« 苦しいときほど、目標を定めて人とたくさん会おう | Main | 「過去ログ嫁」文化の喪失がネットを一般化するのか »

2010.04.05

日経新聞電子版はリンクをお断りされることがあるらしいぜ

 忙中。

日経新聞電子版始動、しかし個別記事へのリンクを禁止、違反者に損害賠償請求も示唆
http://slashdot.jp/it/article.pl?sid=10/04/05/0220235

http://twitter.com/kirik/status/11625444147
[引用]賠償請求された側、おいしすぎるだろ。私も提訴されたい。 RT @sasakitoshinao いまだにこんなことを言ってるのか、日経。果てしないトホホ感。/ 日経新聞電子版始動、しかし個別記事へのリンクを禁止、違反者に損害賠償請求も示唆 http://bit.ly/c8ATPN

 しかもすげえ! 有料版のログイン画面が堕ちてるぜ。3回ぐらいリロードしてやっと到達。困ったもんだ。しかも、番地とかも全角でないと入力できないらしい。どうしてこうなった。

Nikkei100405

 何かに勧誘すると怒られるらしいので、平沼・与謝野新党の記事を取り上げつつ。新党への応援のお便り、お待ちしております(棒

園田氏、きょう離党届 新党結成へ準備加速
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819481E2E7E2E2E78DE2E7E2E6E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2

[引用]自民党離党を表明した与謝野馨元財務相、園田博之前幹事長代理の両氏と、無所属の平沼赳夫元経済産業相は5日、新党結成へ向けた準備を加速した。同日夜に都内で自民党の藤井孝男元運輸相を加えた4氏で会合を開き…

 無料版で読めるのはここまでか…。

[引用]"プラス"付きは会員限定です。続きをお読みいただくには、電子版の登録が必要です。

 OKOK分かったよ。あとで個人でも登録するよ。

 ついでに、なんか解説記事。

米中の仲直りと民間マネーの蠢動(グローバルoutlook) 編集委員 滝田洋一
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C889DE2E7E3E6E0EBE4E2E2E1E2E6E0E2E3E29BE2E2E2E2E2

 こちらも記事は冒頭部分しか読めないんだけど、キーワードで何となく言いたいことが分かってしまうのはどういう仕様か。

[引用]関連キーワード ガイトナー、オバマ、胡錦濤、DIAMアセットマネジメント、ワシントン、米財務長官、為替、中国、民間マネー、日銀、米中、利回り、情報技術、切り上げ、米国、10年債、サミット、投資信託

 私たちは戦う日経を応援しています!



« 苦しいときほど、目標を定めて人とたくさん会おう | Main | 「過去ログ嫁」文化の喪失がネットを一般化するのか »

Comments

隊長こんなんありましたぜ!
http://twitpic.com/1ddlu3

隊長、こんなんありましたぜ
http://twitpic.com/1ddlu3

隊長にプレゼント
http://twitpic.com/1ddlu3

https://www.yakult-swallows.co.jp/ticket/special/clearfile2010.html
たいちょももちろんBセットを買うよね?

https://www.yakult-swallows.co.jp/ticket/special/clearfile2010.html
たいちょももちろんBセットを買うよね?

ということは、情報の精査をするためのコストがかかっているということでしょ?

そりゃ、有料になるだろw

blogosってlivedoorだけど、韓国に売られたら、今隊長とか提供してる記事はどうなるの?
著作権までは渡してないだろうけど、いろいろめんどくさそう。

ラジオ、テレビ、新聞。それぞれの立場からインターネットに対するアプローチが遅まきながら始まった感じですね。
ラジオ→インターネット配信(無料)
テレビ→独自コンテンツ(番組単位)
新聞→インターネット版(有料)
各立場の苦しさとプライドが分かる進出の仕方が面白いと思います。禿を代表するIT紳士達が日本のユーザーに植えつけたインターネット上の情報は無料というスカイツリーよりも高いハードルを越えるつもりなのか。見物だと思います。

ラジオ、テレビ、新聞。それぞれの立場からインターネットに対するアプローチが遅まきながら始まった感じですね。
ラジオ→インターネット配信(無料)
テレビ→独自コンテンツ(番組単位)
新聞→インターネット版(有料)
各立場の苦しさとプライドが分かる進出の仕方が面白いと思います。禿を代表するIT紳士達が日本のユーザーに植えつけたインターネット上の情報は無料というスカイツリーよりも高いハードルを越えるつもりなのか。見物だと思います。

ニューヨークタイムズにも書かれてますね。トホホな感じです。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 苦しいときほど、目標を定めて人とたくさん会おう | Main | 「過去ログ嫁」文化の喪失がネットを一般化するのか »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ