« 風雲! mixiサンシャイン牧場の乱! | Main | mixiは一刻も早くサンシャイン牧場のクレジットカード脆弱性についての危険性を発表すべき »

2009.10.25

「モンスター」って便利すぎる言葉だな

 話題になっていたので読みに逝ったけど… この程度は私の時代にも普通にいたような。

モンスター社員続出で右往左往する現場
http://president.jp.reuters.com/article/2009/10/24/BA8D7BF0-BA29-11DE-A839-21F13E99CD51.php

 この手のビジネス誌が中年管理職の「あるある話」を大量に流して、ある意味で大人の愚痴の再生産で飯喰ってる感じになっているほうが良くない傾向なんじゃないかと思うが。それでいいんだ、と開き直られそうではあるし、困ったもんだ。


« 風雲! mixiサンシャイン牧場の乱! | Main | mixiは一刻も早くサンシャイン牧場のクレジットカード脆弱性についての危険性を発表すべき »

Comments

元記事の山本56て。w
まさか「ごじゅうろく」と打って変換したんじゃないだろうな。
だとしたら筆者も十分ゆとりだな。

山本56に吹いた。

山本56に吹いた。

「蛙のツラに小便」とか「糠に釘」とか「馬耳東風」とか、もっと正しい日本語を使うべきです。
モンスターというのは、ブチキレて手がつけられないから、モンスターなのであって、単に認識のヌルいだけの新入社員は、よしんば異文化ではあっても、モンスターとは呼びません。激怒して初めて、人は、モンスターの称号を受けるに値する、理性を超えた存在になるのです。まぁ2時間激怒が持続できれば、その破壊力は本物ですね。

56の人気に嫉妬w

こんなん全然ゆるいくらい、俺も色々やばい奴見てきたけどね。
居てはいけないような所にまで
居てるのが問題なんじゃなかろうか。

ホントだ!!読み飛ばしてたけど山本五十六すら知らんのが記事書いているんじゃないの。プレジデントの記者がモンスターぢゃないの。airplane

「終身雇用ってなにそれ? 食べれるの?」の氷河期世代だと、オッサンの常識のほうがモンスターに思えるんだけどな。

エントリーの元記事も、結局のところ周りのオッサン(オバサン)がスタッフのモチベーションを上げるって作業をしなかったっていうだけだと思うんだけどね。

まぁ、いままでだと終身雇用っていうのがあったから、合宿においても自然に「今後もみんなよろしくね」のモチベーションがあったんだろうけどさ、今となっては・・・。

どうしてどうして、結構面白いですよ。
こいつは新聞紙でいうところの四コマ漫画みたいなポジションな立ち位置かな。不倫よりは文化度高そうだ。

雑誌のプレジデントも学歴やら年収やらそんな話ばかりを飽きもせず繰り返し特集してるだけで、正直2chとレベル変わらん。

うわッ。もう前言撤回。
今ちょっと確認したら、隊長の言い分に合点がいった。このサイトの記事欄は、このレベルのモノで上から下まで席捲されちゃってるのか…。

ある日、新聞の朝刊を開いたら、全紙面がコボちゃんの四コマ漫画で埋まっていたような、そんな衝撃を受けた。

正社員 = 既得権益層

山本56って
漢数字をアラビアに自動変換するフィルター使ってんだろうけど
掲載前にチェックしようとか思わないのだろうか
モンスターライターw

日本振興銀行のフリペーパーというの金融版R25ということになるのかな、2種類ゲット。一つは、全部横書きでよし。

これからは、ネットで手に入らない文字情報の価値があがるとみた。

逆にネットは、もっと娯楽性の高い文字情報の価値があがるとみた。


教訓をたれてみるか、大地震がきたら、日頃の役にたつとせっせと仕入れて勉強していた文字情報なんて、なんにも役に立たないのだよ。で、そういうときこそ、希少な文字と、娯楽の文字ほど、助かるというわけだ。

ところで、一冊2000円から5000円の月刊誌って、ビジネスにならないかなぁ。誰もが気楽には買えない、当然、本屋には注文しないと取り寄せてもらえないし、本屋経由なら送料無料で、自宅に取り寄せなら、送料負担と半年契約だけど。これがうまくいったら、1万円の高級雑誌というのはどうだろか。

で、10年ほど前とか、もっとも前は、こういったビジネスはあったし、大企業もエライ購読料を払っていたけど、そういんじゃなくて、本当にステータスになる情報を集めて提供するんだ。ま、慈善活動をふくめて、図書館には半額から3割で数をかなり限定したり審査したりして提供するけど。

山本56からの引用なら
「やってみせ、言ってきかせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ」の方にして
ベテランなら若い人をその気にさせるべき!って発破かけたほうが良い記事だったんじゃないの?

山本56からの引用なら
「やってみせ、言ってきかせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ」の方にして
ベテランなら若い人をその気にさせるべき!って発破かけたほうが良い記事だったんじゃないの?

「モンスター」のような単純レッテル貼り商売が大好きな「バケモノ」
といえば、その元祖で「ひきこもり」という珍語を発明した
田口ランディや、「ニート」という借り物のお笑い語で売名していた
「学内ニート」の玄田有史だろう・・・。

   社会的に何の有用性もない、オナニー論文書きの
   「ニート教授」玄田くん。彼の自慢のブログの、
   そのナイーブなお綴りの山に、乾杯♪♪♪
   http://www.genda-radio.com/2009/10/post_563.html

★ドロブネ毎日新聞の、この記事が特筆モノだ。
http://s02.megalodon.jp/2008-0520-1234-23/mainichi.jp/select/wadai/everyone/news/20080520mog00m040015000c.html

「モンスターハズバンド」なる奇怪語を産み出して大喜びの、
おばさん記者のペンの暴れぶりが物凄い。

日本最強の「モンスター記者」(モンジャー!)
という栄えある称号は、この中2レベル文章をこしらえた
江刺弘子というヒステリカルな記者にこそふさわしい。

山本一郎家が今回のオメデタにあたり、
患者様を「社会的に未熟」と言い放つ
東京都港区の「愛育病院」を利用していたのならば、
モンスター記者のペンの暴力の犠牲に、
むざむざなっていたかもしれない…。


愛育病院の中林正雄は、医者の守秘義務違反
(刑法134条・秘密漏示罪)に抵触している「犯罪嫌疑者」で、
江刺弘子が綴った珍妙な記事は、「犯罪幇助」の疑いを免れない。
奈良の事件で、鑑定医の崎濱盛三とジャーナリストの草薙厚子が
刑事告訴された一件と比べてどうなのか?


くだんの記事は、特殊な事例を針小棒大に言い立て、
「モンスター」とは到底言えないような患者の振る舞い
(お客様の要望)を「威嚇行為」呼ばわり・・・。
悪質な印象操作に終始した、まれに見る与太作文だ。

甲斐甲斐しく付き添ってくれる夫のために、
御飯を出してやってくれませんか?と嘆願する
妻の気持ちはよく分かる。
怖い「エロ医者」の性犯罪事件が目立つ中で、
愛妻の身を案じる旦那の気持ちもよく分かる。

一食たった百円~二百円の御飯を出してくれるよう
お願いする行為のどこが問題なのか?
喜んでその希望や意見を受け入れることで、
今後も病院の「大事な顧客」になってもらえるならば、
何と「お安い御用」なのだろうか。


「その程度」の患者の要求を、「極悪非道の悪人」のように
見せしめにして、中林はセミナーで嘲笑し(高額の講演料?)、
江刺が記事にしてトドメを刺した。

「マスコミやインターネットに流して脅した」のは、
患者の方ではなく、医者の中林や、
阿諛追従「モンスター記者」の方だった。

江刺弘子の悪辣千万な記事や中林正雄のセミナーで
「被害を受けた」患者の方々は、
臆することなく訴えるべきではないか・・・。

「お客様商売」の基本も分からない
視野狭窄でコミュニケーション能力の欠落した医者は、
医療業界から、どしどし退場させるべきである。


そもそも患者を「モンスター」呼ばわりすることで、
全国で狼藉を働いている「エロ医者」の存在が、
矮小化される方がもっと大問題だ。

【強姦魔】エロ医者について考える【変質者】
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1234362471/
http://yomi.mobi/read.cgi/temp/society6_hosp_1234362471/

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 風雲! mixiサンシャイン牧場の乱! | Main | mixiは一刻も早くサンシャイン牧場のクレジットカード脆弱性についての危険性を発表すべき »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ