« どうも検察庁から週刊朝日編集部への話は「電話で面会を要請」だったらしい | Main | 御曹司が登場(出囃子つき) »

2010.02.03

久しぶりに4gamerにゲーム業界記事を寄稿した

 横で起きていた炎上が面白すぎて、その割には雪が降ってきてて不思議な情景ではありますが、4亀に記事を寄稿いたしました。

【切込隊長】ゲーム業界,使えない人サバイバル(前編)
http://www.4gamer.net/games/000/G000000/20100202054/

 今年度の年末商戦は全滅したので、来期はもっといい年にしたいなあ… というささやかな願いを根底から粉砕する絶対零度の超後ろ向き記事に仕上がってしまいましたが、実際こうなので本当にどうしようもありません。携帯ゲームサイトを手がけているいま好調なメーカーに土下座しにいくか、オンゲで細々頑張るかぐらいしか人件費を賄える手段がないんです、中堅以下の予算のタイトルは。

 本当は、問題にならない程度に実名で取り上げたかった内容なんですが、記事をアップした直後におっさんから「なんじゃあれは! うちのことか!1!!」とクレーミーな電話が入りまして、その通りだと認めたところ出頭要請があったり、余裕の笑顔で忙しいからと断ったり、断って何をしているかというとtwitterで煽ったり大物を釣り上げたりという夕刻でありました。

 いやー、本当に楽しいですねtwitter。なお、今日締め切りだった原稿はまだ一行も書いていません。


« どうも検察庁から週刊朝日編集部への話は「電話で面会を要請」だったらしい | Main | 御曹司が登場(出囃子つき) »

Comments

隊長はやっぱりいつもガチだな。

記事読んでみたよ
 
俺が思ったのは
当たるかどうかわからん小規模新戦力に小銭撒くよりも
腐った鯛にそこそこの金で小ヒット、の方がある意味カタいから
経営者としてそういう流れになるのは仕方ないんじゃなかろうかと。
 
100万本が5万本になったとしてもね。
 
 
まー、外に丸投げる時点で、金をドブに捨てる覚悟はすべきだろうねぇ。

今日も隊長はムーンにフィット。

ゲーム会社だけがゲームを作り売る時代じゃなくなったからゲームの面白い本質を知ってる開発者に客がながれてるだろうな
ゲーム屋はおごりがあったんじゃないのか いつまでも同じようなものを作ってて新参に負けて取り残されてる感じ

いやあ面白かったです。
一行も書いていません
  やないがな(笑)。
編集者は怒ってるよきっと。

「新参に負けて」って新参って誰よw

グリーとかDENAとかモバゲー それからハンゲームとか
韓国製のオンラインゲームとか

後編まだかなー

後編読んできた。なんかゲーム開発もヘッジファンドみたくなってるんですね。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« どうも検察庁から週刊朝日編集部への話は「電話で面会を要請」だったらしい | Main | 御曹司が登場(出囃子つき) »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ