうなんだろうね。本来の業務をしっかりやっていればいいけど、いい刺激になるのだったら、いいんじゃないかな。とは思うけど。複雑すぎて、わからん。人材が在野に流出すればいいだけで。

ま、オレは、そんなこととは関係なく、明日からお祭だぁ。

借金という利息の塊を返すには、その利回りより大きい投資をするしかないのだけど、そもそも、投資先の仕事の内容がわからないやつばかりだし。ニホンがうかうかしていると、アメリカの大投資化が、日本の銀行か保険会社を買ってしまうんじゃないの。創業者は、だから、株式にしてはならないっていっていたのにさ。

なんか、金融三国死の第一ステージが始まりそうで、おもしろいなぁ。ニホンからは、曹操? 孫権? 劉備? どのタイプがでてくるんだろうね。笑

中国は、あれだろ、天災がありそうだよね。火種になりそうな。

ま、どこも大変だよ。借金だらけで。笑

あと、ノーパンしゃぶしゃぶ接待とか、絶対にゆるされるようなことではないので、信頼度ゼロ。銀行ばかり、儲けさせているし。

> tpro 経済, 切込隊長 ソフトバンクが危ないとさんざん煽ったこの御仁が、日本が危ないと煽るのは馬鹿と主張。なかなか味わい深い。

財務的にはいまだに危ないことも分かってない奴がいるんだなw

そういや、欧州で新聞を発行する「メコム」というグループの営業数字が明らかになってますけど、ポーランドでの広告収入だけが図抜けて悪いんですよね。

EUを日本、ギリシャを大阪府(大阪州?)と見れば
将来的に万一のことがないとは言い切れないような・・

>大阪府、期間20年の公募公債主幹事にGS・みずほ指名

「次は日本だ」と煽る馬鹿のほとんどは朝鮮人。

「次は日本だ」というのは経済破綻についての話。
原因も経過も異なるのは想定範囲内。

「夕張の次は大阪」と言ったところで、その原因は「大阪の炭鉱が閉鎖されるからだ」なんて誰も言ってないよ。

まあ今の与党には経済の専門家がいませんからね
日刊ゲンダイが政権与党担ったと思えば解り易いw

遊爆じゃなくて誘爆ですね、いや"後爆"するのかもしれないw

>大門「白川総裁、久しぶりの国会でお疲れだと思いますので、山口副総裁だけにお聞きしたいと思います」
山口「お褒めの言葉をいただきまして、ありがとうございます」
大門「私、このこと自体ちょっと気を付けなきゃいけないなと思うのは、第一生命の今までのやり方でいきますと、よくこういうことやるんです。アリバイづくり的にチームをつくったりして、責任者を替えてトカゲのしっぽ切りみたいにやってですね」
亀井「現在鋭意もう全力を挙げて調査中でございます。私が怠けておるわけじゃございませんが、そういう具体的な問題についてまだ詳細に承知しておる状況ではございません」

すみません。頭が悪くて上の文章というかやり取りが全く理解不能です。質疑応答になってないと思うのは私だけでしょうか?

ブログ上の方読ませて頂きました。かるーくですが、しかしこの前のご発注だか、何だかの件でたまたま為替の板ポンド・ユーロ・豪ドル見ていて震えました、正直に怖かったです。これが今のマインドなんだな、これが現実なんだなと感じました。例えご発注で一気何てことであろうが、酷すぎますマインドがおそらく賞味30分の体感速度で最終的には、ほぼ一気にポンド約10円ユーロも10円豪ドル8円、いくら筋が仮にいじくっていたとしても、あの速度と落ち幅は見たことはありません。
あの値動きの良いポンドでさえ15秒で3円下げたことがありますが、あれはイギリスの財務大臣が交代するのではないかの憶測のときだったと、後つけで説明がありました、他で6円がわずか2時間程度で出来高を伴って上昇したのを見ていた事はあります。こちらわ筋が出来高が出来ながら上昇していったことから、まだわかるのですが、おそらく為替もボタン一つで上下させられる連中の胸先三寸でしょうね。話はもどりますが、あの暴落の勢いと怖さはマジ震えが来ましたし、これが今のマーケットの真のマインドであることと思えます。ザックリ
あっさりギリシャの二の前も喰らう可能性も無きにしも非ずだと思います。様々な要件がきつく重なればあられもない日本の姿を見透かすことが出来そうです。
あと原油の流出ですが・・・これもうダメ?でしょうか?

The comments to this entry are closed.

« 消費税も大事だけど、せめて成長戦略や外交もお願いしますよ… | Main | 最近twitterで失敗したこと3つ »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ