« JALの労組は、本当に真の勇者の集まりだな | Main | 「Twitterで売れるもの」の商品力 »

2010.01.22

池田信夫×上杉隆、ほとばしるファイティングスピリッツを君は見たか

 私の脳内イメージはnamco×capcomなんですが。

PS2 NAMCO x CAPCOM
http://www.bandainamcogames.co.jp/cs/list/namco_x_capcom/

 前回の勝間和代女史との世紀の一戦で一敗地にまみれ、捲土重来汚名挽回を目指す池田信夫氏の次なるターゲットは上杉隆氏であったようです。あらすじは以下サイトをご参照。この対戦では、23,000フォローを擁する池田氏のウェイトが軽すぎて、275,000フォローという途方もないヘビー級の勝間女史に完敗した形だったのですが、今回は池田氏が17,500の上杉氏に挑むという情勢です。

「池田信夫 VS 勝間和代 因縁の対決!ついったー決戦!」の巻CommentsAdd Star

http://d.hatena.ne.jp/tsumiyama/20100108/p1

 元ネタは、上杉隆氏がダイヤモンドオンラインで掲載した記事であります。

小沢問題で検察リークに踊らされるメディアへの危惧
http://diamond.jp/series/uesugi/10110/

 対する池田信夫氏はこちら。記事の質としては… 何と申しますか少し残念な感じですが、まあ一応反論めいた内容ではあります。「何か盛り上がってる風だし、俺もとにかく語っておかねば」というご意向でしょうか。

検察は「リーク」しているのか
http://news.livedoor.com/article/detail/4562802/

 主義主張の立場が分かったところで、おもむろに戦闘開始。池田氏がネット文筆商売でべったりねったりと親密な関係に発展したライブドア田端氏へのRTという形で先制攻撃であります。

http://twitter.com/ikedanob/status/8058794818

[引用].@tabbata 私は、この話は上杉氏がおかしいと思いますよ。検事総長と特捜部長を名指しするなら、その根拠を明らかにすべきです。それもなしに、テレビで国家公務員法違反だというのは、名誉毀損に問われてもしょうがない。

 まあ確かに、検事総長である樋渡利秋氏が特定の事件で直接リークをするということは考えづらく、上杉氏がそのように記事中書いたのは背後関係をもう少し知りたい、というのは誰もが感じるところで、論点としては悪くない筋であります。

 ところが池田氏は止まらない。さらに調子に乗って、次の内容。「朝日新聞のM記者」とか書いてますけど、匿名が卑怯と常々論じているはずの池田氏御自らイニシャルトーク炸裂。それも、まるで自らが夜回りをした経験が豊富で実態を良く知っているかのような内容に仕上がっており、大変なハイアングルの攻撃になっております。

http://twitter.com/ikedanob/status/8059281254

[引用]上杉氏は、夜回りの実態を知らない。丸ごと教えてもらうことなんかないし、ネタをもっていない記者は相手にされない。朝日のM記者などは特捜部長より情報をもっているといわれるが、非常に慎重でほとんど原稿を書かない(笑)。

これに対して、ほうぼうから通報があって攻撃を察知した上杉氏の反撃。

http://twitter.com/uesugitakashi/status/8060597545

[引用]「テレビで国家公務員法違反だというのは…」と言ってもいない事で議論を吹っかけれれてみる愉快な「決戦の金曜日」(古)。

 きたね。やっぱりきたね、上杉流奥義というか、そういう奴。誰かが「Aだ。そしてBだ」と並列で論じたとき、Aがどうであるかは棚に上げて、Bが間違っているとして否定する論調。まるで池田氏の論説が全部クソであるかのような物言いです。まあ、実際かなりクソなんだけども、それ以上に関心するのはこの議論の技法。部分引用による全体否定のレトリックは歴戦の勇者上杉氏の強みとする部分であります。こういうテクニックが上杉氏はうまいんだ。

 現在、twitter上では本件を巡り注目が集まっていますが、なぜかアフガン報道などでも高名な常岡浩介氏や、佐々木俊尚氏までリング上に闖入、私のTL上は大変騒々しいことになっております。

 肝心の「で、樋渡さんは誰にどうリークしてんの?」という話の本筋からダイナミックにそれて、上杉×池田論戦の勝敗にお話がフォーカスしてしまうあたり、ああこれが私たちのデジタル民主主義なのかなあと思ってしまうわけであります。

 ここに勝間和代女史でもエレガントに降臨し、言論リトルボーイでも投下してtwitter上が阿鼻叫喚の惨状を呈するような大事件に成長してくれることをヲチャー的には期待してやみません。


« JALの労組は、本当に真の勇者の集まりだな | Main | 「Twitterで売れるもの」の商品力 »

Comments

隊長もtwitterから、ちゃちゃ入れればいいのに。twitterは、もっと炎上した方がいいよ。知的な人同士でwww


ま、そんなことより、なんか、オレ元気だぞ。やばいぞ。ちょっくら、レバーを一週間ぐらい毎日食べて、もっとパワーアップするかなぁ。隊長もビールのおつまみに、鳥レバーのワイン煮とか食べればいいんじゃないの?


ま、炎上もいいけど、面白い漫才みたいtwitterはないのかなぁ。隊長の奥さんはtwitterはしないのか? 夫婦漫才やってくれ。あと、twitterで、婚活とか、お見合いとか。

なんて遊んでいたりすると、どこかの大統領暗殺とかtwitterで、新聞より速く、ガンガン流れて、インターネットの歴史の中での大事件になったりして。というか、あっさりシステムダウンするかもしれないけどな。

汚名挽回ってわざと使ってるでしょ

隊長は違うんだろうけども
世の中どうしてこんなに暇な人が多いかなあ

もうほんと たいちょうは おもしろいな ほんとにおもしろい

なんて戦国無双ww

まぁ観戦武官としての役目を立派に果たした隊長、ご苦労様。

じつにわかりやすい!
さすが、元バトルウォッチャー隊長さんでありますなぁ~
もし一生に使える文字数に制限があるのなら、すぐに撤退する主義のわたくしとしては、自身のexistenceを守るために莫大なテキストを投入する彼らを見てると(以下略)
今後とも的確な戦況リポートを期待するものであります。

「赤勝て白勝て」期待して読んだのに。さいごまで読んだのに。

汚名返上または名誉挽回ですね

汚名返上または名誉挽回ですね

まあ 数の多さで決まるものではないからなーw
取り上げる人と取り上げ方による
それで踊る人も不幸だなw

>今回は池田氏が17,500の上杉氏に挑むという情勢です。
バトルはそもそもこのくらいが丁度いい。
前回はフリーザー対地球ベジータだった。
今回は魁皇券三倍ゴクウとベジータの争いで一番盛り上がるな。
見ないけど。

間違っていない>汚名挽回

だって池d(ry

間違っていない>汚名挽回

だって池d(ry

分かりやすくて非常に面白かったです!

まあ池田信夫は基本的に旧体制支持者だからな。
しかしtwitter上で実名で議論が沸き起これば
こんな面白い事はない、

隊長そうしてよ

いつも面白く拝見しています。
よく勝間和代の名前が出るので、
隊長、お好きなんだなと思いまして、
先日、初めて本を立ち読みしてみて、
なんか、びっくりしちゃったのですが、

隊長はカツマのどこがお好きなんですか?
顔以外で。


最近距離感ががつかめない人おおいですね
居住区とか別でおねがい

数とかねらってないのに
なんか落として人蒸発させろってことか

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« JALの労組は、本当に真の勇者の集まりだな | Main | 「Twitterで売れるもの」の商品力 »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ