« ケツダンポトフで結婚とか決断について語ったのでござるの巻 | Main | 「新卒採用」に替わる人事システムをそろそろ考えようや »

2009.11.02

CITが壮大にコケて、さてどうするね?

 まあ織り込み済みではあったけれども、指標的に底を確認できたよねというコンセンサスが出た直後にファクタリング屋がコケるというのは何とも涙を誘います。

米CITが破産法申請 総資産6.4兆円、公的資金焦げ付きも
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20091102AT2M0200402112009.html

 公的資金の焦げ付きは2,000億ぐらいが最大で、それほどたいした規模でもないような気もしちゃうぐらい鈍感になってる市場ですが、それよか幾つか別の問題がありまして、まあ困ったものです。ちょっと気になるところもあるので少し真面目に書きますよ。えぇえぇ。

 機先を制して、というか、混乱を回避する目的もあって、オバマ大統領が余計なことをラジオで言っているわけですけれども、要するにCITが近日中(あるいは明日)破綻することを分かっていて、それらが発生したときのマイナスの影響は軽微だ、ということを言いたいと。

オバマ米大統領:米経済は「正しい方向」に進んでいる-ラジオ演説
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=jp09_newsarchive&sid=aUMeCMo4kcnE

 ただ、実態として言うならば、CDSのトリガーとなってる合成CDOはCITがかなり裏書していることを考えると、イカの記事中で指摘されている3,500億円規模という試算はその数倍以上の短期的波及をするのは仕方がないんですよね。日本で言えば、ある日突然商工中金がデフォルトするようなもんだから、政府がセーフティーネットを枠組みとして作れば大丈夫、というような絆創膏的対応ではまったく太刀打ちができない事案へとシフトするわけであります。

米CITグループへのエクスポージャー有する合成CDOは1881件=S&P
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-10052520090715

 加えて言うならば、これらの金融商品の結構な割合を各国の銀行そのものであるとか、保険会社が自社運用として基礎的資産に組み入れてしまっているケースも多く、リーマンブラザーズ破綻の数ヶ月前に進行したサブプライムローン問題よりも震度も規模も大きい問題を起こす可能性が指摘されることでしょう。

 もういっちょ。

米CIT、破産法適用申請なら欧州合成CDO市場に打撃の見通し
http://jp.reuters.com/article/domesticEquities2/idJPnJT842786420090714

 記事中、ムーディーズがCITの格付けをジャンクに引き下げたことも付記されていますことにご注意。そもそも合成CDOの裏書できる金融機関は充分な信用状態が長く続くよと、他ならぬムーディーズがお墨付きを与えていたからコアPIFを組めたはずなんです。その舌の根が乾かぬうちに状況が一気に悪くなってジャンクに引き下げるというのは、合成CDOから派生して作り上げたCITのエクスポージャーがCDS市場で3,300億円といってもそのかなりの商品が価値を毀損するんでほんとどうするんですかね、というお話であります。

 ではどこまで波及するの? と言われると、良く分からないですね。凄い勢いで悪くなる可能性が高いし二番底に転落するまでの小康状態をどこまで保てるのかという議論はあるかもしれないけど、CITが破綻する可能性が高かったことぐらいみんな分かっていたことでね。CDSを早期清算しなければならない状況を読んで、処理可能な予算の範囲内で、デフォルトによる早期の混乱に見舞われない資産へのシフトをしている大手が大半ではあるでしょう。

 ただ、話は戻るけど政府保証が行われずCITがこのタイミングで破綻していることをオバマ大統領が政治的に「(アメリカ経済は適正な金融・財政政策の結果)正しい方向へ向かっている」と言っちゃったわけで、本来的には「まだまだチャレンジの途上だ」と言うべきところだったのではないかと、また来るかもしれない危機に向けて、油断なくアメリカ国民は団結するべきとか言っとけば良かったのに、と思う次第であります。

 そういう情勢下で、岡田外相が何となくアメリカ外交にケチをつけて米軍再編や基地移転問題で騒ぎを起こしているというのは興味深いです。たぶん、情勢判断のようなものを岡田外相はあまりしておらず、周囲の進言も聞かないで、独断でやらかしてるんだろうなあと思う次第。まあ、相手が弱っているから場を荒らせるカードを出すのだという作戦もあるのかもしれないけど。


« ケツダンポトフで結婚とか決断について語ったのでござるの巻 | Main | 「新卒採用」に替わる人事システムをそろそろ考えようや »

Comments

信用を分散化した約束手形にしてしまった以上、ぐるぐる回ってだな、どっちにしろマフィアとかテロリストだとか、悪という悪のところに流れ着いてしまうのがオチだろ。

現実の日本でも、個人の借金って、かなり分散して多重債務にしているけど、結局、これをまとめる人間が現れて、そいつが、まぁまぁ、いい人の場合はいいんだけどさ、たいていは悪いやつなんだわ。

アメリカなんか、拳銃を所持できるわけだから、大変だろうね。あと、自殺で生命保険はおりないんだよな。たしか。債券放棄しようもできないだろうし、変な事故死を請け負うやつとかさ。恐ろしいな。

きっと、アメリカは、中国とロシアに泣きつくんだよ。か、金持ちだけが、中国やロシアに移住したりしてな。

ま、一番わかりやすいのは、あれだよな、ドルが、バイオハザードのようにアンデッドってやつ、死んでいるのに生きているように、他の生きた金を食いつくしていくんだろ。

とりあえず、クリスマスがこけたら、もう、ドン底だよね。それに、アメリカのクリスマスは異常だよ。キリストの教えに反していると思えるほど、浪費してきているしな。

アメリカにいる日本人は、さっさと帰国した方がいいんじゃないか。根無し草みたいな、アメリカ人になりきっていない日本人は、サバイバルできないだろ。大した実力もないんだし。

アメリカと心中はいやだとダダをこねても無駄なことです。アメリカとおつきあいしてもしなくてもアメリカの影響は免れない。。。だったらお金の貸し借り以外の話は付き合ってやってもいいのでは。。。

誰かにしわ寄せして数字を繕ったところで
本質は何ら良くなってねえんじゃねーのよ
ってことでよろしいか

誰かにしわ寄せして数字を繕ったところで
本質は何ら良くなってねえんじゃねーのよ
ってことでよろしいか

ttp://sankei.jp.msn.com/economy/finance/091102/fnc0911020904001-n1.htm

こりゃ2番底がやってくるわな。オバマも来日どころではないかもね。。。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« ケツダンポトフで結婚とか決断について語ったのでござるの巻 | Main | 「新卒採用」に替わる人事システムをそろそろ考えようや »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ