« 今年の決算はカオスだな | Main | 頑張れ我らの糖蜜 っていうかドバイ問題に寄せて »

2009.12.15

小沢さんの天皇謁見強行未遂問題

 たぶん、例によって「小沢さんの悪い癖」であって、壊し屋の異名を取った彼の本質の部分かなと。で、首相が何故か小沢さんを制止する側ではなく、促進する側に回っていることも興味深く拝見。

首相、特例会見波紋に不快感 「国民挙げてお迎えすべき」
http://www.47news.jp/CN/200912/CN2009121501000167.html

 もう民主党は駄目だろう、とネットにいる人は思うかもしれないが、実際に本当に崩壊過程に入るのはしばらく先のことになるだろうし、まだ挽回(何を持って挽回というのかは知らんが)の余地は残されているとは思う。政権というエンジンに、支持率という石炭がくべられ続ければ、とりあえずレールの上を走ることはできる。そのレールの先が正しいと思うかどうかはその人次第と、そういうことで。

 官邸サイド気味の話になるのだろうが、小沢さんは、結局その師匠であった故・田中角栄さんの在りし日の姿を踏襲している。その栄光も、その手腕も、その失脚さえも、かなり忠実にトレースしている風がある。小沢さんは田中さんの背中を見て、川上からの選挙を志した。田中さんは結局、アメリカに刺されて失脚していくわけだが、小沢さんのある種の対米独立論の根幹は、田中さんの復讐でも挑んでいるかのようだ。

 だから中国、だから韓国という単純な話ではないとは思う。だけれども、少なくとも中国はそのような強引なやり方ですりよってくる鳩山政権とそれを支える小沢さんを諸手を挙げて歓迎しているわけではない。そりゃ敵対され迷惑な政権が日本に樹つよりはいいのだろうが、天皇まで担ぎ出されて、別に次の主席が約束されているわけでもない、むしろ副主席としては大変微妙な人選を謁見対象にするなんて常識から考えると中国としても変な先例となって困るのは間違いない。

 宮内庁長官の辞任問題については、強力な鞘当てが小沢さんの方向に届いたはずだ。一ヶ月前のアレは、確かに法律で決められたわけではない慣例に過ぎないけれども、しかし日本の皇室カードをハンドリングする上で誰もが常識として握ってきたプロセスだから。それを意図的に破ることも厭わない、とする小沢さんのやり方のほうが、むしろ「危うい」と周辺がはっきり理解することのほうが本来はリスクなのだ。だけど、それを突破するのが小沢流豪腕だとするならば、積極的に仕掛ける野党の指導者としては望ましいものだったとしても、政権与党の幹事長としての役割は事実上放棄している。

 言い方として正しいかどうかは分からないが、小沢さんは与党で多くの人の緩やかな賛成を貰って中央に座るような、穏やかな政治家じゃないのだ。お金が好きで、嫌いな人とは口も利かず、自民党を斃すというような旗頭があって初めて輝く政治家なのだろう。

民主・小沢代表団が胡錦濤主席と会談―北京市内・人民大会堂
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091210-00000068-scn-cn

 何故天皇を持ち出したのかは自明である。もうすぐ報道されるとは思うけれど、あれだけの大訪問団を小沢さんは結成しておきながら、最後の最後まで胡錦濤主席との会談のセットを渋られた。一ヶ月ルールどころではなく、中国の儀礼としても、日本の与党幹事長と面談するのは本来の中南海のあり方じゃない。中国に親しい日本の政権ができて嬉しい半分、なんか強引過ぎて迷惑しているのは良く分かる。

 小沢さんは何のことはない、格下に見られていたに過ぎない。だからこそ、中国が欲しがるだろうと思った副主席と天皇の謁見という座組みまで急遽こしらえて、自分を大きく見せようとしたのだ。宮内庁としても無茶言うなだし、中国としてもそう性急な話は望んでいないのに。

天皇陛下、中国副主席と会見
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20091215-OYT1T00441.htm

 というわけで、小沢さんの中国シフトの顛末は亡国的だった、という批判も出るだろうし、親中国が小沢体制と一蓮托生のような見え方となる。次の政権で、同じような訪問団が組まれ、主席と会えなければ、or中国副主席が来日し、天皇と会えなければ、その日中関係は即「微妙」扱いされるわけで。

 小沢さんの考えは誰が見ても良く分かるし、田中さんの意趣返しというのも理解できるが、小沢さんの活動そのものを特別視し、将来これを活かさない一代限りのもの、とする話し合いを日中でやるしかなくなってるね。とても残念なことではあるけれど。


« 今年の決算はカオスだな | Main | 頑張れ我らの糖蜜 っていうかドバイ問題に寄せて »

Comments

未遂じゃないじゃん
遂げちゃったじゃないの

隊長、未遂じゃなくて実施になっちまいますた。

>習氏はパトカーに先導された車で宮殿の南車寄に。予定より約10分早く到着したため、宮内庁の式部官長が間に合わず、代わりの肥塚隆副長と握手して宮殿に入った。

宮内庁と警察はうまく謀ったものだなあ。

単純に、社民党と国民新党を切って、公明党と連立するための風をつくろうとしているんだろ。

一番気の毒なのは、天皇陛下。心を痛めていられることと思う。

残念賞は、あの中国人。断られれば株が上がったけど、あれじゃ、天運からも見放されるだろうね。

どっちにしても、小沢君が一番民主主義を理解していない。ま、よっぽど時間がないのだろう。お気の毒に。退場してくれ。いらん。

自民党は、何をやってるんだ。集会を開けよ! 人を集めるんだよ。代々木公園でもいいし。

とにかく、国民が望んでいないことを、こっそりと決めるなんていうのは、最低だよ。ま、国民の希を理解していない、WEB学会とかあるけどな。藁

オバマみたいな大嘘つきを持ち上げているバカもいて、どーかしている! 恥知らずめ。

小沢さんは結局政権取りには向いているけど政権維持には向かない「乱世の英雄 平時の姦賊」な人で「創業は易く守勢は難し」を地でいく人なんでしょうねぇ。

CMも増えてようやく波の乗ったアイドルを
公然と枕営業に出すような行為してるんだから
そりゃ反発食らうのも当然。
他所の国々もよく黙ってたなというのが率直な意見
「壊し屋」の異名は何でもやっていいって言う免罪符なんだろうね
だから「オザーリン」なんて呼ばれるんだよ

習さんは、学生時代に小沢氏の実家で世話になっていたそうだ。

そりゃー大歓迎するでしょー

あー・・・
小沢が死ぬと民主党が暴走するし、解体後にまともな政権ができた後、殺されてしまうのが一番のGOODENDなのか。

 天皇陛下は動物園にいる中国のパンダじゃないから。人間だから。

 幾ら会わせてあげたい人が重要人物でも、皆が一ヶ月前から予約して順番待ちしてる所に権力使って順番割り込みしたら批難されるのは当たり前。

 列に並ばない人が多い中国ならともかくここは日本だから日本のマナーを守ってほしい。

 まして、パンダじゃなくて人間だから人に会う前におもてなしの為に色々準備する時間が必要なのは当たり前。小沢さんはそこら辺が全く分かってない。人間を動物園のパンダと同じ扱いにしないでね。

現在隆盛を誇ってしまった小沢の権力が、全盛期の田中角栄のそれに似てる、というのは俺も思ってたぜ。
だから、エントリーの内容にはおおすじ合意するぜ。隊長の言ってることは、誰でも思いつく事だし、間違ってはいないだろうさ。でも、
「少なくとも中国はそのような強引なやり方ですりよってくる鳩山政権とそれを支える小沢さんを諸手を挙げて歓迎しているわけではない」
という行だけは違いそうだけどな。
日本政府がこういう舞台を用意したことの政治的な意図は、隊長ももう分ってる事だと思うけど、つまりは日本のこれからの外交方針を内外に「自明的」に示すことだろ。
つまり、これからの民主党は中国を尊重しますよと、もっと言えばアメリカとはいままでよりもドライなお付き合いをしますよ、と言ってるようなものだ。
天皇を担ぎ出したのも、多少の抵抗こそあれ無理やりにでもこういう象徴的な舞台をセットすれば、外交の流れが変わるだろうという民主党の小沢鳩山ネットワークあってのことで、乱暴だけど実際に効果的じゃん。
それにたとえ日米間に深刻な亀裂が生まれてしまったとしても、いまならば日米同盟の悪化も全てはその責任を社民党に押し付ける、なんて芸当だって出来るんだからさ。
まー、そこまで奴らが頭いいかは別だけど。でも、先日の小沢の宗教的問題発言にしても、明らかにアメリカとの関係悪化を促すためのものだろ。
結局、小沢の狙いはそういう事なんじゃない?
中国だって、日本側のこういう配慮を外交的に高く買わされたくないから、天皇がどうたらこうたらという日本のごたごたは日本の問題ですよ、などと言いながら内心ではほくそ笑んでるだろうさ。

でも、小沢が自尊心の高い奴だって事には納得。

しっかしまぁ、今日の霞ヶ関周辺ときたら。
日の丸と中国国旗を並べて沿道中で掲揚してんだから。
基地問題が微妙な時期に何でまたここまで、と。

赤い旗が鬱陶しい都内でした。

東京地検に対する嫌がらせが、
よもや、こんなカタチで出ようとは。

西松……
(URLは内容と関係ありません。)

小沢はカリスマのない角栄、「壊し屋」なんかじゃなくてただの「疫病神」、中学あたりで言えば「ハッタリ裏番」あたり。学級委員の鳩山を裏で捌いてると勘違いも段違いの御笑い野郎でしょ。『ろくでなしブルース』なら小平次。


ミンスの挽回だけはない、あまりに無能な鳩山を見て思う。

かといって自民党じゃない。あり得ない。あの時期にチャリンコで顔面怪我してネズミ顔がドフネズミ。麻生の密約バラスような胆力もないのが党首で、「消費税」なんて正面作戦で一人相撲をとりドヤ顔。

もう嫌。

燃料は順調に減少中です。
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20091206-OYT1T01071.htm
あと3ヶ月程度で5割を割り込むのではと見えますが、何でしょうかね。何も考えずに投票した方々のツケを支払わされるのは遺憾としか言えない現状です。

燃料は順調に減少中です。
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20091206-OYT1T01071.htm
あと3ヶ月程度で5割を割り込むのではと見えますが、何でしょうかね。何も考えずに投票した方々のツケを支払わされるのは遺憾としか言えない現状です。

陛下の会見をお願いしたのは自民の元首相と言う話がある。
もしそうだったらしたり顔で誤った記事を書いたお前はブログを閉じろよ。

天皇の訪中を打診されて困った小沢が代替案と出したという、まさかの小沢善玉論。
あそこは冊封体制なので、天皇が訪中する=国家元首が頭を下げに来たんだから日本<中国ということになってしまう。遣唐使遣隋使な訳ですよ。
儒教の国では一般的な発想。
そこで小沢が天皇の代わりにおれがいくから勘弁してくれとなり、それではメンツがたたんから、習をアポなしで天皇に合わせろと。
日本のメンツを潰すことで、一件落着。泥は小沢が被った。そんなもうそう。

>>天皇まで担ぎ出されて、別に次の主席が約束されているわけでもない、むしろ副主席としては大変微妙な人選を謁見対象にするなんて常識から考えると中国としても変な先例となって困るのは間違いない。

まぁ、俺が『フンタ』とか『クレムリン』(他何でもいいボードマルチゲーム)の現在1位プレイヤーならコイツのハシゴを外すのに全力になるぜ。
だって、本当の富をもたらすアメリカとの関係を考えたら、日本には混乱しっぱなしになって貰った方が安心だからね。
ODA無き(そして商社無き)日本が中国政界に何かできるような時代でも無いナウ。
仲間のハシゴ外しだったら邪魔も入らなそうだし。

隊長なんだからちゃんと切り込んで!

おの口ぶりを見てもなお汚沢さんを支持とか、あなた頭おかしいんじゃないですか?と本気で思いました。あなた気持ち悪いです。と書かずにはいられませんでした。

>陛下の会見をお願いしたのは自民の元首相と言う話がある。

関係ないよ。一ヶ月ルールを破ってがん患者を公衆の面前に引っ張り出したことの方が問題なんだから。

明石散人は所詮その程度の人物だったということで。

↓こいつ馬鹿w

tari-G んー各段落すべてに異論。少なくともアメリカもこれで小沢こそが真の実力者と認識し対処してくる筈。これから真の小沢天下が始まるんじゃないかな。これで小沢主導で普天間まで片付いたら完全に小沢天皇誕生かも(笑)

> 陛下の会見をお願いしたのは自民の元首相と言う話がある。

それは事実だけど、それ経由の話は一度断っているので、小沢の無理筋要請とは別次元の話

というより、某元首相はきちんと断られて引き下がっているので、まったく関係はないよ

2ちゃんの議員板でもなぜか経緯は赤裸々に出ているから、参考にするよろし
ネタ元は間違いなく議員秘書なんだろうけどな

> 習さんは、学生時代に小沢氏の実家で世話になっていたそうだ。

それは日中合作というか、中南海公認のガセネタです

入国履歴から逆算しても、小沢の実家にいたという話はあり得ないけど、国家がガセ証拠込みで噂を流すと本当のように見えるのがまたマジック

陛下にはこの本をおすすめします
http://bunshun.jp/pick-up/kotowaru/

>陛下の会見をお願いしたのは自民の元首相と言う話がある。
もしそうだったらしたり顔で誤った記事を書いたお前はブログを閉じろよ。

他のブログでもいろんな人が書いてるけど
仮に逆の立場だったとして「元首相」といえども民主の人間に「これやってくれ」って頼まれて自民が言うこと聞くか?聞くわけないだろ?
民主も同じ、よほど弱みを握られてない限り言うこと聞くわけがない。聞く理由も必要もない。
キャスティングボードや与党が握ってるんだから。

これって、日本人が電車でもレジでもしっかり並んで待つという一般通念が大衆に有るからでは。
今回も別に一ヶ月前なら問題にならない?(私みたいのからしたら、政治的な思惑も、良否はわからない)わけで、レジに横入りされた感が、一般人からの批判の基なのかと。
ライブドアの時間外取引と同じで、法は破ってないけど、横入りされた感じがしてしまうからでは。
日本人は順番に並ぶ民族なのかと。

中国に擦り寄るしかないからでしょう。
今の日本では。
すでに戦争状態ですよ。

ここまで性急に動くのは「これからはアメリカでなく中国に寄ります」という既成事実作りだろう。
既成事実さえ作れば国民の総意なんてどうにでもなっちゃう。そして在日米軍は撤兵と
代わりに中国軍を駐留軍として招き入れて即座に武力制圧される→日本国消滅→日本自治区誕生!

>オバマみたいな大嘘つき

べつにその意見に反対はせんが、
それでいうと中国以上の超嘘つきを俺はしらんなあ。

習近平は次の国家主席となります。
この論点は明らかにミスリードですので修正してください。

小沢さん、やり過ぎだな。これじゃヒットラーとかわりませんよ。民主党の名が泣きますね。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 今年の決算はカオスだな | Main | 頑張れ我らの糖蜜 っていうかドバイ問題に寄せて »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ