« ○○○としては一流だが、人間としてはクズな偉人との付き合い方 | Main | 堀江貴文さんに起業を語られてもなあ »

2010.01.29

微妙な調査結果解題

 イメージ的には2丁拳銃の「丁度ええの時間」の出題みたいな感じで。

○ 「若者は“テレビ離れ”していない」

若者は“テレビ離れ”していない--M1・F1総研の調査で明らかに
http://japan.cnet.com/marketing/story/0,3800080523,20407542,00.htm

 ほとんどガセネタの域なので、あんまり考える必要もないんですが、一番問題なのは短期的にはテレビの前に座っている人の割合がぐんぐん低下していることと、長期的にはテレビの前に座っている人の可処分所得がぐんぐん低下していることにあります。

 ただ、総量で見た場合、いくらネットやケータイが盛り上がっているとはいえ、いまだに娯楽の中心がテレビであることに変わりはなく、テレビに娯楽を求めている層はそうそう減っていないが、好みが分散したり視聴時間帯の占有がゴールデンやプライムの割合低下で広告効果が下がったりということで。

 今後、テレビ業界全体が制作費の削減の影響をどう出してくるかというのはあるかもしれませんけれども。

○ twitterバブルについて

『Twitter』昨年9月をピークにユーザー数減少!
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0128&f=it_0128_014.shtml

 これも微妙なところなんですが、この手の調査だと格段に存在感を示す中国市場において、中国政府がtwitterを含むこの手のサービスを全面的に禁じた影響で、全世界でのユーザー数を劇的に減らしやがったという背景はややあり。

 それを踏まえても減少幅が大きいのが世界的なトレンドではありまして、facebookほかその他有力サービスと見比べても、またiPhoneアプリや専用ツールの利用率の下駄を履かせても、英語圏ではtwitterは終わりつつあるというのはまあ見解一致するところなんじゃないでしょうか。

 ただ、日本市場単独で見ると、熱量はまだまだ高く、もうしばらくブームは続くんだろうと思いますし、twitterをプラットフォームにした何らかのサービスは今後も様々出ると思います。
 個人的には、電波少年あたりが触りだすとブームが終わる、というジレンマを提唱したいです。

電波少年がTwitterで復活!「人はツブヤキだけで生きていけるか?」本日スタート!
http://rocketnews24.com/?p=23300


« ○○○としては一流だが、人間としてはクズな偉人との付き合い方 | Main | 堀江貴文さんに起業を語られてもなあ »

Comments

>娯楽の中心がテレビであることに変わりはなく、

あたりまえじゃん!
ネットでは「龍馬伝」、「暴れん坊将軍」、「必殺商売人」、「鬼平犯科帳」、「壬生義士伝」が観れませんね。
特に「鬼平犯科帳」では特捜がいかに絶対正義の機関であるかがわかります。ま、「暴れん坊将軍」では悪党が10分以内に将軍さまと謁見する老中とか勘定奉行にきまっていますが、あれって任命責任はどうなっているのか?悩んでいる恭子の語呂です。shock

君、なんか安易な文じゃね?w

ジレンマを提唱?

テレビは選択の幅が増えたので、選ぶのが苦痛なんでしょう。だから、番組コーディネータがネットで活躍するとテレビを見るようになるんじゃないの。ま、業界の圧力がかかりそうだけどね。本だって、隊長とかが、これとこれとこれを、これから読むと書いた方がアフリエイト成果が高いと思う。だいたい、ブログとか、ネットとか、選んでいるだけだし。創りだしているわけでもなく、多様化しているわけでもない。

twitterも、不便なところがあって、あれが、よくわからん、@とかRTとか、フォローしたりフォローされたり面倒。こういう点でも、2chのシステムは優れているので、もしかして、次のITトレンドは、2ch式BBSが世界で大流行とか。ま、ただ、隊長のコメント欄みたいに、管理者がしっかりしていないことにははじまらんなー。結局、客商売は、ホスト、ホステスの力量で、金を稼ぐのであって、ホスピタリティーのない無法広場は面白くない。

ま、なんだかんだ、本当に頭がいい人は、全人口の0.01%以下なんじゃないかな。みんなバカなんだから、バカで背比べしてもしょうがないのに、必死に、自分がバカではない証明をしたがるのか、よくわからん。とくに、30過ぎたバカがさらに頭を使うとだな、バカな脳が痛むばかりで、精神病の人が自覚できないのと同じで、自覚のない下品な老人にまっしぐらになっているって、まわりから見られているのに、気の毒だな。この点、スポーツ選手は、身体の故障を自覚しているし、その中で勝負をしたり引退したり。ところが、バカに限って、若いうちにスポーツ障害の高校野球選手とかサッカー選手とか、身体がズタボロで、ただに、若いころから頭がズタボロになっていて恒常化していて気がつかないだけかも。とにかく、バカの最大の特徴は、判断能力が低いこと。根拠は、本を読まないとわからないとか。だいたい、できるかできないかを判断するのが大人社会なのに、わかりませんって答えるようなやつは、おたんこなすだろ。とにかく、バカがバカを見下すのはやめてもらいたい。

ちなみに、海外流出したいなら、バカはやめた方がいい。腕に職があれば、日本式を売って食っていけるけど、腕のないバカは役立つわけがない。そもそも、なにもできないやつは相手にされないし。

できるヤツが、これからのリスペクの対象になってもらいたいものだ。ハゲでも結婚「できる」とかさ。「できる」だよ。わかるバカはいらん。www

NHKの視聴率調査(無作為抽出が対象)でも、テレビの視聴時間が減っているわけではないようですよ。
http://www.nhk.or.jp/bunken/research/yoron/shichou/shichou_09122501.pdf

むしろ、「テレビの前に座っている人の可処分所得がぐんぐん低下している」ので、“安い娯楽”であるテレビが好まれるのではないですか。視聴者がテレビを(CMを含めて)見たところで、物を買うお金ががないとか、そもそも不景気で企業が広告費を出さないから、視聴率に関係なく制作費が減らされるということは、少なくとも、この調査とは別の話ではないですかね。そういう情報として使う人はいるのかもしれないけれど。

この手のインターネット視聴率調査ってブラウザで表示した回数だけ数えてるのが大半なので、Twitterとか2chとかみたいな、
 中級者以上は概ね専用ブラウザでアクセスするのが当然
って所ではあまりアテにならないのは前提としての話だよな?
いや、Web上の広告は専用ブラウザじゃ見えないからコレでいいっちゃいいんだけど、そのサービスの勢いはまた別だよと。

ネットレイティングスはFirefoxその他の比較的メジャーなブラウザやiTunesやMediaPlayerとかのメジャーなマルチメディアアプリにも対応してるので多少マシだけど、携帯ページやらそこらの専用ブラウザやらは全くカウントされないのでお察し。

この手のインターネット視聴率調査ってブラウザで表示した回数だけ数えてるのが大半なので、Twitterとか2chとかみたいな、
 中級者以上は概ね専用ブラウザでアクセスするのが当然
って所ではあまりアテにならないのは前提としての話だよな?
いや、Web上の広告は専用ブラウザじゃ見えないからコレでいいっちゃいいんだけど、そのサービスの勢いはまた別だよと。

ネットレイティングスはFirefoxその他の比較的メジャーなブラウザやiTunesやMediaPlayerとかのメジャーなマルチメディアアプリにも対応してるので多少マシだけど、携帯ページやらそこらの専用ブラウザやらは全くカウントされないのでお察し。

これでも見て落ち着いて下さい
http://www.youtube.com/watch?v=M4Bm9cYbA1Q&feature=related

情報の元を選ぶ領域に達するのが早いと良いですね。
個人的にも幸せだろうし、若いうちにそうできる人が増えれば、良い国になり、良い世界になる。かなw

私もまだ途上なのでしょうし、もしかしたらある意図された方向に向けて成形されたものを、真に近いと思っているだけなのかも知れませんがw

無縁・別世界と言う意味の不可知論か、情報が多すぎて全てを知ってのうえでの取捨選択はできないと言う意味の不可知論かw

TV見る習慣が無いので、ダイニングで朝・晩の食事時に見る程度、ニュース中心で偶に映画、ニュースはキャスターの言動も、報道姿勢も中道に立ってなくて見てていらつくことが多い、多分週に1時間前後しか見てない。自室のTVは壊れて以来買う気も無い。

ネットでマスコミと戦ってる人たちだらけの
巨大某掲示板ですら
TV発祥ネタばっかりだし

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« ○○○としては一流だが、人間としてはクズな偉人との付き合い方 | Main | 堀江貴文さんに起業を語られてもなあ »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ