« 『4gamer』で「打倒ローマを目指すケルト文化の挑戦」の続編を寄稿 | Main | 池田信夫の光速10カウント 余裕の大勝利宣言の巻 »

2009.11.11

そろそろドワンゴがニコニコ動画を支えきれなくなったときのための対策を考えておこうか

 結局、損失計上を強いられたのか…。

ドワンゴ、ニコ動で特別損失11億円計上
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20091110_327946.html

 技術的にも良くやっているほうだし、国産サービスでは非常に輝いているように見える事業ではあるけれども、サービスボリュームの縮小を伴うコストダウンや嫌儲派の切り離しといった自前で出来る(誰でも思いつく)黒字化案は早々に着手してしっかりやらんといかんということかな。

 前に、ケツダンポトフの動画で喋ったけれども、西村博之のセンスというのは類稀で、とりわけ「持たない人」に価値あるものをスケーラブルに提供する才覚にあるわけで、基本的に彼の仕事を助ける人は持ち出しになって赤字になってしまう部分はあるかな。それを規模大きくやって、夢は広がるけど金は入らないので、せっかく本業がそれなりに堅調なのに退くに退けなくなって特損出して赤字転落というのはいかにも寂しい。

 コストに合わないサービスを廉価販売して顧客をかき集めて「凄いでしょう」といってる状態から、周辺に大人がやってきて少しは経営状態が改善されるのかと思ったら、ちょっとこれは厳しいということで、ネットでの動画配信のコストを誰が負担するのか、どう事業を展開するのかというのはそろそろ考えるべきことかと。

 これだけ配信単価を下げたのだから、GyaOみたいに「テレビ業界を巻き込んで大きくやっていきましょう」的な規模の経済以外に考えられないのだが、エイベックス傘下ということでキャリアが本格的に手を差し伸べるということもなかなか考えづらく、飛び技はやはり必要なんだろうなあと妄想。

 収益性が劇的に改善する方法はちょっと考えつかないので、やりたくなくても地道にリストラしたりコストダウンを考えたりする必要がありそう。でも、やりたくなさそうだな。まあ、それ以外にもチュンソフトの収益やソフト資産食い荒らしても平然としてるゲームズアリーナとか早く潰しちまえと思うけど。

« 『4gamer』で「打倒ローマを目指すケルト文化の挑戦」の続編を寄稿 | Main | 池田信夫の光速10カウント 余裕の大勝利宣言の巻 »

Comments

だったらキャリアになっちまえばいいんじゃね?思う。
サーバ側のコストはどうにもならない部分はあるけど、
直接国内大手プロバイダとピア張るだけでも通信費はだいぶ違うと思うんだけどね。

今日も隊長は、ムーンにフィット。

>今日も隊長は、ムーンにフィット。
月に合う…そのまんまだよねぇ!

いい加減ひろゆきの影を追うのやめろよ。見苦しい

>いい加減ひろゆきの影を追うのやめろよ。見苦しい

隊長殿はドワンゴ株を処分したから書いてるんだろ

ほっとおけば~♪

どうせなら、月2000円の会員制にすればいいんだよ。こういうコミュニティーがもとめられているんだよ。今は。で、これができたら、月5000円。月10000円とか。そういった、バラエティーをもたせればいい。あと、才能には、金を払わない限り、才能は潰れるんだよ。

なんかしらんが、無料には飽きているような感じはするよね。無料でガンバってる人は、アフィリに夢がある人と、あくまで自己表現したくて、実際に見たり読んだりしてくれる実感がある場合。

そもそも、ネット広告は飽きられたら酷い結果だろ。だいたい、街頭で無料でティッシュだとか配っているのは、世界中で日本だけだし、この慣習がしみついているから、日本の広告は意味がなくなるんじゃねーかな。だって、金儲けの広告だけが、繁盛しているような?

ま、ほっておくのが、淘汰されるんで、いいんじゃないか。

完全有料化にした途端に過疎化するんじゃない。
プレミアム会員の制度を作ったところで、黒字化にはほど遠かったわけだし。
現状、ネットでの収益あげるのは難しいんじゃないかな?
一般大衆にとっては、暇つぶし以上の存在ではないだろうし。

完全有料化にした途端に過疎化するんじゃない。
プレミアム会員の制度を作ったところで、黒字化にはほど遠かったわけだし。
現状、ネットでの収益あげるのは難しいんじゃないかな?
一般大衆にとっては、暇つぶし以上の存在ではないだろうし。

wikipediaのように堂々と寄付を募ればいいと思う。今現在に課金しているユーザーだって、寄付の意味合いでプレミア登録している奴も多いだろう。

仮にサービス停止に追い込まれたなら、それこそ日本のネット業界における損失は大きいわけだ。今は初期の2chのようなアングラユーザーの巣窟に留まっているものの、今後は一般人にとっても有用なコミュニケーションツールに発展する可能性もある。

zoomeのように動画の後にCMを流すのもアリだろうし、今は存続のために手段を選んでいる場合ではなと思う。

UPされる物の内容と質からして
金を出さない層を集客してしまった時点で
何をやろうと駄目だったんじゃねーの。

yahooビデオキャストも負けて消えたんだから、『どうにもなりませんでした』と株主と利用者に謝ってサービス終了の流れに1000点。
ま、あの会長の性格だとそのへんアッサリ決めてしまうかもね。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 『4gamer』で「打倒ローマを目指すケルト文化の挑戦」の続編を寄稿 | Main | 池田信夫の光速10カウント 余裕の大勝利宣言の巻 »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ