« 日本の国債は紙くずであるかどうかすら公開された情報からは良く分からんでござるの巻 | Main | 前原さんはどうなっているのだろう »

2009.11.18

ちきりんのインプット/アウトプット論議と、私が思うしたいこと/できること論議

 id:Chikirinがこんなネタを。

で、あなたはナニができるの? 「成長したい!」だけではダメな理由
http://money.jp.msn.com/newsarticle.aspx?ac=IT20091116002&cc=07&nt=25

 たまにid:Chikirinがネタで変な煽り方をすることがあり、これは何を意図しての話だろうと思っていたのだが、今回の「成長したい」とアウトプットネタでid:Chikirinの思想が何となく分かってきた。実名に一本化すりゃいいのに。

 で、インプットとアウトプットの議論はその通りですね。アウトプットがなければ、いくらインプットしても存在しないも同じ。名は財なりとか、悪名も名なりとか。自己主張をしない日本人ワーカーの群像を、id:Chikirin風に言い直すと、ビジネススクールのオリエンテーションで必ず「気づき」されるロジックに変身するという。文章も平易で、とても分かりやすいです。

 インプットが少なくてアウトプットの多い人というのは、現実に落としてみると、なんつーか本を読まないdankogaiみたいなもので、異常なダルさを感じます。お前、何言ってるの的な。そこに、意欲的なインプットと両輪で転がれば、確かに人としての成長と、成果としてのアウトプットが転がるわけですから、それは良いお話でありますね。

 個人的には、「したいこと」と「できること」との差異というのは厳然とあるものと考えます。意味合い的には近いですが、少なくとも私の周りに「成長したい」と言う奴がいない割に、「こういう仕事をさせて欲しい」とか「あんな案件を手がけたい」という奴が多いもんで、あれこれ議論した挙句「お前一人では、なかなかできないだろ?」という結論になります。だから、経営者やマネージャーの役割としては、その人のアウトプットが段階を追って成長していくようなマイルストーンを置くこと、組織としては利益なり何なりをクリアするための計画を立てるためにその人に何を期待しなければならないかを考えることが重要になるわけですね。

 で、ちきりんの議論の後段で、「生産性」という話がありまして… これがまたむつかしい。いや、結構な悩みとして、その人の生産性というのは、ある一定のルーチンやルールが見えてきて、創意工夫を育むに足る事業が確立していれば、その人の成長による生産性の向上が収益に結びつきます。例えば、家電なら家電を売る仕事というのがあって、それに従事する人がアウトプットを良質化することで生産性が上がり、売上が増えて利益になる。良いことです。

 ただねえ。その人の成長曲線が辿る線ほどに、事業の利益率と言うのは高くなってくれない時代になったんだと思うんですよ。ぶっちゃけ、効果的なアウトプットができるかできないかというのは、能力というよりは性格なんじゃないかと感じる機会が多いんですよねー。仕事の成果だったり友達の多さだったり、アウトプットというのはスキルだけではない別の能動的な気質のようなものが常に介在していないと成立しないように思える。

 だから、アウトプットがコンスタントにできる奴を見繕って、あるいは、アウトプットを強要するような環境を作って、一定の条件を満たしそうな奴に「できること」を向上させうる何かをやらせてみないとなあ、と自分でやってて思うところではあります。ああ、思うというより、反省する、という感じですけど(笑)。


« 日本の国債は紙くずであるかどうかすら公開された情報からは良く分からんでござるの巻 | Main | 前原さんはどうなっているのだろう »

Comments

もうーー、しょうがねーな。結局、モノを作れない人間の悲哀でしかねーな。


とにかく、一度、家が基礎からつくられて棟上して屋根をつくって、そして、そして、そして、完成するわけだ。


これを、身体で覚えた方が立派な人間になれると思うぞ。だいたい、木造の階段の価値もわからない人間が、どんな偉そうなことをいってもだな、先はないわな。


なんでまぁ、脳にインプットして、アウトプットしたがるのか、よくわからん。身体は、どうなってんだ。日本人は、身体を失っているんだぞ。バカ!

なんかいくつかキーワードがあってあの人みたいだなあ。。。別にいいんだけれどサ

きっこっぽい上から目線でトークされ、挙げ句の締めくくりが「んじゃあね」って、可愛こブリ子というか馴れ馴れしいというかキモいところを除いて、好きだなぁ。

先日まで、WIN-WINの伝道者を 勝間勝代(芸名)だと思っていました。
さすが名前までも、と思っていたら、和代なんだよね。
アウトプット以前にインプットが間違っている私は、問題外だなぁ。

ペーパーカンパニーの主がなんか言ってるぞー

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 日本の国債は紙くずであるかどうかすら公開された情報からは良く分からんでござるの巻 | Main | 前原さんはどうなっているのだろう »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ